現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

前回は大授搦干潟のロケーションをご紹介しましたがある筋?から鳥が写っていないぞ~とご心配を頂きましたので今回はシギチをメインに取り上げます(笑)
如何せん枚数が多いのでゴチャゴチャになってもいけないかな?とも思ったりして・・・・ご安心下さいませ。
一応、同じシギチでも関東と比較してこれが大授搦だ!と言ったものをピックアップして載せています、何が大授搦だ!!何て言わないで下さいね(^.^) 

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     潮が引き始めたところですが如何せん、各種のシギチが入り交じっていますので余程、見るPOINTをしっかり持って
     いないとあっという間にシギチ達は沖へ沖へと遠ざかっていきます。


     ホウロクシギとチュウシャクシギの珍しいコラボ?


      ホウロクシギとコアオアシシギ、アオアシシギが・・・・・


     周囲の別のグループにはオバシギ等が・・・・・


     ホウロク、ダイシャク、アオアシシギ等と一緒に居たりして賑やかで心穏やかでない(笑)


     左からダイシャク2とホウロクシギJですが嘴だけを見ていると間違いの元なので幾つかの識別Pを消去法で!。


     近くにはオオソリハシシギも見られたりしてたまりませんね。


     各種の成鳥や幼鳥が入り交じって羽衣も様々でチョッと見、頭がこんがらがりそう・・・・こんな所に珍鳥が居たりしてね。


     何とも言えないシーン素晴らしいシーンですね。


     遠くて逆光気味でシルエットですが「コオバシギ 右」かな?


逆光気味で条件が良くないですが「キリアイ」が確認出来ました 今回はキリアイが多数いて彼方此方で・・・・・


     スコープで他の目的の鳥を探していたらフレーム内に「コアオアシシギ」が入ってきたりして・・・・・


     スコープを右に振ると・・・・「オグロシギ」が2羽  背羽を立てるのが識別のオグロシギの特徴の1つです。


     よく見るとキリアイが2羽居るのが判りますか・・・・・・。


     何やら出撃前のミーティングのようで本体のホウロクシギを交えた大型シギの本隊と脇を固めるダイゼン小隊に見えるのは
     私だけかな・・・・まさに重傷ですね?


     出撃!!! 号令一下 一斉に飛び出していきました、またすぐに戻ってくるんだけれどね(^_-)
                                         2017/9/8-9   撮影地 :佐賀県佐賀市大授搦(西端)

               Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

この日(9/8)は佐賀空港に着いた前日の悪天候が嘘のように朝はカラッと晴れ上がっていた・・・・
空は青く最高の観察日和に・・・・何か良いことがありそうな予感!
HOTELで朝食をサッと済ませレンタカーで大授搦へ向かう、大凡25分(7:30)ほどで到着だ。

この日(9/8)の満潮は10:24(潮高5.8m)、大授搦干潟の潮高が6m近い時には現地着3時間前というのが
ここ大授搦のお約束だ (拘束力は無いけれど!)

現地に着き、防波堤中央には早々と車が数台止まっていてすでにスコープで沖合をチェックしている方も・・・
一番端のバーダーの方にご挨拶し、しばし歓談・・・後に知ったことだがこの方が大授搦情報をいつもblogで
発信されていて是非、お会いしたかったKさんだとは・・・やっぱり大授搦は良い事があった!! (^.^)
そんな素晴らしい大授搦の様子を再度、ご紹介します。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     干潟レベルより防波堤中央を見上げると空は高くすでに秋の様相が広がる。


     干潟のとある場所で7/5福岡県朝倉市を中心に大雨で大きな被害が出た際の被害に遭われた方のお話を
     伺がっていたので花を手向けてきました。


     防波堤の内側には九州北部豪雨で流れ着いた木材が片付けられていました。


     徐々に潮が満ちてきています


     上から見下ろすとこんな感じですが体感的にはかなりの早さです。


     あっという間に潮がここまで満ちてきました・・・・体感的にホントに速いですよ。


     潮が引く時はもっと速く感じます、長靴を履いていないと手摺りまでこれません。


     潮が引くとこんな感じになり、シギチは沖へ沖へとドンドン遠ざかっていきます。


     潮が引いた大授搦の干潟は何も言わないが圧倒的は広大なスケールが目に焼き付いていた。


     遙か先には雲仙の山並みが見える、フト鳥見をしていることを忘れる自分がいる。


   干潟の最西端まで移動して事前にカラフトアオアシシギ情報を頂いており、潮が手摺りまで上がってきたので高いところに
   移動し、シギチたちが内側に降り立つのを待つ、さてその中にカラフトは居るのか・・・ (誰一人、下に居る者は居ない)
                                             2017/9/8-9   撮影地 :佐賀県佐賀市大授搦

               Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

今回の大授搦(ダイジュガラミ)干潟行きは初めて4月末に出掛けた際に次は秋のシギチの戻りを是非、見てみようと決めていました、と云うのも春と秋とでは同じシギチですが様子が全く異なるので自称シギチファンの端くれとしてはこの秋のタイミングを外すわけにはいきません・・・(笑)
・・・まぁそんな大げさな物ではないのですが是非とも秋の渡りのタイミングを見たいと6月に入ってから間もなくANAの「旅割75」でチケットを購入しました、いちバーダーとしては見たい鳥の渡りの時期と潮周りを睨むと自ずと出掛ける時期は決まりますので早めに手配した方が安いので皆さんも参考にされて下さい
この日の空模様はご覧のように空は暗く雨模様で時折止み間があり、普段の行いが良いのか?大授搦に着いた時には潮はピークでしたが雨は1時間ほど小康状態で少し観察は出来ました、そのうち空はまっ暗となり間もなく雨が降り出して来てその後は本降りとなり、彼方此方でカミナリの稲妻が見える状態となり危険なので速やかにその場を後にしました、時間的には昼時で事前にチェックしておいた佐賀でも名が通ったとんこつラーメンの「幸陽閣」へ行きラーメンを食べてきました、値段も570円とリーズナブルでとても美味しかったです(^.^)
その後は近くの蓮田周りのチェックをしましたが終始雨で時折強く降るといった状態でその日は早めにHOTELにチェックインしました。


   9/7(初日)  大授搦には10:15に着きタイミング良く一時、雨の止み間がありました、ちょうど潮は引き始めたところです。

大授搦 9月
   大授搦 9月潮時表   有明海は干満差が関東と比べると非常に大きく事前の把握が大きなPointとなります
                   チェックせずに出掛けると一日が無駄になりますので必ずチェックしてからお出かけになって下さい。


     防波堤上から西側を望んでいます。


     防波堤中央の一番高いところから遙か沖まで潮が引いた有明海を望んでいます(この天候ではね)


     空を見ると俄に暗雲が立ちこめて遠くで雷の雷光が見えていたので干潟を離れました。


     ダイシャクシギ2羽が目の前を飛んで行きます。


     このグループはとよく見るとダイシャクシギ2羽とオグロシギ3羽の飛翔が見られました・・・・少ないねぇ


     干潟の手摺りに1羽小さめにシギが!よく見ると嘴の先が下に曲がっていますが動かず、同定不可!


     ホウロクシギが何処からか飛んできて先に居たダイゼンに蹴りを一発・・・・・。      


     スコープを覗いていて目的の鳥を探していたら偶然、キリアイが3羽視野に入りました、探すと入らないのにね(笑)


     空が暗くなってきて尚更力が入らず、ぼ~っとスコープを見ていたらコオバシギかな・・・・・
                                          2017/9/7   撮影地 :佐賀県佐賀市大授搦干潟

               Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

今回、春に引き続き二度目の九州大授搦行きに際して前回見られなかったカササギを何とか見たいと思っていた、不思議なことに今回はHOTELに近い街中でも7羽の群れを目撃し、その後大授搦干潟に向かう道すがら農家周辺では彼方此方で多くの個体と出逢う事が出来た、出逢いってこんなものかもしれない、初め電線に留まっていた個体を見つけ近くの電柱に目をやると小枝で作られた巣があり、周辺を車で廻ってみると他にも幾つか巣を見つけることが出来た、カササギの生息場所は佐賀平野を中心に留鳥で普通に見られるとあり、最近では長崎や熊本エリアまで生息地が拡散されているようである、他には北海道苫小牧の個体群も知られているが最初は何故?佐賀県と北海道なのかと判らなかったが調べてみるとそれぞれDNAが異なり苫小牧の個体群はロシアから来た物と判明している、佐賀県では県鳥でも有り「県天然記念物」にも指定されている。

和名:【カササギ】 スズメ目  カラス科    TL 45 cm      属名 Pica        種小名 pica
              英語名 Common Magpie
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


   カササギは電線に留まって居るところをよく見かけます、その時「カシャ カシャ」 と鳴いていることが多く別名カチガラスともいう。


      何とか少しづつ近寄ってパチリ・・・・・。


      光の加減で何とも言えない肩羽のブルーがとても綺麗です・・・・・・。


    この電柱は民家のすぐ横で小枝で作られた巣がアリ、中に黄色の風向計が見られますがこれは巣材に金属が含まれて
    いたり他の要因で時に停電を起こすために九州電力が予防として設置されているものですが特に?役に立っているとは
    思えない、巣の近くには今年巣立ったと思われる3羽の幼鳥?と1羽は成鳥と思われました。      

05カササギ1a
    運良く飛翔写真が撮れ、翼先の白い部分が透けて綺麗に見え尾羽の広がりが何とも良い感じです。

06カササギ2a
    しばらく見ていたので行動パターンが判ってきましたので次回、機会がありましたらもう少しジックリ撮りたいなぁ・・・・。    


    この場では珍しく木留まりが見れて何かの実?を啄んでいた。


     目の後ろに少し白い模様が見えますが換羽中のようです。


     カササギは警戒心が強いのですが低いところを飛んでくれました。


      バックは今一ですが綺麗な飛翔で肩羽のブルーと尾羽のグリーンの光沢が綺麗です。
                                    2017/9/8   撮影地 :佐賀県佐賀市東与賀大字飯盛

               Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

私がこの水場を訪れた日はタイミング的に5月上旬でちょうど新緑の新芽が展開し始めた頃で一番野鳥観察に適した時期と云えます、何故ならば時が進み「目に青葉・・・」と例えられる若葉の頃となると目には良い?のですが逆に野鳥が見えにくくなってしまうので訪れる時期を考慮した方が賢明かもしれません。


     水場に着いて間もなく登場してくれたコルリ君、若い個体のようですが綺麗なブルーが人気です。


     つづいて・・・オシャレな色彩が映えるヤマガラ君、登場!


     見た感じコガラだと思うのですが・・・・良いカットが無いので間違ったらご指摘下さい(小鳥は苦手だなぁ(笑) 


     ビンズイ君、前回は松林で出逢ったような・・・・・


     水場で出逢ったのは初めてかな・・・・・可愛いエナガ君


     コルリ君と同じブルーで間違ったら怒られそう・・・・・オオルリ君 


     この子は間違えようがないほど綺麗な個体で自信を持って・・・・キビタキ君(^.^)


     ここの常連さんで・・・・・センダイムシクイ君(他のムシクイ君が出るとお手上げです(笑)


     チョコマカ忙しい動きのコゲラ君でした。


     低地で出逢っても正直ピンと来ません(ゴメン)がここで会うとまた違った印象のメジロ君です。


     何度もこの地を訪れていますがここでは初対面のアカハラ君


     この時も一回だけのお出ましでした。


     ここでよく見かけるキセキレイ君でしたが・・・・・・(鮮やかな夏羽は綺麗です)


     しばらくしたら今度は彼女も連れてきてラブラブでした(^.^)(^.^)
                                    撮影日 2017/5/4   撮影地 :南都留郡富士河口湖町

                  Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

連休にブラッと出かけた水場にて今季初のノジコ撮影が出来ました。
初見の時は明るい林の中で枝に留まって綺麗な声で鳴いていてノジコの特徴の胸~腹までが綺麗な黄緑色でくっきりとした白いアイリングが見れたので迷うこともなく一目でノジコと識別出来たのですが今回、水場での出逢った個体はアイリングも今一ハッキリせず、PCで確認するまで少し不安でした、ただ四回目なので何となくパッと見でもアオジとの違いが分かってきたと思います、ただ夏羽のアオジもとても綺麗なことには違いがありません、フォローしておかなくては(笑)

和名:【ノジコ】  スズメ目  ホオジロ科    TL 14 cm      属名 Emberiza        種小名 sulphurata
           英語名   Japanese Yellow Bunting
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     ひいき目かもしれませんが表情に品があります。


     これはノジコの正面からの絵ですが胸は綺麗な明るい黄緑色でアオジには縦の縞模様が入ります。


     気持ち良いなぁ・・・・と言ったかどうか?


     この日ノジコが現れたのはこれ一回のみで時間も「カラスの行水」なみでした(笑)


     こんな感じで良いかなって・・・・・。
                                    撮影日 2017/5/4   撮影地 :南都留郡富士河口湖町

                  Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ