現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

何ごとも好きなことをやっている時は時間の経つのが早いこと、早いこと・・・・・
道東に来てこの日はもう最終日?「民宿たかの」で早目に朝食を済ませて7時丁度に宿を出発です。
お天気も良いし帰りのフライトも中標津発、14時なので帰り道からチョッと寄り道をして再び走古丹へ廻って見ることに、初日に泊ま
った宿でタンチョウ情報を貰っていたので探してみます。
R244から本別海を右折して殆ど車と擦れ違うこともなく一直線のR475を走ると2日目に草原であれだけ賑やかだった鳥たちも全くと云っても良いほど声も聞けず姿も見かけません、やはり探鳥は早朝に限ると云うことが肌で感じます、自身で今まで走古丹の最先端までは行ったことがなかったので先がどうなって居るのか分かりませんでしたがドライヴがてら行ってみることに・・・・・・・・・・
その後思いも依らぬ出来事が・・・・・・。


【和名:タンチョウ】       ツル目 ツル科       全長(翼開長) 138~152cm(WS 220~250cm )        
属名 Grus       種小名 japonesis          英名 Red-crowned Crane,Japanese Crane

        この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

走古丹 01
    ここが地図で見る(A地点)走古丹の最先端で右手が風蓮湖側です。

ハシリコタンのコピー
    参考までに「走古丹=ハシリコタン」の地図を貼っておきます。

走古丹 02
    先端部から風蓮湖を望んでいるところで対岸が見えます。     シギチが帰ってくるのには未だ早いですね(^.^)

sakyuu
    あまり自慢が出来ることではないのですが先端に向かっている時、途中(C地点)で一旦、舗装道路が切れる場所があり
    たまたま向こうから小型の四駆が来たので少し左に車を寄せて行かせようとしたらスタックしてしまい、その四駆は行ってしま
    うし、何とかスローでバックしようとしたのが裏目に出てもう少しで抜け出せると思ったのですが呆気なく潜ってしまいました**
    **もうジタバタしても仕方がないので待つこと30分ほど経った時、一台乗用車が来て押してくれたがダメでその方が確か
    一台先に行っているはずだというので先端まで行ってみてきますとのことでその後10分ほどでもう一台を連ねて戻って来て
    くれて幸いなことにレガシーの四駆でオマケに牽引ロープを持っていてくれて手際よく引いてくれ脱出出来ました、こういう時は
    ホント、神様、仏様です、2台はそのまま帰ってしまったので先へ行くまいかと躊躇しましたが路面自体は大丈夫なので決行
    です、懲りないなぁ(笑) まぁそんな訳で貴重な?先端の写真があるのです(^_-)

たんちょう01
   タンチョウ情報だとC地点辺りで目撃されたとのことだったのですが探したのですが見つからず、帰りは車からゆっくり探しながら
   戻ってきたらB地点で遠くにやっとタンチョウのファミリーを見つけました。

たんちょう02
    かなり距離があったので路肩に車を止めて少し草原を進みながら・・・・・

たんちょう03
    何とかファミリーの様子が見える草地に座り込んで・・・・・

たんちょう04
    雛はだいぶ成長していましたがまだまだ甘えています、左がお母さんで右がお父さんです・・・・と云っていました(^_-)

たんちょう05
      母親が何か貝を捕って差し出していました、移動しながらこういった仕草を見るとしみじみと愛情が感ぜられます。

たんちょう06
    時に親から離れるのですが時々居場所を確認しながらすぐに戻って来ます。

たんちょう07
     時に一人歩きで餌を探します・・・・・

たんちょう08
    これはお父さんですが頻繁にファミリーの居場所を確認しながら採餌していました、さすが一家の長です。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/



グッチさん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

タンチョウファミリーの件、有り難う御座います(^.^)

これまで何度か道東地区へ足を運んでいることもあり何となくPointを
見極めることが少しづつ出来るようになってきたように思います

やはり鳥見は鳥がいるところへ足を運ばないとダメですね!

それとスタックはField通いが多いとどうしても付きものですね

まぁ、今回は飛行機の時間にもある程度余裕があったし、あれが着いた当日の夕方だったら話が全く違ってきますし、走古丹先端部は平日などは日中でも訪れる人は殆どいないと思われるのでこの日は日曜日だったことも幸いしたのかも知れません
私も結構、単独で移動することが多いので気をつけないといけないと思います

グッチさんも発掘や撮影等の際には充分気をつけて下さいね。

>タンチョウの親子、ほのぼのとしていいですね!
>朝からブログ見てとても暖かい気持ちになりました。
 >それと、なれない土地で危うい経験をしましたね。
>スタックは、私もたまにあります一瞬あせりますが何故か1>時間以内には無事事なきを得ています。
 >真冬、車内灯をつけっぱなしで5時間以上も林奥のフクロ>ウを撮っていて、戻ったらバッテリー上がり・・・
 >1人で化石採取のとき山奥で林道のぬかるみに完璧には>まり、車底の泥をスコップでかき出すがどうにも脱出できない
 >民家までは10km以上あり道すがらは熊の出没地域、携>帯も無線が届かず思案していると
 >遠くから何かの音が聞こえてきました、小さいけどキャタ>ピラー車でした、見えたとき仏に思えました
 >ごめんなさい、思い出して長々となりました
 >お互い、気をつけましょう
【2014/08/23 18:40】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
 タンチョウの親子、ほのぼのとしていいですね!
朝からブログ見てとても暖かい気持ちになりました。
 それと、なれない土地で危うい経験をしましたね。
スタックは、私もたまにあります一瞬あせりますが何故か1時間以内には無事事なきを得ています。
 真冬、車内灯をつけっぱなしで5時間以上も林奥のフクロウを撮っていて、戻ったらバッテリー上がり・・・
 1人で化石採取のとき山奥で林道のぬかるみに完璧にはまり、車底の泥をスコップでかき出すがどうにも脱出できない
 民家までは10km以上あり道すがらは熊の出没地域、携帯も無線が届かず思案していると
 遠くから何かの音が聞こえてきました、小さいけどキャタピラー車でした、見えたとき仏に思えました
 ごめんなさい、思い出して長々となりました
 お互い、気をつけましょう
 
【2014/08/23 10:02】 URL | グッチ #-[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
 いつもコメント有難うございます。


いやいや、そういったことではなくて・・・見たいとなれば一つ云えることは
その土地のタンチョウ達の生息状況を如何に把握しておくことだと思います
幾つか情報を持っていれば必ず会えると思います(^.^)

あと恥ずかしながらやはり初めての土地は色々分からない事が多く、余程慎重に行動しないとその土地の人には当たり前のことでも私のように無知なものには
時に大変な思いもします
お互いに気をつけましょうね(笑)

>夏場のタンチョウは、なかなか見つからないないのですね。
>その意味で、大変貴重な出会いでしたね。車のスタックにも>めげずに、行った甲斐があったですね。
>親子連れのタンチョウを私はまだ見たことがありません。夏>場に道東へ行っていないからなのですが、本当に幼鳥は>可愛いですね。来年は、私も是非、出かけてみたいと思いました。

>ところで、車のスタックですが、私も良く遭遇します。悪路を>平気で進んでしまうからなのですが、その度にJAFのお世>話になっており、平均すると、年に1回あるいは2回の使用>頻度になると思っております。家内曰く、我が家は十分にJ>AFの年会費の元を取っているとのことです。

>まだまだ暑い日が続きます。ご自愛下さいね。

【2014/08/19 21:55】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

夏場のタンチョウは、なかなか見つからないないのですね。
その意味で、大変貴重な出会いでしたね。車のスタックにもめげずに、行った甲斐があったですね。
親子連れのタンチョウを私はまだ見たことがありません。夏場に道東へ行っていないからなのですが、本当に幼鳥は可愛いですね。来年は、私も是非、出かけてみたいと思いました。

ところで、車のスタックですが、私も良く遭遇します。悪路を平気で進んでしまうからなのですが、その度にJAFのお世話になっており、平均すると、年に1回あるいは2回の使用頻度になると思っております。家内曰く、我が家は十分にJAFの年会費の元を取っているとのことです。

まだまだ暑い日が続きます。ご自愛下さいね。

では、また。
【2014/08/19 07:53】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ