現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

いよいよ年も押し迫ってきて前回はオジロトウネンを取り上げたので同場所で撮ったニシトウネン(ヨーロッパトウネン)を取り上げようかと思ったのですが技量不足で写真のピンが今一で採用できず他のシギチをまとめてUPします

ご存じのように秋口のシギチの渡りでは繁殖地から戻ってきた圧倒的に幼鳥個体(一部成鳥)が多く、第一回冬羽に移行中の羽衣を見るのは貴重な時期とも言えるのでしっかりと見ておきたい時期です、第一回冬羽といっても全ての羽衣が一斉に換羽するのでは無く三列風切りや尾羽等を残して換羽するので覚えるのには良い機会です、因みにシギチは生まれてから2年目で全ての羽衣を換羽します。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

hamasigi 01
     ハマシギ   幼鳥→第一回冬羽

aoasisigi 01
   ご存じのアオアシシギですがこの個体群には識別をするにあたり大きな注目点があります、Pointは観察した日付で識別する
   にはとても大事な要素の一つです、中央の個体は幼羽で右の個体は成鳥冬羽で肩羽の一部を残しほぼ換羽しているのが
   判ります。                                       Nov.06, 2016  茨城県稲敷市浮島

koaoasisigi 01
     コアオアシシギ   幼鳥→第一回冬羽

koaoasisigi 02
     コアオアシシギ   幼鳥→第一回冬羽
       三列風切り、尾羽を残してすべて冬羽に換羽している、綺麗な個体です

seitakasigi 01
    セイタカシギ♂  第一回冬羽

seitakasigi 02
    セイタカシギ♀  第一回冬羽    一部幼羽あり
 
ogurosigi 01
    オグロシギ 幼鳥→第一回冬羽
  幼羽が多く残るが、肩羽の一部と上背の一部が冬羽に換羽している

ogurosigi 02
    私は好んで後方からの写真も撮るようにしています、何故かというとこのように羽衣の各部位がコントラストよく綺麗に
    色分け?されており非常に美しい事が判るからです。

tsurusigi 01
    ツルシギ   幼鳥→第一回冬羽

tsurusigi 02
    ツルシギ   この感じを覚えておくと後方からでも腰の白さと脚色のオレンジ色ですぐにツルシギと判ります。
 
                                         Nov.06, 2016    撮影地 :茨城県稲敷市浮島

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 or EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ