FC2ブログ

現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回、ニシオジロビタキが見られていた同場所でルリビタキも見られました
ウィキペディア(Wikipedia)』によるとルリビタキは体側面はオレンジ色の羽毛で覆われ、英名(flanked=脇腹、側面)の由来になっている。腹面の羽毛は白い。尾羽の羽毛は青い。種小名cyanurusは「青い尾の」の意。とあります
勉強不足で恥ずかしながらここまで見ていませんでした
またルリビタキ♂は、成鳥になって光沢のある綺麗な青色になるまで個体差はあるものの諸説で4年かかると言われています、今回の個体は瑠璃色の光沢がもう一つなので3年目かと思います・・・ルリビタキの場合、個体識別でよく迷うのは生まれてから2年以降は一見、♀によく似てオリーブ褐色の羽色のまま過ごすことになるので識別には注意が必要です。

和名:【ルリビタキ】      スズメ目  ツグミ科    TL 14cm      属名 Tarsiger      種小名 cyanurus
英語名    Red-flanked Bluetail

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     何処からか「カッ、カッ」と独特の地鳴きが聞こえてきました・・・・・


     いかにもルリビタキが好みそうなチョッピリ薄暗いアオキの間からお出ましです。


     身体、全体の羽衣の瑠璃色がまだチョッと照りが足りないようです


     凜々しくポーズした青地にオレンジ色が映えてとても綺麗です
                 2018 Dec.13  撮影地 :神奈川県横浜市戸塚区

               Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                          
                
                    パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん、こんばんは
  いつもコメント有り難うございます

私が出掛けた初日には奥の梅の木で一時、前後にオジロとルリが
並びましたがやはりルリの気性が激しく追い払ってしまいました
でもあの近距離で2種が見れるなんて良いですよね(^.^)

オジロはまだ滞在しているようなので散歩がてらまた覗きに行って
みようと思っています

早いものであと2週間で新年とは・・・最近時間の経過がきわめて
早く感ぜられるようになってきました(笑)

本年は有り難う御座いました
また機会がありましたらご一緒出来たらと思います

佳い年をお迎えになって下さい

来年もどうぞ宜しくお願いします。

>私も先日、現地で恐らく同じ個体に出会いました。
>逆光気味の条件でしたので、写りは良くありません
>でしたが、間近で観察出来ました。
>この個体が現れてから、暫くはオジロビタキの出が
>悪くなりました。

>今年は、いろいろとお世話になりました。
>来年も宜しくお願い致します。

>では、良いお年をお迎え下さい。
【2018/12/23 18:38】 URL | papilio #G.SZ/3Ng[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

私も先日、現地で恐らく同じ個体に出会いました。
逆光気味の条件でしたので、写りは良くありません
でしたが、間近で観察出来ました。
この個体が現れてから、暫くはオジロビタキの出が
悪くなりました。

自宅近くの緑地公園にもルリビタキが居るのですが、
まだ出が悪いようです。ボチボチ、冬鳥の出現が
本格化しているようですね。

今年は、いろいろとお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。

では、良いお年をお迎え下さい。

【2018/12/23 03:46】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。