現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

アイサ類は好きなカモ類の中でも特にお気に入りだ、初めて厳寒の北海道の地を訪れウミアイサやカワアイサの大きな群れを間近で見た時、本場で見た感動と共に居る所には居るんだなぁ・・・と変に感心した記憶がある、関東でも三番瀬を初めいくつかの場所でウミアイサには出会っているが何度見てもその興味は薄れない、今回はソロソロ北へ帰る間近と云うこともあり夏羽に移行中でコントラストが更に鮮やかとなり一層、綺麗に見える、これから繁殖地へ戻り、繁殖を済ませて再び11月の晩秋の頃にはまたその姿を見せて欲しい。

和名:【ウミアイサ】  カモ目 カモ科    全長(翼開長) 52~58cm      属名 Mergus  種小名 serrator                英語名 Red-breasted Merganser

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ウミアイサ 01
      色彩も鮮やかになり一層、見応えが上がって来た。

ウミアイサ 02
      飛翔シーンはどの鳥もそれなりに動きがあって見応えがあるがアイサは全体のシルエットが綺麗だ。

ウミアイサ 03
      カモ類、恒例のパタパタも披露してくれた。

ハジロカイツブリ01
       近くにはスズガモ等が沢山いてその中には夏羽に移行中のハジロカイツブリの姿も見られた。

ハジロカイツブリ02
       頭部に金の簪を着けたようにも見える夏羽が魅力的だ。


       光線の関係で真逆光となってしまったがまたこれも良しだ。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



やんばるクン、こんばんは
 コメント有り難うございます

三番瀬にウミアイサは毎年、律儀にやってきてくれます
ただ個体数はそうは多くないように思いますし、大抵沖目にいる事が多いので
撮影は難しいです

あとカモ類は撮影時、時々寝てしまうので羽を開いた時にしか識別の特徴が
見えない種などは何時目覚めるか我慢比べです(笑)

またハジロだけを主体に見たいのであれば三番瀬よりも葛西臨海公園の西渚の
手前の方が数も多く見やすいかも知れません

是非、お土産を撮ってお帰り下さいマセ(^.^)

>三番瀬には毎年ウミアイサが飛来するのですか?
>昨年行った際も撮影したような気がします♪

>カモ類は羽の裏側まで見ると、とてもカラフルになる鳥が多>くて、飛翔しているシーンを撮影すると嬉しくなります!

>ハジロカイツブリも沖縄では見たころがないので、とても新>鮮です!久しぶりに三番瀬に行きたいですね~!所要の>ついでに近々行く予定をたてていますが…(笑)
【2015/04/06 17:24】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんは。
三番瀬には毎年ウミアイサが飛来するのですか?
昨年行った際も撮影したような気がします♪

カモ類は羽の裏側まで見ると、とてもカラフルになる鳥が多くて、飛翔しているシーンを撮影すると嬉しくなります!

ハジロカイツブリも沖縄では見たころがないので、とても新鮮です!久しぶりに三番瀬に行きたいですね~!所要のついでに近々行く予定をたてていますが…(笑)
【2015/04/05 22:42】 URL | やんばるクン #-[ 編集]
グッチさん、お早うございます
 いつもコメント有り難うございます

グッチさんもウミアイサがお好きなんですか~
好みが合いますねぇ(^_-)

私だけかも知れませんがアイサには何か独特のイメージを
持っているのでその分思い入れがあるのかも知れません(^.^)

ご存じかも知れませんが私の鳥友?が今年、根室に行った際
どうも変わったウミアイサだと教えてくれて知り合いの詳しい方に
見て貰ったらミコアイサとのハイブリットだったと云うことで
ビックリしました、自然界では色々あるんですね

このところ北の皆さんのblogを見ていても雪解けが進み
早足で季節が進んでいるようですね

関東でも今週、オオルリが到着したとのことで夏鳥がもうすぐそこです。

>私も密かに?ウミアイサは好きな野鳥です。
>毎年、ウミアイサを撮りに1月初旬に小樽の漁港に行っています。
>その年によって数は違いますがカモメ同様、ウミアイサも漁>港に戻って来る漁船のおこぼれを狙っている時があるので
>こうした時は10m位近くに寄って撮れることがあります。
>細身で独特の髪型、見ているとテンションが上がりますよね。
>北海道も冬鳥はそれぞれ北へ南へと帰行しめっきり淋しく>なりました。  でも、ヒバリの囀りが増えてきたので、これ>から夏鳥が南からやってきます、楽しみです。
【2015/04/04 08:02】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
papilioさん、こんばんは。
 私も密かに?ウミアイサは好きな野鳥です。
毎年、ウミアイサを撮りに1月初旬に小樽の漁港に行っています。
 その年によって数は違いますがカモメ同様、ウミアイサも漁港に戻って来る漁船のおこぼれを狙っている時があるので
こうした時は10m位近くに寄って撮れることがあります。
 細身で独特の髪型、見ているとテンションが上がりますよね。
 北海道も冬鳥はそれぞれ北へ南へと帰行しめっきり淋しくなりました。  でも、ヒバリの囀りが増えてきたので、これから夏鳥が南からやってきます、楽しみです。
 
【2015/04/03 21:30】 URL | グッチ #-[ 編集]
よっちゃん3 さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

よっちゃん3 さんもアイサ類が好きなんですか・・・(^.^)

このアイサ類、何故か北へ変える前のこの時期は比較的
撮りやすいのですが真冬の時期は何故か警戒心がかなり強く
距離もあり、感づくとすぐに飛んで行ってしまいます
何故なんでしょうね??

個人的な考えではこの時期は浅羽で餌が取りやすいくそのせいか近場に寄ってくるのではと考えています
いかがでしょうか・・・・。

>アイサ類は、私も好きです。海が苦手な私は、あまり
>海鳥を撮らないのですが、ウミアイサやカモ類は干潟
>でも見られるので、三番瀬などで撮影しています。
>実は、先月末に久しぶりに三番瀬へ行って来て、
>間近にウミアイサの雌雄を観察して来ました。平日
>でしたので、殆ど人も居らず、2時間くらいしか居なかった
>のに、かなり多数の写真を撮影してしまいました。
>ただ、残念だったのは、ずっと餌ばかり探していて、
>気を抜いた隙に飛ばれてしまい、飛翔シーンの撮影が
>出来なかったことです。今回、パピリオさんの写真を
>拝見して、私もこんな写真を撮っておきたかったなと
>改めて思いました。素晴らしいできですね。
【2015/04/03 17:11】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

アイサ類は、私も好きです。海が苦手な私は、あまり
海鳥を撮らないのですが、ウミアイサやカモ類は干潟
でも見られるので、三番瀬などで撮影しています。
実は、先月末に久しぶりに三番瀬へ行って来て、
間近にウミアイサの雌雄を観察して来ました。平日
でしたので、殆ど人も居らず、2時間くらいしか居なかった
のに、かなり多数の写真を撮影してしまいました。
ただ、残念だったのは、ずっと餌ばかり探していて、
気を抜いた隙に飛ばれてしまい、飛翔シーンの撮影が
出来なかったことです。今回、パピリオさんの写真を
拝見して、私もこんな写真を撮っておきたかったなと
改めて思いました。素晴らしいできですね。

では、また。
【2015/04/03 07:24】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ