現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

九州、初日の夕方には日本一のツル越冬地「出水」に入っていました、今回は前回訪れた時に泊まった「つる見亭」がいっぱいで
やむなく宿をとった近くの「鶴の里」にお世話になったのですがこれが正解で大きな天然温泉があり湯量も豊富で食事も良く比較的リーズナブルで満足でした、翌朝は6:30に朝食を取りのんびり宿を出ても日の出が7:30近くなので時間的にもピッタリでした
ツル達の餌場はつる見亭の前にありますがほとんどのツルたちは周辺を塒としているので泊まった宿の近くにもツルが多く日の出と共に動き出すツルの様子も観察出来てバッチリでした、朝方は氷点下まで下がったと思われ周辺の乾田や畑には霜が降りていて真っ白で明るくなると共に上気が立ち上がり煙ってとても幻想的で綺麗でした、写真は技量が無いのでダメでした(笑)

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

鹿児島県出水にて 01
    1/16 すでに日の出時間(07:18)は過ぎていてこの時点で07:27です あたりは霜で真っ白で幻想的でした。

鹿児島県出水にて 02
    この場所は餌場からは少し離れた場所でそれぞれの種が入り混じりながら固まっていて所謂、塒となっている場所の様です
    まだ餌の時間まではだいぶありますが気の早いツルたちがソワソワしと始めるのが観察しているとよく分かり気の早いものは
    朝日に輝きながら早々と飛び出して行くものがいます。

鹿児島県出水にて 03
    まだ辺りは光量も少なくISOを上げれば少しは良いのですが試しにと ISO640/シャッタースピード1/25です
    まぁ、技術不足はさることながらたまにはお遊びで良いんじゃないとこんな感じで撮って見ました(良いんじゃない!)

鹿児島県出水にて 04
    明るくなってきて餌の時間までのんびりしています(ナベヅルの群れ)

鹿児島県出水にて 05
    ツルたちの廻りにはタゲリや他の鳥たちも集まっています。

鹿児島県出水にて 06
    餌の時間が近づいてくると誰かがチャイムを鳴らす訳でもないのですがよく知っていて上空に目をやると・・・・・

鹿児島県出水にて 07
    凄いことになってきて航空管制?も無いのにと心配をよそに離れていた所に居たツルたちも何処からともなく集まってきます。

鹿児島県出水にて 08
   中には真っ黒な集団もいて個性的なミヤマガラスもかなり沢山集まっています。

鹿児島県出水にて 09
    餌場に集まってきたツルたちの大集団でレンズの加減でこれはごく一部です、因みに今期の飛来は過去最高だそうです。

鹿児島県出水にて 10
    私の好きなカナダヅルも今期は8羽が確認されています(この時は2羽が見れました)

鹿児島県出水にて 11
     この2羽のカナダヅルは終始離れず観察していても番と分かるくらい微笑ましい感じでした。

鹿児島県出水にて 12
     こちらは全体でも一番個体数の多い「ナベヅル」です。

鹿児島県出水にて 13
     普段は警戒心の強いミヤマカラス達もこの場では近くで観察する事が出来ます、なかなか普段は近くでジックリとは
     見ることがないのであらためて観察しました、因みに今回はコクマルガラスがとても少なくパンダもいませんでした。

鹿児島県出水にて 14
     防波堤側をマナヅル親子が飛んでいきました(とても綺麗なツルです)

鹿児島県出水にて 15
     マナヅルの成鳥です。

鹿児島県出水にて 16
    マナヅルファミリーです、因みにツルの家族の絆はとても強いと聞きました。

鹿児島県出水にて 17
    マナヅルはズッと見ていても飽きません、この日は残念ながらあまり長い時間はとれず次の目的地へ移動です。
                                                  鹿児島県  出水東干拓地にて

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3 さん、お早うございます
   いつもコメント有り難うございます
出水を訪れたのは今回で二回目ですがこの時期でないとこの風景は
見られないので何度でも訪れたくなります

スケジュールの都合でたっぷりとは時間が取れませんでしたが土地勘や
様子がある程度わかっていたので見たいところは押さえられました

それにしても周囲の山々を背景に沢山のツルが飛んでいるところは
何度見ても良いものです

是非、お出かけ下さい

2/29現在でもまだ1/2以上のツルが残っているようですが
それも時間の問題でしょう・・・・・。

>素晴らしいツルの写真を堪能することが出来ました。
>ありがとうございました。それにしても、本当に凄い数の
>ツルが居るのですね。三番瀬で見るハマシギやスズガモ
>の大群でもかなりの迫力ですが、出水のツルはそんな
>ものではありませんね。体が大きいからですね。
>昨年、埼玉県の深谷市にナベヅルの幼鳥が一羽飛んで
>来ましたが、何となく寂しげな様子に思えました。場所に
>よって、数によって、印象はずいぶんと異なるものですね。
【2016/03/01 07:25】 URL | papilio #rAIJ4a56[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

素晴らしいツルの写真を堪能することが出来ました。
ありがとうございました。それにしても、本当に凄い数の
ツルが居るのですね。三番瀬で見るハマシギやスズガモ
の大群でもかなりの迫力ですが、出水のツルはそんな
ものではありませんね。体が大きいからですね。
昨年、埼玉県の深谷市にナベヅルの幼鳥が一羽飛んで
来ましたが、何となく寂しげな様子に思えました。場所に
よって、数によって、印象はずいぶんと異なるものですね。

では、また。
【2016/02/29 07:24】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ