現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回のツアーでカモメに少し注目してみようと云うことであらためてカモメに目を向けてみるとこれがまた奥が深く面白いのです
また一般にはカモメ属の総称として「カモメ」と表現する事が多いようです

関東地区でカモメが一同に何種類も同時に視野の中にいるなんて殆ど無いと云っても良いでしょう、これが道東では自然の中でごく普通に見られるのです、何て贅沢なんでしょう・・・と思うのは私だけかもしれませんが?

今ふと思ったのですが若きし20代の頃、毎朝通勤時にその頃夢中だった海の船釣りの情報欄が見たいために毎日、確か一部50円だったスポーツ紙を買っていました、ご存じのようにスポーツ紙はギャンブル欄が殆どで麻雀と大きなレース時しか馬券も買わない私にとって殆どムダな紙面でしかありませんでした、何でギャンブルに目が向かなかったかと聞かれても困りますが鳥見も同じであと10年早く目が向いていればもっと色々な状況が見れたかと思うとチョッピリ残念な気がしないではありません
まぁ、それが当たっているかはさておき折角なので今後はこれを機会に難しいながらもカモメに目を向けていこうと思っています、さてどうなることやら・・・
そんな訳で「カモメ」です。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


鱒浦 勇仁川河口
   鱒浦漁港を出て国道244号(斜里街道)を走り、フト左手の河口を見るとカモメがワンサカいるではないですか
   気にしなければ通過していますがやはり目が向いていると気になるものです

カモメ多数
  ちょうどカモメが纏まっている所があり、殆どが成鳥冬羽でしたが赤丸のところが第1回冬羽(1W/first winter)が見られます。

セグロ&オオセグロカモメ
 浜小清水から暫く行くと止別川の河口があってここにもカモメが集まっておりここではオオセグロとセグロカモメが多くオホーツクの
 荒波が押し寄せる波打ち際に双方が並んでいて背の色を見ると明らかに違いが判ります(濃い方がオオセグロカモメです)

オオセグロカモメ成鳥&幼鳥
 写真を整理していたらオオセグロカモメの飛翔カットの中に3パターン写っているものがあり、成鳥冬羽(A)、4W(B)、1W(C)が
 見られ容易に比較が出来る、特にBの尾羽のパターンに注目したい。

斜里川河口
   斜里川の河口でここは様々な珍しい鳥類が今まで見られており低気圧が通過した2014.1.2には待望のヒメクビワカモメ
   第1回冬羽1羽が確認されているので大時化の当日は要チェックです。

ワシカモメ 1w                                 
      斜里漁港の船上げ場にはワシカモメがいました、2年前にも同じ場所でワシカモメ成鳥を撮った記憶があります。
                                                   ワシカモメ幼鳥/1W

ユリカモメ
       ご存じのユリカモメですがもうすぐ北の地を離れて南下します。

シロカモメ成鳥冬羽
     北の地ではスタンダード的なシロカモメですが特徴はマルで囲んだ所が識別のPointとなります  成鳥冬羽

シロカモメ1W
   上の画像が成鳥冬羽ですがこれはシロカモメの第1回冬羽でまだまだ成鳥の特徴は見られず嘴だけを比較してみても
   歴然とした違いがあります、大型のカモメ類は殆どの種がまる4年を掛けて成鳥となります。

ホオジロガモ♂飛翔
   斜里川河口にはカモメの他にカモ類も多くホオジロガモが彼方此方にいて波が高い河口ですが盛んに潜る姿が見られ
   河口を沖に向かって一目散で飛翔中、私たちが帰浜した12/22には近くでベニヒワ300羽が目撃されています。

                    Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM          
                   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                http://vmc.blog43.fc2.com/



satti さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

sattiさん、カモメって一番身近にあるので対象として面白いですよ
私が取り上げているのは自身の備忘録そのままなんです

普段何気なく通り過ぎている所にもチョッとメールを向ければ
沢山居ますし、観察するのには一番良い対象かも知れません
珍鳥は会うのも大変ですし、あっと言う間に抜けちゃうので
私なんかはゆっくり見れません(笑)

>こんばんは(*^^)v
>カモメさんも色々奥深いですね!!
>野鳥の入り口に立っている段階なので難しいです^_^;
>詳しい説明があり、大変勉強になります( ..)φメモメモ
>これを、ちゃんと覚えているといいんですがなかなか・・・。
>頑張ろう!!
【2014/02/03 22:35】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんは(*^^)v
カモメさんも色々奥深いですね!!
野鳥の入り口に立っている段階なので難しいです^_^;
詳しい説明があり、大変勉強になります( ..)φメモメモ
これを、ちゃんと覚えているといいんですがなかなか・・・。
頑張ろう!!
【2014/02/02 23:01】 URL | satti #-[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
  何時もコメント有難うございます

こちらこそ本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

北海道はやはり何度行っても魅了させられます
是非、計画されて下さい(^.^)
出来たらそれも単独で行かれることをお勧めします
若干ハンデはありますが自身で情報集めから計画スケジュールを立てて行かれると良い思いで作りになると思います
知っていることは是非、応援させて貰います

あとカモメの件ですがそれぞれ興味のあること無いことありますがあまり難しく考えず折角行ったのだから何でも見てこようというスタンスで良いかと思います

ただそれだけでは現地で??になってしまうので少しの予備知識は持っていきましょう、知っている鳥が出てくるとワクワクしてきます

それとクビワキンクロとはまさに玄人好みのカモさんを撮ってくるとはよっちゃんも隅に置けませんね(笑)

普段から色々な記事等に目を通していると突然、情報が入ってきてもすぐピンと来るようになりますので取り落としが無くなるのではないでしょうか、今回は単に撮っている人が少ないのはその鳥を知らないだけだと思います(^.^)

>昨年は、いろいろとお世話になりました。
>本年も宜しくお願い致します。

>道東へは、私も何度か行ったことがありますが、
>いずれも家内と一緒でして、まともに鳥見ができた
>試しがありません。次回は、鳥見だけの目的で
>出かけてみたいと存じます。その節は、ご指導の
>ほど宜しくお願い致します。

>今回は、私の苦手なカモメさんですね。私の場合、
>カモメに出会っても殆ど撮影していないので、いつ
>までたっても識別ができません。今回のように識別
>ポイントをご教示いただけると、私でも識別できそう
>だなと思いました。素敵な出会いで良かったですね。

>さて、私は年明けにクビワキンクロ雌の撮影に行って
>来ました。直前に雄も入ったと聞いていたのですが、
>どうやら短期間で抜けてしまったようで、当日は見つける
>ことができませんでした。こちらの方は、予め識別ポイント
>を図鑑で予習して行きましたので、私一人で見つけ出す
>ことが出来ました。現地では、皆さんオオハクチョウの
>飛翔シーンばかり狙って居られ、クビワキンクロ雌を
>狙っている人は殆どいませんでした。結構珍しいと
>自分では思ったのですが、意外でした。
【2014/01/07 20:43】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: こんにちは、よっちゃん3 です。

昨年は、いろいろとお世話になりました。
本年も宜しくお願い致します。

道東へは、私も何度か行ったことがありますが、
いずれも家内と一緒でして、まともに鳥見ができた
試しがありません。次回は、鳥見だけの目的で
出かけてみたいと存じます。その節は、ご指導の
ほど宜しくお願い致します。

今回は、私の苦手なカモメさんですね。私の場合、
カモメに出会っても殆ど撮影していないので、いつ
までたっても識別ができません。今回のように識別
ポイントをご教示いただけると、私でも識別できそう
だなと思いました。素敵な出会いで良かったですね。

さて、私は年明けにクビワキンクロ雌の撮影に行って
来ました。直前に雄も入ったと聞いていたのですが、
どうやら短期間で抜けてしまったようで、当日は見つける
ことができませんでした。こちらの方は、予め識別ポイント
を図鑑で予習して行きましたので、私一人で見つけ出す
ことが出来ました。現地では、皆さんオオハクチョウの
飛翔シーンばかり狙って居られ、クビワキンクロ雌を
狙っている人は殆どいませんでした。結構珍しいと
自分では思ったのですが、意外でした。

では、また。
【2014/01/06 13:22】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ