現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

● 注意;今回は初めて「大授搦」へ遠征を考えている方へ参考になればとの思いで記事を書いておりますので
       長文を見ると目がショボつくという方は飛ばして絵だけでも見ていって下さい m(__)m
 
  
大授搦は有明海に面した大きな干潟で『日本一のシギ・チドリの渡来地』です
以前からバーダーには大授搦/ダイジュガラミと呼ばれていて近年は「東与賀干潟」と呼ばれるようになりました
また国際的に重要な湿地としてラムサール条約湿地に登録された「東よか干潟」は、渡り鳥であるシギ・チドリ類の日本一の飛来数を誇ることでも知られています。

シギやチドリ類は、夏季にシベリアやアラスカ方面で繁殖し、冬季は越冬のためにオーストラリアやニュージーランドなどへ南下します。

東よか干潟は、長い距離を旅する旅鳥たちにとって、休息やエネルギー補給をするための重要な中継地となっており、冬鳥として越冬する鳥も数多くいます。

春と秋の渡りの季節には数千羽のシギやチドリが餌をついばむ姿を観ることが出来、また、クロツラヘラサギ、ズグロカモメ、ツクシガモなどの絶滅が危惧されている希少な野鳥も多く飛来することから、全国から野鳥ファンが訪れています。
(時期によって観察できる野鳥の種類や数は異なります。)     (HPより引用)

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


佐賀県
      添付の地図を見ていただくと今回廻ってきた東与賀干潟と福富干拓の位置関係が判ると思います、更に福富干拓を
      南に進むと地図には載っていませんが第二の干潟「備前鹿島干潟」があります、今回は時間の関係で廻りませんでした。

東与賀干潟
      東与賀干潟の中央から写した9枚の写真をパノラマ写真に加工したものです。

4月 大授搦潮時表
     大授搦の4月の潮見表です、あとで詳しく説明しますがここの干潟のシギチ観察をする上で干満のデータを理解しないと
     極端な話、シギチ観察が出来ないのと関東から出掛ける際の予定を立てる上でも最重要な資料です

       ※今回、4/28、29、30の2泊3日の日程で出掛け、潮位(重要)が5mを超える日を選びました(赤いマークの日)


      延々と続く防波堤の後背地には広大な麦畑が広がっており、ここを見ただけでも九州に来たなぁと実感します
      地元農家の方の話では収穫時にはグリーンから黄金色に染まった様もそれはそれは綺麗だと伺いました。


      ここが大授搦のほぼ中央で延々と5kmは続く防波堤が整備されておりスケールの大きさにまず圧倒されます
      スロープで盛り上がった所がいわゆる鳥見台?のベースとなる場所でスコープ観察の方はここで見られる方が
      大半です、またスロープを降りた中央にはコンクリートで整備された遊歩道が防波堤と平行して続きます。


  このカットは遊歩道から見たところで左に防波堤があり、その間には背の低い葦のような植物が生えています、また右手には
  東与賀の名物でもあるシチメンソウの群落があり、その海側には石材で出来た綺麗なフェンスがあります      
  また延々と伸びる遊歩道はご覧のようにコンクリートで整備され足下はしっかりしていて安全です。


      車は防波堤際に駐車しますが大勢のバーダーが訪れているわりには皆さん思い思いの場所に散らばっているので
      混雑しませんし、それぞれマナー良く駐車しているのでうるさい?管理もありません。


      シチメンソウの案内板です、綺麗な朱色に色づいて見頃は秋口だそうです。


      この時期は薄く色づいているだけですが秋には華麗に変身します。


    このカットは潮が上がってきた所でフェンス際で観察していると波打ち際がドンドンフェンスに近づいて来るように感じます
    バーダーは待っていればシギチは波打ち際と共に寄ってきて観察は最短で出来ます、ここで感心したのはバーダー自らが
    鳥との距離を判断して防波堤側へ移動していきます (観察を皆で共用しようとする気持ちの表れだと思います)
    当日(4/29)は潮位が5.4mあり、満潮時にはコンクリートの遊歩道まで潮が上がってきました
    ご覧のように観察はフェンス際のどこでも自由ですが足下が泥状なので長靴がないとここまで来られません。


     このカットは潮が遊歩道まで上がって来た所でシギチも一緒に移動してきてここで休息するので鳥見台(高台)から
     観察出来ます、ただし最近よく見かける双眼鏡を持たない人やシギチの識別が出来ない人はかなり敷居が高いと
     思います
     何故ならば・・・・・・沢山のシギチの中に居る珍鳥が見つけられません、また悪いことに時々一斉に飛び立ち周囲を
     旋回して再び同場所に降りてきますがいわゆるシャッフルされた状態なので振り出しから探鳥となり、人より如何に
     早く見つけられるかが勝負で隣の人に聞いているとその方の邪魔になるかもしれません。


     4/28 この時点が満潮ピークの状態で画像を拡大していただければシギチの多さが判ります(ここだけではありません)


    この画像を見て何か不思議な感じがしませんか?遊歩道に沢山のシギチが休んでいるのですが誰一人石畳まで降りて
    いるバーダーは居ません、特に制限されているわけではないのですがあらためてこれが観察の「基本」だと思いました
    皆さん穏やかでゆったりと観察しています、見習うこと多しです。


    4/30 最終日の朝です 干潮で人は居ませんでしたがどんな雰囲気かを見に行ってきました、目の前に広がる干潟は
        何度見ても広大で気持ちがゆったりとします。


     潮があっという間に引いていきます、それと同時にご覧のように鳥も何処かへ飛んでってしまいもぬけの空です。

     ここで一考!基本的に三番瀬と大授搦との鳥見のスタイルが真逆です

     ・三番瀬;潮が引き干潟が出て鳥が降りてきたら撮影し、その後暫くの時間は干潟を探鳥出来る(鳥が少ないですね)
     ・大授搦;干潮時は沖まで数km干潟となり、探鳥は無理なのでフェンスより鳥が識別出来る少し前から探鳥スタートし
      潮が満ちてくるまでがいわゆる探鳥が可能な時間です。
      ここで何故潮位が5m以上に拘るかと云えば潮が岸まで来ることで鳥が近寄り見やすくなります、逆に4mとか小さいと
      満潮となっても極端な話、フェンスから沖合300m間でしか潮が満ちて来ないため鳥見が出来ないと云うことです。


     フェンスよりどうしても干潟に入りたい方?は足を踏み入れると、泥に足がはまって、すぐに歩けなくなりますから、「潟スキー」
     と呼ばれる乗り物に乗らなくてはならずムツゴロウ漁師さんに弟子入りするのが早道かも知れません(笑)


     バーダーの皆さんは防波堤の下段に降りてのんびり観察しています、スコープ派なので距離は十分ですね(^.^)

【まとめ】  ・大授搦を訪れる際には春、秋のシギチが見られる渡りのデータを調べる。
        ・潮時は必ず5m以上の日を選ぶこと。
        ・長靴は必ず持参すること(ゴミ袋に入れる)そうでないと車中が泥だらけになる。
        ・双眼鏡は必ず持参すること(忘れると観察は無理です) 
        ・写真撮影派でも出来ればスコープがあると珍鳥をGETする確率が高くなる。
        ・シギチの識別は常に勉強しておくこと(ある程度判らないと寂しい思いをします)
        ・潮位が5m以上の日は現地には3時間前には到着のこと(シギチ以外の鳥が良く飛んでいます)
        ・干潮になったら干潟の後背地の蓮田に移動してシギチや他の鳥を観察します。
        ・現地にはトイレも完備しています
        ・飲食は飲み物の自動販売機がありますが事前にコンビニで購入していくのがベターです
        昼食は基本、コンビニですが干潟から蓮田への移動時、国道沿いにはポツポツと食堂があります。
        ・レンタカー返却時、日曜日はGSが殆ど休業なので調べておいた方が良いです(国道沿いしかない)
        ・宿泊は佐賀駅周辺か大川市内がお勧めです(干潟までの時間は同じくらいで後は財布と相談です)
        ・撮影機材:自身で移動しながら飛び物や一般的な撮影にはズームレンズが機動的ですベターです
        鳥をドアップで撮りたい派の方は大きいレンズをご準備下さい、その分移動に不自由します。       
        ・飛行機はLCC(成田発)が運賃だけはべらぼうに安いですが撮影機材や荷物等が別途料金で便数も
        少なく決して安くはないです。
                                                             以上                                         
                Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2               
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

今回、石垣島を訪れる時期を3月中旬としたのには頭の片隅には前出のヤツガシラやもしかしたらオオチドリにも会えるかもしれないという淡い期待を持っていました
石垣島に着いた翌日、ガイドをお願いしていたシービーンズの小林さんとバンナ岳近くの水田でシギチを見ながら雑談していた際、偶然オオチドリの話をしていたら、車の左前方からシギチにしては大き目な鳥が飛んで来て車の横を掠めるように降りてきました、後方を見ると丁度、着地したところであらためてよく確認するとそれは憧れのオオチドリの綺麗な夏羽でした!!
 
車をユックリと移動し同乗者と交互に数カット撮りあいながら自身の写真をカメラのモニター越しに見て悦に入っていたら僅かな時間、目を離した瞬間、何処かへ飛んでいってしまいました、これが後の祭りです
そこで小林さんに叱られました(^^ゞ、 何でもっと真面目に撮らないんだって・・・・・・・
小林さん曰く、こんなチャンスは滅多にないので最後まで気を抜いちゃダメだって・・・・反省です!

和名:【オオチドリ】  チドリ目  チドリ科    TL 22-25.5 cm      属名 Charadrius     種小名 asiaticus
             英語名 Caspian Plover

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     オオチドリ Ad-S
    まず驚いたことは普通、オオチドリが見られる場所はこの様な水場ではなく荒れ地や草地等を好む習性があり、それは
    多分に食性に関するものだと思う、いずれにしても出会ったオオチドリはバランスのとれた体型からスラッと伸びた足や首は
    細めで長く、特に頭部が小さく見えるスタイリストだ。


   オオチドリの冬羽は2011.9月下旬に台風一過で田園に降りた小群の記録がある、夏羽は胸元の
   黒いバンドが印象的で胸から喉元はオレンジでとても綺麗だ、この個体は頭部に褐色の模様が
   あるがWebや図鑑では頭部が真っ白の個体も居るようで次回は白塗り?顔の個体に是非出逢い
   たいと思う。


     移動(渡り)途中なのであろうか一見、お疲れ気味に見える。


  チョット離れた場所のカットだが首の長さが印象的でスクッと伸びたシルエットが素敵だ!


    意識して出来るだけ様々な角度から撮ったつもり。 正面から一枚、パチリ!


     此処で落ち着いていたのでチョット油断した矢先に北方向へ飛び去った・・・・彼も使命感があって先を急いだのだろう。

    ●2017.3 石垣島ツアーも10回に分けてレポートしましたがオオチドリをご紹介して終了と致します
      長らくお付き合い頂き有り難うございました、是非皆さんも機会を見つけて石垣島へお出かけ下さい。

    ★ 石垣島へ鳥見でお出かけの際には石垣島フィールドガイド SeaBeans さんにガイドを是非、お願いしてみたら
       如何でしょうか、いつも精力的に案内して頂けます。

               Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

今回は石垣レポートも大詰めと言うこともあり、私が石垣島へ出発する前にも関東で大騒ぎとなったバーダーに大変人気のあるヤツガシラをご紹介します、このようないわゆる珍鳥も春の渡りのこの時期(3月中旬~)に八重山諸島では比較的よく見られる過去データも有り、今回もそんな意味合いを含めてスケジュールを組んだ次第です、記すべき事はやはりこのような珍鳥が高い確率で見られるという八重山の島々の偉大さはそれを感じさせてくれました。

ヤツガシラはヨーロッパ南部および中部、アフリカ、南アジアから、東南アジア、中国、沿海州にかけて分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。 日本では、少数が旅鳥もしくは冬鳥として渡来し特に日本海側の島嶼や南西諸島では毎年多くが通過するようです。
秋田県、長野県、広島県では繁殖の記録があるという。

和名:【ヤツガシラ】  ブッポウソウ目  ヤツガシラ科    TL 26-28 cm      属名 UPUPA     種小名 EPOPS
             英語名 Eurasian Hoopoe

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


    この日、噂話の域は出ませんが八重山諸島の各島々の情報を集約すると推測でおよそ1,000羽近い個体数が通過して
    いるのではとの話もありました、また石垣島だけでもこれだけの数が来たのは今までの記録からも初めてだそうです。


   他場所で撮影中、連落を貰い始めて訪れた場所でしばらく周囲を探し回り双眼鏡で覗くと水田の最深部にヤツガシラの
   姿を発見、更に注意深く周囲を覗くとパラパラとヤツガシラが見られた、ただ警戒心が強く思うようには見させてくれません
   でした(5羽目撃)


      小屋の横で見つけた個体で疲れているのかあまり活性が見られなかった。    


     次に道路沿いで見つけた際、車内からの観察だったが当初、視野の中にヤツガシラが5羽もいたことに何か素直には
     受け入れられませんでした (コンデジ撮影)     


      警戒心が強くなかなかジックリとは撮らせてくれない。


地上で採餌していたら何かに驚いたのか樹上へ、ダメかなと思ったら枝留まりで落ち着き、運良く冠羽を開いてくれラッキーでした。


      私たちが観察した岬に近い道路沿いでは渡ってきたばかりで腹を空かせたヤツガシラがしきりにゴミ虫のような小さな
      昆虫を採餌しているのが見られた。


      正面から見るとこんな感じです、頭部の黒い模様ってシンメトリーじゃなかったんだ~
     

      道路沿いのブロックの段差の溝を熱心に突いていたので何が居るのかとよく見ると隙間の土砂の中に昆虫が居るのを
      本能か器用に探し出しGETしていた。


       仲間の一羽は採餌もせずズッと樹上に留まったままでした。


       ここからのカットは島の西側に位置する公園?で9羽が見られました。


       仲間から少し離れた所で佇んでいたのでパチリ・・・・・。


      お得意の採餌で捉えた餌をポイッっと放り投げてパックンします、ユニークな食事風景ですね


      以前からヤツガシラとの出会いは間違いなく一羽だけでこのように複数羽居ると逆に何か変な気分です、私だけかな。


      ヤツガシラ、ユニークなスタイルと良い色合いといい、何度見ても素敵な鳥です。

               Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

初めて石垣島を訪れた時から既に4回目の訪島となり、島内の様子もほぼ頭に入ってきてレンタカーで彼方此方、思い思いに回れるようにもなって来ました、あらためてその日その時々で出会った鳥を紹介していきます

この海岸はいつも宿泊するHOTELからも近く、シギチやクロサギがいつでも見られる所で大好きな場所の一つです
私が訪れた時はまだ渡りのシギチ類の到着が遅れていたのか数は少なめで今後増えてくることと思われました
また秋以降は此処で越冬するシギチ類が多い所でも知られています。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


      ムナグロW  海岸線にムナグロというのもチョッと珍しい気もするがたまたま降りただけなのかな・・・・・


      メダイチドリW  同場所には小群がいたが夏羽に換羽している個体は1羽だけで移動しながら換羽していくのだろうか。


      ホオジロハクセキレイ S   綺麗な夏羽個体で島内の他場所では纏まった数が見られたので結構な数が居るのだろう。


      キセキレイ S  夏羽の特徴でもある頭部から背部の濃いグレーと腹部の鮮やかなイエローがとても綺麗です。


      キョウジョシギJav.  成鳥と比較して全体に色がくすんで見える。


      クロサギ(黒色型) この海岸へ行くとほぼ間違いなくクロサギが見られるのは嬉しいかぎりです。


      この個体のみ南部の他場所での観察になりますが水田に居ましたがすぐ傍は海岸線なので生息エリアと思われます。


      空が暗くて発色が今一です。


    同場所でクロサギ(白色型)が見られ、クロサギは他に「中間型」と言われる個体も居ます、少しややこしいですがそれぞれ
    クロサギ(白色型)、(黒色型)と表現します、また白色型は奄美諸島以南を境に見られると云われています。


   最初に双眼鏡で遠目で見つけた時には脚の色も良く判らずカラシ・・・サギかと小躍りしたのですがよく見たら・・・でした (笑)


       目前を飛んで沖の方へ・・・・・・。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

初めて石垣島を訪れた時から既に4回目の訪島となり、島内の様子もほぼ頭に入ってきてレンタカーで彼方此方、思い思いに回れるようにもなって来ました、あらためてその日その時々で出会った鳥を紹介していきます

石垣島で三大留鳥といえばカンムリワシ、ズグロミゾゴイ、ムラサキサギですが今回は後者2種を取り上げます
ズグロミゾゴイは年により若干Pointが変わりますが何度か島を訪れていると大凡見られる場所は判ります
ただムラサキサギはかなり移動もしますので過去に見られた場所を中心に廻るようにします。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     ズグロミゾゴイ Jav.  石垣島を訪れて成鳥は難なく見られていたのですが幼鳥は時期的な事もありますが出会いが
                    ありませんでした、今回は是非、見たいと思っていたので思いが通じたのかも知れません。


     以前からこの場所は成鳥が見られていた場所ですがまだ親のエリア内に居たとは・・・・・


  この綺麗な網目模様は幼鳥時だけで成鳥になると赤褐色となり雰囲気が変わる。


そろそろペアリングの時期で夜間探鳥に行った際、樹上で仲良く並んでいたのが見られ闇の中に鮮やかなブルーの婚姻色が映えた。


     草原で出会ったムラサキサギの幼鳥、幼鳥は全身黄褐色で全身くすんだ感じだ。


     ムラサキサギの綺麗な成鳥が見たいと彼方此方探し廻ったがなかなか出会えず、ダメかなと思いながら廻った水田の
     片隅で見つけた個体で嬉しい出会いでした。


     綺麗な婚姻色の出た成鳥個体で迫力さえ感ずる。


     夜間の探鳥で海沿いに回った際、洞窟を覗くと大きなヤシガニに出会えた。


     ほとんど留鳥のリュウキュウアオバズクにも出逢えましたが・・・・・・設定間違えた!


     オオクイナの声は彼方此方で聞こえるが・・・・・声を頼りに林内に入って行った時、頭上に・・・・・・

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

初めて石垣島を訪れた時から既に4回目の訪島となり、島内の様子もほぼ頭に入ってきてレンタカーで彼方此方、思い思いに回れるようにもなって来ました、あらためてその日その時々で出会った鳥を紹介していきます

この時期はシギチ達にとってまさに繁殖地に向かう移動の真っ最中で島に着いた当日、通い慣れた平田原(ヒラタバル)の水田に行き、双眼鏡で覗いて見てもほとんどシギチらしい姿は見られず近隣を一回りして再び訪れるとコチドリの小群が降りていて時間刻みというか逆を云えば僅かな滞在で先を急ぐと云った感じで様子が目まぐるしく変わることもあり、出来るだけマメに覗くことをお勧めします。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     ヒバリシギ Ad  まだ夏羽への換羽は進んではいませんが・・・・


     ヒバリシギ     6羽ほどグループで移動中


オジロトウネン Ad  冬羽のままでこれから一気に換羽していくのか・・・・・


      シロチドリ Ad  シロチドリは干潟でもよく観察されていますがこの時期は水田でも見られます。


      アオアシシギ Ad 7羽で移動中・・・・


タカブシギ Ad夏羽   この時期、タカブシギはよく見られるがこのようにスクッと立った
姿から遠目には他のシギと見間違うこともあるので姿勢にも注意が必要だ。


      アカアシシギ Ad


      アカアシシギ Ad   手前の個体が夏羽の特徴が良く出ている、嘴が特に根元が太めでツルシギと異なる部分は
                    上下が赤いので識別に役に立つ。


      水田でシギチを見ようとした際、当初気がつかず飛び立ったので咄嗟にシャッターを切ったものである。


      PCで確認してみると猛禽はハイタカのようで襲われたシギはアカブシギのようだ。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ