現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

真冬の寒い時期、外房九十九里の海岸線のPointを訪ねながら沖合の波間に浮かぶ海ガモ達を見ていると小群の塊がよく見られます、見られると云ってもかなり沖合で距離があるので写真撮影は厳しいですが観察していると沖の波上を低く飛翔していく姿をよく見られます、そんな時間も海鳥ファンには楽しい時間です。
いつもはそんな時オオハムやアビ等、同じ海ガモの仲間のビロードキンクロなどが見られれば嬉しさ倍増です
ただ外房は東方に面しているので晴天時の午前中は逆光で観察が厳しいです

今回は銚子周辺の漁港で偶然クロガモ8羽の群れ(♂7、♀1)が近い距離で見れたのでそんな記事をUPします。

和名:【クロガモ】    カモ目 カモ科     全長 44-54cm    全翼開 44-54cm     属名 Mwlanitta  種小名 nigra                      英語名 Common Scoter
         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!



     漁港内に初めは遠かったクロガモの群れが徐々に近づいてきました。


     クロガモ♂成鳥は全身真っ黒で嘴の上部に黄色いコブ状のものあり、目立ちます、♀はとても滋味です。


     一見、穏やかそうに見えますがこれから野生?のパートナー争奪戦が繰り広げられます。


      中でも強い♂が一気にモーションを掛け始めました・・・・・


      負けじと近くの他の♂も参加します・・・・・


      あれだけエキサイトしていたのに何事も無かったような表情が面白い。


      次のタイミングを計っているのかな・・・・・


      それ~、また再開です 頑張れ~~~何がって?


      再び静けさを取り戻したような・・・・・・ところが・・・・・後につづく!!     2018.3.3 千葉県銚子漁港周辺にて

               Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                
                  パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん、こんばんは
  いつもコメント有り難うございます
仰るように海鳥(水鳥)というのは一般の多くの鳥の写真を撮っている方から
見ると特殊な部類かもしれませんね

普通、ある程度年季が入って来ると当然、知識もある程度追いついてきて次に
その鳥の生態や識別に興味が移ってくるものだと思いますが如何でしょうか・・・・
まさにカモメなどがそんなドストライクな鳥かと思います、こんな私も最近カモメにはとても関心が出てきて
関連の記事や識別に必要な画像を多く見るようにしています

良い機会なのでよっちやんも一緒に海鳥等をやりませんか・・・・・
同じ趣味の友が増えると刺激になって良い相乗効果が期待出来ると思います。

>三番瀬の干潟へは良く行くのですが、あまり外海が
>見える場所には行ってません。銚子漁港や長井漁港
>などへも数えられるほどです。自宅から遠いという理由
>以外に、カモメ類や海カモなどの海鳥のことをあまり
>知らないからです。近くで撮影するのが難しいという
>のも理由の一つですね。
>と言う訳で、今回のクロガモも三番瀬でしか見たことが
>ありません。当然、一羽だけでしたよ。今回のように8羽
>も同時に見られると、凄く得をしたような気分になられた
>のではないでしょうか。ビロキンを含めて、三番瀬で見ら
>れる海ガモは、いつも1羽だけです。ちょっと寂しいように
>見受けられます。本来の生息場所ではないからなのかも
>しれませんね。たまには、遠出をして、じっくり海ガモ類を
>探してみるのも良いかもしれませんね。
【2018/04/11 20:35】 URL | Papilio #Yxu2gIUY[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

三番瀬の干潟へは良く行くのですが、あまり外海が
見える場所には行ってません。銚子漁港や長井漁港
などへも数えられるほどです。自宅から遠いという理由
以外に、カモメ類や海カモなどの海鳥のことをあまり
知らないからです。近くで撮影するのが難しいという
のも理由の一つですね。
と言う訳で、今回のクロガモも三番瀬でしか見たことが
ありません。当然、一羽だけでしたよ。今回のように8羽
も同時に見られると、凄く得をしたような気分になられた
のではないでしょうか。ビロキンを含めて、三番瀬で見ら
れる海ガモは、いつも1羽だけです。ちょっと寂しいように
見受けられます。本来の生息場所ではないからなのかも
しれませんね。たまには、遠出をして、じっくり海ガモ類を
探してみるのも良いかもしれませんね。

では、また。
【2018/04/10 06:58】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ