現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

このサバンナシトド2015年の暮れから見られていたようですが私は年明け後出かけた際には遠くてあまり良く見れず二回目に足を運んだ際には比較的近くで観察出来ました、本来は北米大陸に生息する種類で海外の図鑑などではたくさんの亜種が記載されており体色の濃いものから薄いものまで様々のようです。
今回発見された個体の特徴は眉班は黄色、体色はやや薄め、胸から脇腹にかけての縦班がやや細いといった感じでミヤマシトドやキガシラシトドと同様に非常に珍しい種類ですが今回のように観察された、「広い農耕地の水路の一角」という環境はまだまだ国内でも似たような環境は多くあると思われ、あらためて耳にする機会が無いだけで実際には結構見落としているケースがあったりして更に多くの個体が越冬しているのかもしれません。
やはり日頃からもっと一般的な種をしっかり観察することが必要だとあらためて思った次第です。

和名:【サバンナシトド】   スズメ目   ホオジロ科     TL 14cm      属名 Passerculus     種小名 sandwichensis                   英語名 Savannah Sparrow

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

sabannnasitodo 01
      これは初めてサバンナシトドのFieldを訪れた際のものでその個体も小さく遠かった時のものである。

sabannnasitodo 02
      うっすらと黄色い眉斑が見られるが脚も写っておらず証拠写真しか撮れなかった。

sabannnasitodo 03
   体型はご覧の様に一般的なホオジロと変わりませんが 胸の縦斑が目立ち、頭央線がハッキリわかります。
   また尾羽は短めで、切れ込みも顕著です。
   眉斑についてはハッキリとした黄色い個体もいるそうですが、この個体はうっすら黄色が入っている程度でした。

sabannnasitodo 04
    サバンナシトドはアメリカ北部、アラスカ、カナダ、、中部とメキシコ北西部、中部からグアテマラ南西部で繁殖し、北アメリカ
    中部以北で繁殖した個体は、冬季、アメリカ西部からメキシコ、中央アメリカ、西インド諸島などに渡り越冬します。
    日本国内ではまれな冬鳥、または旅鳥として、北海道から沖縄県にかけて各地で観察記録があります。

sabannnasitodo 05
    サバンナの名は、ジョージア州の港町「サヴァナ」に由来するとあります。
    最初にここで採集されたために命名されたようでシトドとはホオジロの古称です。

sabannnasitodo 08

sabannnasitodo 07
    なおこの鳥の正式な記載については、一時「クサチヒメドリ」という呼称が提案されましたが定着しなかったようで 最近の
    「日本産鳥類目録第7版」では633種の鳥が記載されており633番目のトリ?を務めるのが「サバンナシトド」であり
    既にここでは「クサチヒメドリ」の記載は削除されています。


     同じFieldにいた一見良く似ているが「タヒバリ」である。


     この個体も終始、サバンナシトドと行動を共にしていた「ホオアカ」でご覧のようにホオが赤いのでホオアカです?

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3さん、こんばんは
  何時もコメント有難うございます

悔しいかな、この手の鳥は私のレベルでは到底見つける事は出来ないでしょう
また、今回の第一発見者が何方だかも知る由もありませんが
自身でTry出来ることはペースはスローでも簡単な識別や種名の由来だとかは取っつき安いのではないでしょうか・・・・

お互いに何とか少しでもレベルUP出来るよう頑張って行きましょうよ(^.^)

>最近、珍しい鳥の名前を聞くことが多いです。
>実際に私が見に行くことは少ないのですが、
>こうした珍鳥を初めて見つける方は、余程の
>観察眼と知識がある方なのだと思っています。
>今回の「サバンナシトド」も、もし私がフィールドで
>出会ったとしても、ホオジロの仲間程度にしか識別
>出来ないだろうと思います。しかし、パピリオさん
>もご指摘の通り、似たような環境は他にも多く
>あるはずで、皆が存在に気が付いていないだけ
>なのかもしれませんね。

>今回も類似種との識別ポイントをご説明いただき、
>大変に参考になりました。ありがとうございました
【2016/04/04 17:39】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

最近、珍しい鳥の名前を聞くことが多いです。
実際に私が見に行くことは少ないのですが、
こうした珍鳥を初めて見つける方は、余程の
観察眼と知識がある方なのだと思っています。
今回の「サバンナシトド」も、もし私がフィールドで
出会ったとしても、ホオジロの仲間程度にしか識別
出来ないだろうと思います。しかし、パピリオさん
もご指摘の通り、似たような環境は他にも多く
あるはずで、皆が存在に気が付いていないだけ
なのかもしれませんね。

今回も類似種との識別ポイントをご説明いただき、
大変に参考になりました。ありがとうございました。
これからも、宜しくお願いします。

では、また。
【2016/04/04 07:20】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ