現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

久しぶりに近場でノビタキに会ってきました
夏シーズンは本州中部以北の高原(北海道では平地の草原)で繁殖し、その時期♂は繁殖羽で独特の頭部が真っ黒になるので黒ずきんちゃんのようです、もどりのこの秋の時期はその装いもすっかり変身し雌雄は異色ですがすでに冬羽となり渡って行きます、この時期関東では住宅地に近い平地にも見られ感覚的にはとても季節感のある鳥です、またノビタキはあの小さな身体ですが日本を経由して大陸やアフリカまで戻って行くので道中、無事を祈るばかりです。

和名:【ノビタキ】  スズメ目  ツグミ科    TL 13 cm      属名 Saxicola        種小名 torquata
        英語名 Common Stonechat
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ノビタキ field
     このような開けた平地で少しの間、コンディションを整えて渡って行きます。

nobitaki 01
     この日は南風が強く草木に止めっても身体を維持するのに苦労していました。

nobitaki 02
     そんなせいか落ち着かずすぐに飛んで行ってしまいます(それはそれで良いのですが(^.^))

nobitaki 03
     やはり留まるのはピークがお好きなようで・・・・・

nobitaki 04
     この個体は飛んで来て一瞬、近めに留まってくれたがすぐに何処へ行ってしまいました。

nobitaki 05
     当日はピーカンの晴天で草木ばかり見ているとたまに田のヒコバエにも降りてきます。

nobitaki 06
     その時一瞬、飛び出したかと思ったら・・・・・・

nobitaki 07
      見事に昆虫を捕らえてきました(UPでご覧下さい)

nobitaki 08
      その後再び、草木の高い所に留まり澄ましていたと思ったら・・・・・・

nobitaki 09
      この日は終日、風が強く留まってもすぐに飛び出します。

nobitaki 10
      この時は暫く留まってくれましたがなかなか思うようなロケーションには留まってくれません。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3 さん、お早うございます
  いつもコメント有り難うございます

当日は他の鳥が目的で出かけたのですが残念ながら出会えず、その近くの
Fieldでノビタキを見る事が出来ました
逆に言えば近くにもそんな素晴らしい所があるんだなと再確認した次第です

それとノビタキの識別ですが私も勉強中ですがやはり意識して観察しないと
いけないと思います
ノビタキの場合、仰るように夏羽はさておき、冬羽はさて?
となりがちですが簡単に言えば♂は羽衣の色彩が♀に比べてメリハリが強く
濃いめで見れば分かります
♀はノゴマの♂のPointと同じくのど元が白くて見れば分かると思います
幼鳥や喚羽中の個体はちょっと迷う事もあるかもしレません、是非見やすい
鳥からでも雌雄の識別を意識されてみて下さい、少しずつ分かるようになります(^.^)

>秋らしいノビタキの写真を拝見出来て、ありがとう
>ございました。繁殖期には、雌雄の識別は容易に
>出来ますが、渡りの季節ですと、なかなか難しい
>のではないでしょうか?今回の写真を拝見していて、
>私には全く雌雄が分かりませんでした。

>さて、今年私は、6月末に道東へ遠征し、ノビタキの
>子育てを間近に見ることが出来ました。雄も雌も交代
>で餌を雛に運んで来るのですが、雛がかなり強引で、
>その表情が印象的でした。頭の黒いノビタキも良かった
>ですが、渡りの季節のノビタキは、どこか哀愁があるな
>と思いました。
【2015/10/29 07:32】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

秋らしいノビタキの写真を拝見出来て、ありがとう
ございました。繁殖期には、雌雄の識別は容易に
出来ますが、渡りの季節ですと、なかなか難しい
のではないでしょうか?今回の写真を拝見していて、
私には全く雌雄が分かりませんでした。

さて、今年私は、6月末に道東へ遠征し、ノビタキの
子育てを間近に見ることが出来ました。雄も雌も交代
で餌を雛に運んで来るのですが、雛がかなり強引で、
その表情が印象的でした。頭の黒いノビタキも良かった
ですが、渡りの季節のノビタキは、どこか哀愁があるな
と思いました。

では、また。
【2015/10/28 07:40】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ