現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回UPしたタマシギファミリーは前回、ご紹介したペアの抱卵場所から凡そ直線距離で1kmほどの所で観察されたものですが当初、抱卵時には雑草が伸びて殆ど観察する事もなく訪れる人も地元のタマちゃんを見守っている方だけで静かに推移した結果だと思います
その後、めでたく5羽の雛が孵化してから農家の方の粋な計らいで畦の草を一部刈り込んでくれ狭い範囲のみ観察が出来るようになったのですがその場所から隣接する休耕田に朝方、タマ男父さんが雛を連れて出て来てくれ大サービスでした。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

tamasigi F.01
     タマ男父さんが何か警戒しています・・・・そんな時は雛もピタッと動きが止まります。

tamasigi F.02
     ここに写っているように5羽の雛を連れた姿が当初、確認されていたがその後、残念な事に翌日?4羽となってしまったと
     伝え聞いた・・・・この日、1羽だけが辛うじて最後尾に着いていくのがやっとだった。

tamasigi F.03
     一羽少し成長の早い子が居て時にピョコタン、ピョコタンと飛び上がります。

tamasigi F.04
    タマ男父さんが土中のミミズのようなものを穿っては何度も何度も雛達に与えていた姿は何とも微笑ましかった。

tamasigi F.05
     タマ男父さんが雛たちに何か諭しているようにも見えますが如何でしょうか・・・・・(^.^)

tamasigi F.06
     さぁ、向こうへ行くから遅れないように着いてくるんだよと・・・・皆、必死で頑張って着いていきます。

tamasigi F.07
     こんな仕草を見ていると何か人間もあらためて考えさせられる気になります。
                                         神奈川平塚市  撮影日 2014.Aug.30-31

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/



たつや君、こんばんは
  いつもコメント有り難うございますm(__)m

場所柄、比較的近くで例年、営巣してくれるのでそういう意味では
恵まれていると思います

こちらでも個体数はそう、多くはないと思います。

>タマシギの子育てシーンが撮影できるなんて、幸せですー>o(^o^)o私はまだタマシギ未見です!



【2014/11/06 21:05】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんは。
タマシギの子育てシーンが撮影できるなんて、幸せですねーo(^o^)o私はまだタマシギ未見です!
【2014/11/06 00:27】 URL | たつや #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ