現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

ヒメウは全体から受ける印象は地味で特に幼鳥や冬羽ともなると一見、暗褐色に見えることから一般受けしない鳥と云えるかも知れない、大きさはごく普通に見られるカワウやウミウよりも一回り小型で嘴の形は他のウに比べ細い棒状で全体的に小さく見えるので距離があっても識別には迷いません
また私自身、ヒメウは沖合の鳥なのかと云う先入観が強かったのですが実際には陸地に近い小島や岩礁地帯で見られ漁港内でも多く見られます、今回は銚子の漁港内で幼鳥も含め纏まった数が見られました、時期的にも夏羽を期待したのですが残念ながら見られませんでした、なかでもエメラルドグリーンに輝く夏羽に移行中の個体に出会えましたのはラッキーでした、実際には昨年5月に道南へ出かけた際にヒメウの夏羽は見ていますので参考に写真を添付しておきます。

【和名:ヒメウ】       チドリ目 ウミスズメ科       全長 63~73cm 翼長 91~102cm        属名 Palacrocorax    種小名 pelagicus      英名 pelagic Cormorant
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

himeu 01
     ほど近い所で見つけ、撮影しようとしたら・・・

himeu 02
     何やら怪しい姿勢に・・・

himeu 03
     案の定、おもむろに助走をつけ・・・


     最後の一踏ん張りで・・・

himeu 04
     一気に浮力を増して・・・飛び出して行きました。

dounan 037
    眼の周りと口角が赤くなり、嘴全体もいくらか赤味がかってくる、特に夏羽となるとグリーンメタリックが印象的だが
    腰というか足の付け根部分の大きめの白斑を左右にある。ボチボチ繁殖期を迎え夏羽への移行とそれは北へ
    帰る前兆でもある。
                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/



たつや君、お早うございます
 いつもコメント有り難うございます

この週末、関東はかなり肌寒いです
鳥見の予定は無いのですが・・・・・

如何せん、色合いが色合いだからなかなか目が向かないかも知れないですね

特に珍鳥でもないけど今頃の時期には目が向きます

また同じウ科の仲間でも「チシマウガラス」には目が向くのになかなか
ヒメウにはいきませんね

それと沖縄まではねぇ・・・交通費高いから躊躇しているのかもよ(^.^)

>こんばんは。
>ヒメウはあの光沢が綺麗ですよね(^^)
>関東にも入ってくるのには驚きです!

>沖縄にも入ってきませんかね?(笑)
【2014/04/20 08:05】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんは。
ヒメウはあの光沢が綺麗ですよね(^^)
関東にも入ってくるのには驚きです!

沖縄にも入ってきませんかね?(笑)
【2014/04/19 22:17】 URL | たつや #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ