現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

ここ関東エリアでは例年、アメリカウズラシギとの出会いがあるのは秋口のもどりの時期(9月中旬)が多く殆どが幼鳥で単独や数羽が見られる程度です、ラッキーなことに今回は8月上旬というのは希でその分、今回は成鳥なので何か得をしたような気分です。

和名:【アメリカウズラシギ】  チドリ目  シギ科    TL 19-23 cm     WS 37-45cm   属名 Calidris        種小名 melanotos       英語名 Pectoral Sandpaipaer

    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ameuzu 01
     嘴の先は若干下方に下がり気味で足は黄褐色で限れもない成鳥で堂々としている。

ameuzu 02
     胸のエプロンのような縦斑と白い腹部との境が明瞭だ・・・・・ウズラシギには無い。


ameuzu 03
     アップして見ると判るが嘴の先は柔らかくしなやかだ。

ameuzu 04
     今回はあまりパフォーマンスは無かったが唯一、羽を広げてくれた。

ameuzu 05
     最後まで近くに寄ってくれなかったがまぁこんなものでしょう。

                  Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3 さん、お早うございます
 いつもコメント有り難うございます

最近、コメントを書き込んでもいつの間にか消えてしまっているという
症状が起きていて今回も消えてしまいました
済みません、再度書き込みます。

私的にここ数年毎年アメウズには出会っていますがやはり
日本へ訪れる絶対的な個体数が少ないせいか出会いは多くはないと思われます

それとやはりシギチの楽しみは識別にあるのでシギチ目的で出かける際などは
予備知識は持っていった方がベターかと思います

また帰宅してPCに取り組んでそのまま眠らせるのは勿体ないので是非、時間のある時にでも見返しを行うと良いかと思います
・・・・といってもなかなか私自身眼が追いつきません(笑)

>アメウズ、名前は聞いたことがありますが、私は
>まだ現物に出会ったことがありません。まあ、ひょっと
>すると、フィールドで出会っていたとしても、アメウズだと
>気づかずにスルーしてしまっているのかもしれませんね。

>今回は、成鳥とのことで、益々貴重な出会いでしたね。
>おめでとうございます。識別点についての解説、
>大変参考になりましたが、実際に出会った時にどこ
>まで思い出せるか、私の場合には、それが問題ですね
【2015/08/28 07:28】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

アメウズ、名前は聞いたことがありますが、私は
まだ現物に出会ったことがありません。まあ、ひょっと
すると、フィールドで出会っていたとしても、アメウズだと
気づかずにスルーしてしまっているのかもしれませんね。

今回は、成鳥とのことで、益々貴重な出会いでしたね。
おめでとうございます。識別点についての解説、
大変参考になりましたが、実際に出会った時にどこ
まで思い出せるか、私の場合には、それが問題ですね。

では、また。
【2015/08/26 11:45】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ