現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

しばらく前になりますが情報を頂き以前から逢いたかった鳥の優先順位でも高かった「ミゾゴイ」に会えました。
それも東京の仙台堀川公園という都市公園の一角で初めて出かけた場所です。
今回の発見場所と時を同じくして大阪のビルの一角にもしばらく前からミゾゴイが出ていることは知っていましたが今度はラッキーなことに東京ですので願っても無いことでした
ミゾゴイ自体は記録によると一昔前には特に珍しいと云った存在ではなかったようですが開発等で環境破壊が進み一気に絶滅危惧種となってしまいました、関東でも近年数ヶ所で繁殖が記録されていますがその一部の都下の繁殖地の環境が破壊された経緯などや関係省庁の苦しい言い訳等もネットで見られますので興味のある方は是非、ご覧になって下さい
その中で一番興味深いことはミゾゴイは日本国内のみでしか繁殖していないと云うことです、その環境が開発?という大義で破壊されていくと云うことは・・・推して知るべしです。ただ今回発見された「ミゾゴイ」はチョッと育った経緯も訳ありで最終的には保護という名目で役所にて捕獲されていますがどうも様子が見えてきません。

【和名:ミゾゴイ】       コウノトリ目 サギ科       全長 49cm (翼開長) 87cm         属名 Gorsachius                                              種小名 goisagi     英名 Japanese NIight Heron

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

mizogoi 01
      体型がこんな感じで大きく見えるので成鳥かと思われますが識別の方法として成鳥は嘴の色が黒く、足の指の爪が
     長く伸びるとありますのでこの個体は成鳥ではなく「若鳥」と云うことでしょうか・・・。

mizogoi 02
    好物の大きなミミズを自力で採餌しています。 

mizogoi 03
    木止まりは何故か雰囲気があります。

mizogoi 04
    何気なく動いていますが常に目線は地上の・・・・。 

mizogoi 05
     急に足早に走り出しました。

mizogoi 06
  一点をじっと見つめて一気にエイヤッとミミズをゲットしパックンチョ。

mizogoi 07
     時には羽を広げて大サービスでしょうか・・・。

mizogoi 08
     一見、赤褐色で一辺倒で滋味ですが次列が濃紺色で綺麗なのですが撮れなかったのがチョッと心残りです。

                    Canon EOS 7D / 300 f 2.8 / IS USM         
                   ピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ