現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回は好きなシギチの中でも三本指に入る?ツルシギをUPします・・・・・黒くないけれどね(^.^)

出逢ったのは前回のコアオアシシギと同場所に二羽で採餌の真っ最中でオマケに近距離でとてもラッキーでした、今回出逢ったツルシギに限らず秋の観察はご多分に漏れずほとんどが幼鳥(Juvenile)で成鳥(Adult)は様々な理由から早く南下して越冬地に移動しているものと思われます そのような事からも未だ私は冬羽の成鳥には出逢ったことはなく、もし見れれば別の意味で貴重です、これはシギチ全般に言える傾向で話は長くなりますが以前シギチの先輩から聞いた話ではやはり「子孫維持」の観点から長旅のリスクを考慮して別行動をとるのだと伺いました。
それにしても今秋期の平塚周辺はアオアイシギ、タカブシギ、コアオアシシギ、サルハマシギ、ツルシギと私は未見でしたがオジロトウネン、ニシトウネンと泣く子も黙る?ラインナップで嬉しいかぎりでこれだけ見れれば御の字でしょう。

和名:【ツルシギ】  チドリ目  シギ科    TL 29-32 cm       翼開長 61-67cm         属名 Tringa                種小名 erythropus      英語名 Spotted Redshank
   
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

鶴鴫 01
     個体A  この個体はややふっくらな印象で羽衣もB個体に比べて若干濃いめです、それと嘴の元の白さが目立ちます
           換羽状態は幼羽~第一回冬羽に移行中で肩羽が6枚ほど冬羽に換羽しています、他はまだほとんどが幼羽で
           換羽は部分換羽で変化していきます。
           
鶴鴫 02
     個体B  こちらの個体はA個体に比べてスマートで並ぶと良く判りました、換羽はやっと始まったばかりです。

鶴鴫 03
     個体A  この幼鳥が関東で越冬してくれてGWまで滞在してくれれば換羽の変化が観察できて興味深いのですが・・・・

鶴鴫 04
     個体B  動きも活発で小さなザリガニをGETして捕られるのを嫌って逃げ回っていました。     

鶴鴫 05
      コアオアシシギと2ショットです、コアオは大人しいですがツルシギは体格が良い分、少々ガサツかな(笑)

鶴鴫 06
      やはり足が長いこともあり採餌姿勢は前屈みになるようです。

鶴鴫 07
      皆さん、よくアカアシシギとツルシギを勘違いされますがこの角度から判りますが嘴はスッと細長く伸びて下嘴のみが
      赤いのが良く判ります、因みにアカアシシギは嘴全体が赤くツルシギに比べて口元にかけて太いのが特徴です。

鶴鴫 08
      個体A  1st Winter(幼羽~第一回冬羽に移行中)       Sep.24, 2016 撮影 : 神奈川県平塚市下島
            幼鳥ですがスクッと立った姿勢は風格があります。 
  
    ● 参考までにシギチに興味がある方はまず好きな種の「夏羽=繁殖羽」「冬羽」の違いを確実に覚えると後が楽になりますよ
      ただ撮っているだけではいつまで経ってもシギチは難しいのままです。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 or EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3 さん、お早うございます
 いつもコメント有り難うございます

おっしゃるようにシギチの中でもツルシギが一番判りやすい種ですよね(夏羽、冬羽比較)
今回の記事にも書いていたようにシギチの基本はやはり夏羽、冬羽を意識して観察することにつきます
来期は是非、夏羽を探しにお出かけ下さい(^.^)

>私も今季、このツルシギに出会いました。
>私が出会ったのは個体Aです。一度しか平塚市へ
>行かず、その際に2度しか同じ個体を見ることが
>出来なかったので、個体Bには会ってません。
>ツルシギは、私も好きなシギの一つです。何よりも
>分かり易いからです。アカアシシギが似てますが、
>良く見ると簡単に見分けられると思っています。
>トウネンやヒバリシギなど似たような種類が多いと
>私にはお手上げ状態になってしまいます。
>今季の平塚は、豊作だったようですね。もっと足繫く
>通えば良かったと思いました。
【2016/10/24 07:20】 URL | Papilio #OVxtG5Bo[ 編集]
パピリオ さん; お早うございます。よっちゃん3 です。

私も今季、このツルシギに出会いました。
私が出会ったのは個体Aです。一度しか平塚市へ
行かず、その際に2度しか同じ個体を見ることが
出来なかったので、個体Bには会ってません。
ツルシギは、私も好きなシギの一つです。何よりも
分かり易いからです。アカアシシギが似てますが、
良く見ると簡単に見分けられると思っています。
トウネンやヒバリシギなど似たような種類が多いと
私にはお手上げ状態になってしまいます。
今季の平塚は、豊作だったようですね。もっと足繫く
通えば良かったと思いました。

では、また。
【2016/10/23 06:11】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ