現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今年は初夏の頃から真夏の猛暑が続き7,8,月はそんな暑さがずれ込んだような陽気でした、そんなことも関してか太平洋上では高水温のせいか大きな台風が幾つも発生して日本列島の彼方此方に被害をもたらし、気のせいか例年より若干シギチの戻りも早いような気がします、先週末、好きなオグロシギが地元に飛来のニュースが飛び込んできてタイミング良く時間が取れたので久々の出会いを楽しんで来ました。

和名:【オグロシギ】  チドリ目  シギ科    TL 36-44 cm     WS 70-82cm   属名 Limosa        
種小名 limosa       英語名 Black-tailed Godwit

    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ogurosigi 01
     オグロシギ 幼鳥 第1回冬羽に換羽がまさに始まったばかりの個体(雨覆に灰色の冬羽がほんの少数見られる)

ogurosigi 02
     スクッと立った姿が美しいと思う。

ogurosigi 04
     唯一、ピンが来ていた飛び物で英名のBlack-tailedが写っていました。

ogurosigi 05
     幼鳥とはいえ堂々としています

ogurosigi 06
     美しい羽衣を見せてくれました。

ogurosigi 07
  同行していたセイタカシギ幼鳥2羽の内の1羽とのコラボレーション(そう対した物ではありませんが・・・)

ogurosigi 077
    このカットからは陽が傾き始めた頃からの撮影です(温度差が出始めています)

ogurosigi 08
     嘴の延長線上には「トンボ」が・・・・・・

ogurosigi 09
     トンボをGETした所です・・・・・

ogurosigi 10
     このスタイルがオグロシギの品の良さを現しているようです。

    追記 : タイトル部分にオグロシギの「英語名」を表記していますが以前から思っていた事ですが国内外のシギチを調べる際
         図鑑等でいつも困るのは当たり前と云えばそうなのですがINDEXも全て英語表記なので見たい種がすぐに見つ
         からないというもどかしさがあります、それには普段から少しでも馴染みが増すようにと出来るだけ英語で表記しよう
         と思った次第です、今回のオグロシギはその特徴でもある尾羽の「黒い帯」が和名の由来となっています。

 
                 Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3 さん、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます

どうでしょうか・・・・
個人的には今までの出会いからオグロシギはどちらかと云えば淡水系だと
思っています

先日も干潟で外国人バーダーに声を掛けられてあたふたした経緯があります
                         (お恥ずかしい)
その時ハンドブックを持っていたので指さしで対応出来たので何とか通じ
ましたがやはり英名は知っていて損はないと思います

よっちゃんは英語が堪能なので問題無いと思いますが・・・・・

それとアオバトへ行かれたと云う事で私は今年は色々あって行っていないですが
まだそれなりに飛来数はあるのですね

まぁ、数は少なくなってきているとは思いますが一度くらいは行きたいですね

>オグロシギとの素敵な出会いでしたね。
>特に、飛翔シーンやトンボを捕捉したシーンなど
>最高ですね。お見事でした。パピリオさんのニヤニヤ
>するところが目に浮かぶようです。
>私は、残念ながら内陸部でオグロシギを見たことが
>ありません。いつも、三番瀬か谷津干潟で出会って
>いるためです。今回のような休耕田でのオグロシギ
>は、干潟の彼らとはちょっと違った印象を持ちました。
>恐らく、背景の違いだと思いますが、同じ種類なのに
>新鮮な感じになりました。
>さて、鳥の英名ですが、結構、特徴を表している場合
>が多いようですね。今回もそうですが、オナガガモの
>ように、pin-tail ですぐに姿が想像出来ます。
>尾長と日本語で表記すると、いわゆるオナガと同じ
>ような尾羽を想像しますが、もっと尖った感じですよね。
>文化の違いなのでしょうか。面白いものですね。

>では、また。

><追伸>先日、久しぶりに大磯へアオバトの撮影に
>行きました。今回は、比較的風が強く、大きな波と
>アオバトのシーンを撮影することが出来ました。
【2015/09/17 15:58】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

オグロシギとの素敵な出会いでしたね。
特に、飛翔シーンやトンボを捕捉したシーンなど
最高ですね。お見事でした。パピリオさんのニヤニヤ
するところが目に浮かぶようです。
私は、残念ながら内陸部でオグロシギを見たことが
ありません。いつも、三番瀬か谷津干潟で出会って
いるためです。今回のような休耕田でのオグロシギ
は、干潟の彼らとはちょっと違った印象を持ちました。
恐らく、背景の違いだと思いますが、同じ種類なのに
新鮮な感じになりました。
さて、鳥の英名ですが、結構、特徴を表している場合
が多いようですね。今回もそうですが、オナガガモの
ように、pin-tail ですぐに姿が想像出来ます。
尾長と日本語で表記すると、いわゆるオナガと同じ
ような尾羽を想像しますが、もっと尖った感じですよね。
文化の違いなのでしょうか。面白いものですね。

では、また。

<追伸>先日、久しぶりに大磯へアオバトの撮影に
行きました。今回は、比較的風が強く、大きな波と
アオバトのシーンを撮影することが出来ました。
【2015/09/17 07:59】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ