現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

鳥友よりエリマキシギ夏羽に換羽中の一報をいただき、その時は正直あまり期待はしていませんでした、ただその時に限って何故か出かける気になっていました、当日現地、稲敷市のPointにAM7時前に着くとすでに5,6名のCマンが撮影中で蓮田に目をやると夏羽に換羽中のオオハシシギの中に同じく夏羽に換羽中のエリマキシギ♂2、♀3を確認し、少々はやる気持ちを抑えながら急いで撮影の仲間に入れて頂き夢中でシャッターを切り始めました。

和名:【エリマキシギ】   チドリ目   シギ科     TL ♂26-32cm ♀20-25cm     WS 54-58cm
   属名 Philomachus     種小名 pugnax      英語名 Ruff

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

Ruff-S 01
 蓮田には2羽のオスが居てそれぞれ完全な夏羽ではないものの換羽が進んでおり首周りには長めの黒い襟巻きが見られました。

Ruff-S 02
  黒い襟巻きはご覧のように首の前部~胸部にかけて広がっているのが判る。

Ruff-S 03
    正面から見るとオレンジの頭部は小さいですね。  

Ruff-S 04
    ご覧のように首回りの襟巻きは繁殖地で見られる昔のヨーロッパ貴族のようにフンワリと纏うように豪華ではありませんが
    多分、繁殖地に着いてから豪華に伸びるのではないでしょうか・・・・・    

Ruff-S 05
   撮影時、余裕があれば」いろいろな角度から出来るだけ撮るようにするのですが面白い角度があったので載せましたが
   襟巻きはこのカットから見るかぎり後頭部には襟巻きはありません、後ご期待です。

Ruff-S 07
    やはり万歳ポーズをしてくれると絵になりますね。

Ruff-S 08
     中央にエリマキシギ成鳥♀が居ますがどちらかといえば地味系で特に派手ではありませんがよく見ると羽衣全体の
     濃淡がハッキリしてきて夏羽に移行しているのが判ります。

Ruff-S 09
    このカットは夏羽移行中の2羽の♂ですがカラーパターンがそれぞれ異なり、面白いものが観察出来ました。

Ruff-S 10
    こちらの♂は頭部がオレンジの個体に対して頭部は黒く身体全体も黒いタイプでした。

Ruff-S 12
    黒っぽい個体と♀成鳥が並んだ貴重なカットが撮れました。

エリマキシギ繁殖地図
       【エリマキシギ 生態図】 Wikipedia引用
   エリマキシギの越冬地~日本~北極圏の繁殖地を見た場合、渡りの際、国内に立ち寄るルートを考えるのも興味深い。

Ruff北極圏繁殖図
エリマキシギ 北極圏繁殖エリア 図
   このように日本から繁殖地までの位置関係を見渡してみるとルートが判る、日本からどの位の日数で到着するのでしょうか・・・

エリマキシギ ディスプレイをご覧ください。          

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3、 今晩は
 いつもコメント有り難うございます。
今回はシギチの中でも私の好きなエリマキシギでしたので大盤振る舞い?
しましたが皆さんそれぞれ思いは異なるかもしれませんがやはり撮りっぱなし
ではなくチョットでも観点を変えて見ると今までとは違った楽しみ方が
あるのがお解りになるかと思います

私の教訓ですが鳥は、やはり居る時に居る場所に行かないといけませんね(^.^)

>エリマキシギの夏羽移行個体をご紹介下さり、
>ありがとうございました。なかなか夏羽個体を
>見ることが難しいので、私も出陣してみたいと
>思って、その週の終わりに出かける予定でした
>が、直前に抜けてしまったとの情報が入り、
>遠征そのものも断念しました。と言うことで、今年は
>まだ稲敷へ出かけておりません。最近の稲敷、
>例年に比べて、シギ・チの数が減ってしまったよう
>に思います。少し寂しい気がしております。秋の
>渡りの季節には、また参戦したいと思います。
>エリマキシギは見られないでしょうが、ツルシギ
>あたりには出会えるのではないでしょうか。

>では、また。

><追伸>リンク先の動画も拝見しました。
>繁殖地での様子が良く分かりました。一度は、
>こんなエリマキシギを撮影してみたいなと
>思いました。ご紹介いただき、深謝申し上げます。
【2016/06/14 21:48】 URL | Papilio #DyBnd7nQ[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

エリマキシギの夏羽移行個体をご紹介下さり、
ありがとうございました。なかなか夏羽個体を
見ることが難しいので、私も出陣してみたいと
思って、その週の終わりに出かける予定でした
が、直前に抜けてしまったとの情報が入り、
遠征そのものも断念しました。と言うことで、今年は
まだ稲敷へ出かけておりません。最近の稲敷、
例年に比べて、シギ・チの数が減ってしまったよう
に思います。少し寂しい気がしております。秋の
渡りの季節には、また参戦したいと思います。
エリマキシギは見られないでしょうが、ツルシギ
あたりには出会えるのではないでしょうか。

では、また。

<追伸>リンク先の動画も拝見しました。
繁殖地での様子が良く分かりました。一度は、
こんなエリマキシギを撮影してみたいなと
思いました。ご紹介いただき、深謝申し上げます。
【2016/06/14 06:40】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ