現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今年も秋のシギチの戻り状況が気になりシギチ大好きの鳥友と茨城県稲敷市へ出かけてきました

現地では基本的にシギチが見られるPointとされている場所をチェックして廻る形をとるのが通例です
最初の場所は見下ろしのPoint1ではコアオアシシギやハマシギが盛んに採餌しているのが見られ、暫く観察してから次の場所へ廻った、このPoint2は実績のある場所だが当日、ここは残念ながら餌場の水位が高く小型シギチ等は採餌が出来ないため多分ここはスルーして何処か他場所と考えるのが一般的で次に廻ったPoint3はかなり広い蓮田で幾つか実績のある場所だが範囲が広く何処に居るのか当然シギチに聞かないと判らない、こればかりは一つ一つ足でチェックしていくしか無いので一般的に珍鳥シギチには興味があっても自身で探すまではまずしないでしょう、いつも他の気になる方のblogを覗くとえ~こんなの居たの?などと私など単純にすぐその方の知識や観察力に尊敬の念を抱いてしまうのだがこれじゃいつまで経っても進歩が無いなぁ・・・と反省しきりの今年一年のシギチ観察でした

ただ、この時は結果オーライで一カ所目に入った場所でオジロトウネンの小群やヨーロッパトウネン複数、ハマシギ等に出会えたので
気分は万々歳でシギチファンにとってこのような状況は涙が溢れる状況と言えます(笑)

和名:【オジロトウネン】  チドリ目 シギ科     TL 13-15 cm    WS 34-37 cm      属名Calidris                            種小名 temmincki     英語名 Temminck's Stint
   
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ojirotounen 01
    通称=ジロネン
  1.嘴の形と長さ(嘴の基部が黄色味がかることがある)  2.脚の色=黄緑色  3.全体の羽衣の色  4.尾羽の突き出し

今では少しはシギチのことが判ってきましたが初めの頃は何度見ても???状態で図鑑を見た当初はなるほどなと一瞬、判ったような気にはなりますがfieldで目の辺りにすると再び「貴方はだれ?」状態でした

特に私の難題三種は順にトウネン、ヨーロッパトウネン、オジロトウネンで大きさもほぼ同じです。
私の場合、大先輩からシギチの識別を覚えるのに何か良い方法がありますか?と質問したらこのようにアドバイスしてくれました、その教えは今でも頭に入っています
まず「夏羽/繁殖羽」→ 「秋の幼鳥」→ 「冬羽」といったそれぞれの羽衣を数多く観察し見極めを覚えます、そうすれば頭がこんがらなくなります(笑)
Pointは事前に見られる時期と場所を知り、まずはタイミングを外さぬよう足を数多く運ぶことでしょう(渡りの時期)
鳥の観察は「鳥が居るところに行く」事から始まります(^.^)

ojirotounen 02
    この時は確かオジロトウネンだけで7羽だったと思います。

ojirotounen 03
和名がオジロとついています尾羽の全体は灰色で、尾羽の外縁のみが白く見えますが通常の場合は見えず飛翔時に見えます。

ojirotounen 04

ojirotounen 05
     第一回冬羽 / first winter  
      
ojirotounen 06
      画像は2羽ともオジロトウネンですが換羽の変化がそれぞれ異なります、また過眼線はトウネンと比べて不透明です。

ojirotounen 07
      第一回冬羽 / first winter      小雨覆、中雨覆、大雨覆の一部に幼羽が残っています。
                                         Nov.06, 2016    撮影地 :茨城県稲敷市浮島

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 or EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3、こんにちは 今晩は
 いつもコメント有り難うございます。

やはり識別って一口で言えば「難しい」です
ただその難しいと云うのも何が難しいのかということだと思うんです
やはりただ見ていただけでは難しいのまま、先へ進まないのだと思います
それには事前に少なくとも目的の種名を絞り、その時期見られる鳥の識別点を頭に入れておかないとFieldで目的の鳥が居たとしても判らないわけですから最悪、見逃してしまうリスクを高い=ついつい人に頼ってしまうという悪循環です
なのでシギチをやってみようとしたら出かけるのは単独で行き、一般種から「幼鳥」「夏羽」「冬羽」の3パターンを撮ることから始めたら如何でしょうか。

>パピリオさんがおっしゃる通り、オジロトウネン・トウネン
>それにヨーロッパトウネンの3種は識別が難しいですね。
>特に、私にとっての難題は、ヨーロッパトウネンです。
>相変わらず、トウネンとの見分けが付かなくて、現地で
>教えていただいても、自信が持てません。最近になって、
>オジロトウネンは、比較的容易に分かるようになったの
>ですが、それは足が黄色っぽいからです。しかし、泥で
>汚れていたりすると、足の色が分からず、飛んだ時に
>見られる白い線で漸く識別がつく、などと言うことも多い
>です。何度、干潟へ通っても、なかなか識別能力が
>上達しないのは、私の場合、識別よりもまず撮影という
>姿勢にあるのではないかと思っています。現地でいろ
>いろと考えるより、まず撮影しておいて、後日、自宅で
>図鑑と見比べるという感じなのです。現地で実際に
>見ながら得られた印象とは、ちょっと違ってくるように
>も思います。いずれにしても、これからも足繫く干潟へ
>通うことになると思います。直近では、29日に三番瀬
>へ行く予定です。
【2016/12/26 20:26】 URL | Papilio #DyBnd7nQ[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

パピリオさんがおっしゃる通り、オジロトウネン・トウネン
それにヨーロッパトウネンの3種は識別が難しいですね。
特に、私にとっての難題は、ヨーロッパトウネンです。
相変わらず、トウネンとの見分けが付かなくて、現地で
教えていただいても、自信が持てません。最近になって、
オジロトウネンは、比較的容易に分かるようになったの
ですが、それは足が黄色っぽいからです。しかし、泥で
汚れていたりすると、足の色が分からず、飛んだ時に
見られる白い線で漸く識別がつく、などと言うことも多い
です。何度、干潟へ通っても、なかなか識別能力が
上達しないのは、私の場合、識別よりもまず撮影という
姿勢にあるのではないかと思っています。現地でいろ
いろと考えるより、まず撮影しておいて、後日、自宅で
図鑑と見比べるという感じなのです。現地で実際に
見ながら得られた印象とは、ちょっと違ってくるように
も思います。いずれにしても、これからも足繫く干潟へ
通うことになると思います。直近では、29日に三番瀬
へ行く予定です。

では、また。
【2016/12/26 06:57】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ