FC2ブログ

現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめに今までのヨーロッパトウネン幼鳥の特徴をあげてみます

  ①ヨーロッパトウネンはトウネンに比べ、一回り小さい。
    ・ 写真やFieldで観察してもなかなか見極めるのが難しい?
  ②トウネンより、嘴は細く長く見える。
    ・見る角度や個体差で微妙
  ③トウネンよりも足が長く見え、採餌時は前傾姿勢に見える。
    ・水深があたり砂泥ちで足が潜っていると難しい
  ④初列風切の長さが、尾羽よりも長い個体が多い
    ・換羽中には注意が必要
  ⑤背中の白いV字模様が明瞭(幼鳥時)
    ・トウネンでも怪しい個体は居る
  ⑥副眉斑が幼羽では目立つ傾向。(眉斑の上の白ライン)
    ・不明瞭だったり、あったりなかったりするので?
  ⑦トウネンに比べ雨覆の軸斑が濃くて大きく羽縁がはっきりしており、各羽根のコントラストが強い

 ● 一番良いのは上記の7項目、全てを兼ね備えた個体を目標に観察するのが究極の楽しみかもしれません(笑)

   すべての特徴が合えば楽勝なのですがなかなかそうはいかないので迷いが出るのです(笑)

和名:【ヨーロッパトウネン】  チドリ目  シギ科    TL 12 -14 cm    WS 28-31 cm     属名 Calidris
                   種小名 minuta     英語名 Little Stint
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     ヨーロッパトウネン(左)   トウネン(右)
   たまたま二羽が並んでくれた時の写真で比較をしてみるとPointの一つに大雨覆、三列風切りのそれぞれの羽の軸斑が
   トウネンに比べて大きく色が濃く見えるため全体に右のトウネンと比べてコントラストが強くハッキリと見えることが一番異なる
   点です、私が「幼羽時期」の個体を識別する際、最も重要視するのはこのPointです。        


    この個体は「トウネン」です、軸斑が大きく見え一見迷う個体だが次に雨覆いを見てみると消去法でいけばすぐに消える
    個体でこの際、他にも識別Pointはあるがやれ嘴が細く無いとか足が長くないとダメだとか色々ありますがまずは最低限の
    識別Pointをマスターしたら良いかと思います。


     トウネンです・・・・と言う前に識別に不可欠の羽やからだの各部の名称を覚えましょう、ヨーロッパトウネンの識別には
     羽衣の各部の名称を覚えないと先へ進めません。


     この写真を見ると心なしか嘴が細く見えるでしょう?見る角度等によって微妙に変わってきます、因みにそのまま下の
     画像の個体の嘴と比べてみて下さい違って見えるでしょう(同個体です)


  この個体はヨーロッパトウネンの特徴を兼ね備えた個体ですが識別の一つとされている「副眉班が明瞭」と言われている
  部分がこの個体は特には見られません、微妙に人間でもありますよね・・・・なので拘る必要なしかな?(笑)


    オマケ 1


    オマケ 2


    オマケ 3
   まとめとして・・・・毎度、ヨーロッパトウネンは難しいと云われますが逆を云えば難しいから奥が深くこれほど一種で楽しめ
    るシギチは居ないのではないでしょうか、上記の事柄を踏まえて多くの図鑑やblogの写真を見てもなかなか決定的な
    比較写真は少なく、それぞれの表記の内容と画像が個々の印象などが云われているだけで一致しないことが多いように
    思います、その原因はトウネンにもヨーロッパトウネンのそれぞれの特徴に持ち合わせた個体がいるということです

    観察時、この「迷い」を少しでも無くすためにはその時「同じ群れの中から出来るだけ特徴の異なる個体を見つける」ことが
    一番の近道だと思います(一羽の時は貴方の実力を発揮して下さい(^.^))
    我々はアマチュアなのでそれぞれの知識を活用し識別等の誤りを恐れず言葉に出して鳥友と楽しく語り合いましょう。
                                         撮影日 2018/9/16 ・ 撮影地 神奈川県平塚市
        
                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                 
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん、こんばんは
  いつもコメント有り難うございます

resが遅くなってスミマセンでした
実は今回、ヨロネンのいた休耕田で私は一番端に椅子に座って撮っていたら
お隣に来た方が色々と話しかけてきて落ち着いて撮っていられなくて困ったのですがその方が何を撮りに来たのか??で鳥なら何でも良いという感じらしくもうガッカリしました

少なくとも今、何を撮っているのかぐらいは知って撮って欲しいと思います
よっちゃんも頑張って今年はヨロネンの識別をマスターするぞっていう熱い気持ちで是非、撮って下さいね(^_-)

>ヨロネン、私にとって識別は非常に難しい状況です。
>今回の最初の写真のように、トウネンと並んでいれば、
>少しは違いが分かると思うのですが、なかなかそんな
>チャンスはありません。トウネンの撮影をしていると、
>いつもひょっとしたらヨロネンかと期待を持ってしまい
>ますが、全く自信がありません。まあ、可愛いいので
>あればどちらでも良いか、と最後は諦めムードで終わって
>しまいます。情けないですが、致し方ありません。
>本当にシギ・チの世界は奥深いですね。
【2018/10/24 18:13】 URL | papilio #I/b9mM0c[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ヨロネン、私にとって識別は非常に難しい状況です。
今回の最初の写真のように、トウネンと並んでいれば、
少しは違いが分かると思うのですが、なかなかそんな
チャンスはありません。トウネンの撮影をしていると、
いつもひょっとしたらヨロネンかと期待を持ってしまい
ますが、全く自信がありません。まあ、可愛いいので
あればどちらでも良いか、と最後は諦めムードで終わって
しまいます。情けないですが、致し方ありません。
本当にシギ・チの世界は奥深いですね。

では、また。
【2018/10/22 05:38】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。