現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回出掛けた道東エリアの野付、走古丹、根室半島では訪れたあちらこちらで可憐な花が咲きはじめていた、小鳥たちもちょうど繁殖の時期を迎え活性が一番高い時期でもあり、このレポートの初めにも書いた今回、道東を訪れる一つの目的でもあるセンニュウの仲間にも沢山出会うことが出来たのでまずは「シマセンニュウ」を取り上げます。

【和名:シマセンニュウ】     スズメ目  ウグイス科     全長 15.5cm      属名 loustella         
 種小名 ochotensis        英語名 Middendorffs Grasshopper Warbler
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

島仙入 01
    シマセンニュウは東南アジア、フィリッピン、ボルネオ、スラウェシ地区に広く分布していると云われ初夏の頃に繁殖を目的で
    国内では北海道内にやって来ます、道東ではこの時期にはごく普通に見られ、春・秋の渡り時には国内を通過して行くそ
    れらの一部が見られるようです                         根室市フレシマ湿原にて     

島仙入 08
    バックが綺麗にボケてくれてました。                               走古丹にて

島仙入 03
   早朝、濃い霧が辺りを覆っているときシマセンニュウを見つけました、白くボケている
   のはワタスゲで他にも様々な花が見られます         北方原生花園にて

北方原生花園1
    ポニーが放牧されている北方原生花園は約75haという広さで紫のじゅうたんを敷きつめたようにヒオウギアヤメがピークでした
    午前4時30分 霧の原生花園に来ていましたが誰~れも居ません。

島仙入 02
   午後に納沙布岬に足を延ばした帰り道、再び寄ってみたのですがこの時は霧も晴れてカラッとした晴天下の下、素晴らしい
   光景が広がっていました(紫色にボケているのはヒオウギアヤメの群生です)            北方原生花園にて

島仙入 04
      気持ちよく囀っていました               長節小沼にて

島仙入 05
  当初、鳥の姿は見えなかったのですがしばらく車中から窓を開けて待っているとシマ
  センニュウが するするとオオカサモチの上に出て来て囀ってくれましたがシャッターを
  数回切ったところであっという間に潜り込んでしまいました         長節小沼にて

島仙入 06
  この時も早朝、彼方此方で囀ってはいますが見つけてもなかなか距離は詰めるのは
  難しくその時の呼吸合わせが難しいです               走古丹にて

島仙入 07
    腹部が少しくすんで見えますがこれはどういったことなのか判りません、ご存じの方がいらっしゃいましたらご教授下さい 
                                                          長節小沼にて

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/



グッチさん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

そうですねぇ
やはり道東へ行く目的の一つが仰るようにクルーズに乗って
水鳥を見るのが楽しみです
沖に出ると陸では味わえない出会いの楽しみがあります
今年は時期を考慮して出掛けたのですが例年になく海水温が低く
餌の小魚の寄りが少なかったのでその分、エトピリカ等の数も
少なかったようですが7月中旬には回復したようです
やはり陸と海の鳥の兼ね合いを考えると7月2週目が良いのかなとも
思ってしまいます

それとご指摘?の4枚目の鳥は囀って居たものを撮っているので
シマセンニュウだと思いますが風でヘヤー?が乱れているので
一見オオヨシキリにも見えますね
同個体を同じ場所で撮ったものが他に数カットありましたので
チェックして見ましたが・・・・・
嘴の上部も黒いので間違いないと思うのですが如何でしょうか・・・
それでなくてもウグイスの仲間は難しいですね
また色々教えて下さいm(__)m

>落石クルーズいいですね!
>遠いとはいえ地元にいてもまだ経験がなく羨ましいです。
>それどころか、エトピリカ、ケイマフリにさえ会った事がありません。
>終わりから4枚目は、オオヨシキリに見えますが道東でオオ>ヨシキリは珍しいそうです。
>シマセンニュウの腹部の黒ずみはよく分かりませんが、下>から3枚目には胸あたりに黒褐色の縦班が薄っすら見えます。
>幼鳥にはこの黒褐色の縦班が胸や頭部に見られるそうな>ので幼鳥かもしれませんね。(違ったら・・謝、謝)

【2014/08/10 20:25】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
 落石クルーズいいですね!
遠いとはいえ地元にいてもまだ経験がなく羨ましいです。
それどころか、エトピリカ、ケイマフリにさえ会った事がありません。
 終わりから4枚目は、オオヨシキリに見えますが道東でオオヨシキリは珍しいそうです。
 シマセンニュウの腹部の黒ずみはよく分かりませんが、下から3枚目には胸あたりに黒褐色の縦班が薄っすら見えます。
 幼鳥にはこの黒褐色の縦班が胸や頭部に見られるそうなので幼鳥かもしれませんね。(違ったら・・謝、謝)
【2014/08/10 19:03】 URL | グッチ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ