FC2ブログ

現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

だいぶ日が経ってしまいましたがまだ未記載でしたので遅まきながらUPします
身近の方はスルーして下さいm(__)m

シロエリオオハムの情報は早いうちから頂いていたのですが過去に冬羽、夏羽等、何度も観察して居たのと今時、夏羽が見られると云うことは何か身体にトラブルでもあっての事かと思いながら中々重い腰が上がらず延び延びになっていました、ただ今回シロエリが滞在している場所がとても興味のある場所だけに見るだけ見ておこうと思った次第です
行ったのは時期的には一番遅く、移動しているようで見当をつけた場所まで行き、はじめ土手上から双眼鏡で探すもカメラマンも居らずシロエリの姿も見つけられずで・・・あぁ、またやってしまったかと思ったのですが土手下の草陰にいたようで何とか姿を・・・・・

和名:【シロエリオオハム】  アビ目  アビ科    TL 65 cm    WS 112 cm     属名 Gavia
                   種小名 pacifica     英語名 Pacific Loon , Pacific Diver
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

丸子川
     ご覧のような場所でここから1km下流側が河口となります、支流となり川幅も狭く水深も50cm未満の所でした・・・・


     基本的に食性は魚類及び甲殻類でこの場所では餌を求めて川を上下しているようです。


     水中に頭部を沈めて中を覗きながら行きます・・・・・


     透明度はありますが水深は深くはありません


     草の生えている場所には何か潜んでいそうですね・・・・・


     暫し潜ったかと思ったら・・・・・


     何やら咥えて上がってきました・・・・


     よく見るとエビのようで片手が特に長く「テナガエビ」のようです


     見ていたら長いハサミが邪魔なようで嘴で取り除いて一気に飲み込んでしまい、再び餌探しです


     時たま何か思い出したように振り返ったりしながらドンドン上流に向かって・・・・・


     時にはかなり長い時間潜ったままで・・・・・


     潜水を繰り返します・・・まぁ基本、潜水ガモの仲間なので苦になりません(笑)


     この時もかなりの早さで1km?近く上流側へ泳いで移動していきました、地元の方に伺った話だと上流から一気に
     飛んで戻ってくるときもあるそうです、いずれにしても見た感じでは特に不具合はないように見えますので無事に沖へ
     出て仲間と合流出来ると良いのですが・・・・・。
                                      撮影日 2018/6/30 ・ 撮影地 静岡県駿河区丸子川
        
                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                 
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん、こんばんは
   いつもコメント有り難うございます
私はご存じだと思いますが水鳥が好きで特に好んで見歩いていたのでシロエリの夏羽、冬羽共何度も見ていました
当初、川に上がっていると聞いていたので興味はあったのですがやはり何度も同じ鳥となると正直、意欲が沸かずパスしようと思っていたのですが鳥友も是非見たいとのことだったので出掛けた次第です。まぁ銚子に行くのと同等なのでまずまずでした、これから冬鳥のシーズンですね

猛禽楽しんで下さい、私はタイミングを見て出掛けようかと思っています。

>シロエリオオハム、というと銚子漁港のような海洋に面した>場所を思い浮かべてしまいますが、河口近くの川に居たと>は驚きです。羽に異常があったのかと思いましたが、今回>の写真で拝見する限りでは至って元気のようですね。
>まあ、仲間からはぐれてしまっただけなのかもしれません。>綺麗な夏羽に出会えて良かったですね。
>さて私の方は、いよいよ猛禽類の季節に突入し、徐々に忙>しくなりつつあります。まずは稲敷市方面から再開しました>が、先日は、久しぶりのクマタカを求めて埼玉県の湖へ出>かけました。これからは、毎年定番の渡良瀬や涸沼方面へ>遠征する機会が増えそうです。やはりハイチュウやコミミは
>いつ出会っても魅力ですね。
【2018/11/12 17:13】 URL | papilio #7a0SGVBc[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

シロエリオオハム、というと銚子漁港のような海洋に面した場所を思い浮かべてしまいますが、河口近くの川に居たとは驚きです。羽に異常があったのかと思いましたが、今回の写真で拝見する限りでは至って元気のようですね。まあ、仲間からはぐれてしまっただけなのかもしれません。綺麗な夏羽に出会えて良かったですね。
さて私の方は、いよいよ猛禽類の季節に突入し、徐々に忙しくなりつつあります。まずは稲敷市方面から再開しましたが、先日は、久しぶりのクマタカを求めて埼玉県の湖へ出かけました。これからは、毎年定番の渡良瀬や涸沼方面へ遠征する機会が増えそうです。やはりハイチュウやコミミは、いつ出会っても魅力ですね。

では、また。
【2018/11/12 11:48】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ