現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

この日は午後から予報は天候が崩れるとのことだったがシギチの渡りの時期もほぼ終盤なのでfieldだけは覗いてこようと出かけた、現地周辺の幾つかのpointを覗いてみたが今日は何処にもシギチの姿は見られず、しばらく時間をおいてから再び廻ってみるというのがいつものパターンである
時間もあるので同じエリアを廻っている鳥友とコンタクトをとってみると直線で0.5kmほどの所にいるとのこと、近くだったので行ってみると今まで全く実績のなかった休耕田にコアオ、アオアシ、ツルシギと贅沢なラインナップが揃って採餌の真っ最中だった、所々水が少しありほとんど湿地といった感じでシギチの採餌場には最適の所だった、Cマンは
地元の顔見知りの方を含めて5名ほどで皆さん心得たもので腰を下ろして撮影中で早速、私も仲間に入れてもらった。

和名:【コアオアシシギ】  チドリ目  シギ科    TL 22-26 cm       翼開長 55-59cm         属名 Tringa                種小名 stagnatilis      英語名 Marsh-Sandpiper
   
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

小青足鴫 01
      シギチを見るときの一つのPointはそのシギの採餌姿勢(スタイル)を覚えるのも一つです、コアオなどは足が長く
      ご覧のように極端な前傾姿勢なのがわかる。

小青足鴫 02
      以前、コアオアシシギはかなり珍し系だったように思うがここ数年は出会う機会が多くなってきて今年は何故かあちら
      こちらで見られた、単に見やすい場所が判って来たからかもしれないが・・・・

小青足鴫 03
     幼羽~第1回冬羽換羽中  個体により差があるがこの個体はまだほとんどが幼羽でほとんどの雨覆、三列風切は
     幼羽で肩羽の一部から冬羽に移行しているのが見て判る

小青足鴫 04
      今回のように同場所に比較する鳥がいると大きさで比較することが容易でコアオアシシギとアオアシシギを比べて
      このように2羽並んでくれると大きさの違いがよくわかります
           アオアシシギ 30 ~ 35 cm、コアオアシシギ 22 ~ 25 cm。
   
小青足鴫 05
       またそれぞれの特徴と云えばコアオアシシギの嘴は細く直線的であり、アオアシシギの嘴は太く、特に上嘴基部に
       近くなるにしたがって太くなり、 少し上に反っているように見える。


小青足鴫 06
      この角度から見ると上背~肩羽にかけて冬羽に換羽中で雨覆、三列風切などには幼羽が多く残っています。     

小青足鴫 07
            1st Winter                           Sep.24, 2016 撮影: 神奈川県平塚市下島
 
                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 or EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3、こんにちは 今晩は
 いつもコメント有り難うございます

コアオは感じが他のシギチより華奢で上品?な感じが好きです・・・女性に例えると・・・・やめときましょう(笑)

今期は夏羽がタイミングが合わず見れなかったことがチョッピリ心残りです
また来年ですね
それとツルシギの件ですが今期の平塚のツルシギは長居でしたね、3カ所で見ましたが仰るように多分、同じグループかもしれませんね

今期の平塚は水田の水を抜くタイミングとシギチの渡りの時期が良い方にLINKしたので良かったです
また、いつもタマシギの子育てが遅れ気味で幼鳥の餌がうまく確保できない等、ヒヤヒヤするのですが今期は間に合って良かったです
私は抱卵から雛を連れて歩く微笑ましい所まで見ることが出来ました。

>コアオアシシギの特徴を詳しくお教え下さり、
>ありがとうございました。私が識別するときは、
>嘴が細い、非常に白っぽく見える、程度の特徴
>で判断しています。アオアシシギと並んでいると
>良く違いが分かるのですが、単独の場合、ちょっと
>不安に思うことが良くあります。
>ところで、2週間ほど前、私も平塚市の休耕田へ
>出かけて見ました。しかし、休耕田に水がなく、
>そのためか全く鳥影がないような状況でした。
>しかし、最後に訪れた場所で、ツルシギと2羽の
>コアオアオシシギに出会えたのです。恐らく、
>パピリオさんが出会われた個体と同じではないか
>と思いました。出来れば、現地でお会いしたかった
ですね。

>では、また。
【2016/10/13 18:54】 URL | Papilio #DyBnd7nQ[ 編集]
パイリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

コアオアシシギの特徴を詳しくお教え下さり、
ありがとうございました。私が識別するときは、
嘴が細い、非常に白っぽく見える、程度の特徴
で判断しています。アオアシシギと並んでいると
良く違いが分かるのですが、単独の場合、ちょっと
不安に思うことが良くあります。
ところで、2週間ほど前、私も平塚市の休耕田へ
出かけて見ました。しかし、休耕田に水がなく、
そのためか全く鳥影がないような状況でした。
しかし、最後に訪れた場所で、ツルシギと2羽の
コアオアオシシギに出会えたのです。恐らく、
パピリオさんが出会われた個体と同じではないか
と思いました。出来れば、現地でお会いしたかった
ですね。

では、また。
【2016/10/13 07:27】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ