現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

在庫からの紹介で少々時期がずれた感がありますがアカアシシギをUPいたします
アカアシシギは一見、ツルシギと見た目が良く似ていて混同されがちですが夏羽はツルシギは真っ黒となり比較は容易なのですが
冬羽となると少し知識が必要です (簡単ですよ) (^.^)

 それには幾つかある明確な識別点をチェックすれば分かると思います、そのpointは大きく分けて3点あります
① 1つ目は嘴でツルシギは嘴の下半分が赤く、アカアシシギは下半分と個体にも依りますが上側も濃淡はありますが赤く
   なるので判ります。
② 2つ目は嘴の形状でスルッと細く長いのがツルシギで見た感じ細いことは細いのですが基部が太く短か目なのがアカアシシギです。
③ 3つ目は体型(スタイル)の大きさの比較的で大きい方がツルシギで比較的して小柄なのがアカアシシギです、また足の長さも
   ツルシギに比べ若干短く見えます。

【和名:アカアシシギ】       チドリ目 シギ科       全長(翼開長) 27~29cm(59-66cm )        
属名 Tringa      種小名 totanus          英名 Common-Redshank
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

akaasisigi 05
     成鳥/夏羽 ~

akaasisigi 01
  羽衣の雨覆、三列などは擦り切れた夏羽が見られることから夏羽~冬羽(1S?)と思われ一部、冬羽に換羽が始まっている
  また喉周りや首の後ろの換羽が進んでいるので全体に白っぽく見えます。

akaasisigi 02
   忙しなく動き回り時に独特の腰(尾羽)を上下に振るダンス?を見せてくれる、これはツルシギにも準じます。 

akaasisigi 03
    今回チャンスが無く飛翔シーンが撮れなかったが翼の下面は白く見え、翼上面の特徴の次列風切の白い部分が
    よく目立ちそれが撮れなかったのが残念です、飛翔時には遠目からでもその白い部分が目立ちます。
 

akaasisigi 04
     アカアシシギは日本で繁殖する数少ないシギです。北海道東部で繁殖しています。
                                              撮影:2013.7.7   葛西臨海公園にて

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                   ピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3 さん、お早うございます
 いつもコメント有り難うございます

公私ともにお忙しい中、出張ご苦労様です

私もこの時の撮影時にはホンの僅かなチャンスでした
あの場所はロケーション的にどうしても距離があって尚かつ警戒心か
なかなか物陰から出て来ずに難儀しましたが移動してもしかしたら
此処で見られるかもと待っていたときに良い感じで出てくれました

Fieldは広いですが見れる所が狭くてなかなか難しいですね

それとツルシギが10羽ですか・・・それは貴重です
なかなか纏まって見られる機会は無いと思います
広角レンズで全体が入った写真はかなり貴重だと思います
是非、そんな写真があったら見せて下さい。

>この個体、私は撮影することが出来ませんでした。
>例のシベリアオオハシシギの騒ぎの時ですよね。
>アオ、キとシベリアは、この時撮影できたのですが、
>何故か、この個体は私の前に姿を見せてくれません
でした。残念!

>この夏は、ツルシギも沢山見ることが出来ました。
>車の中からの撮影で、大変窮屈でしたが、一度に
>10羽近く居りました。時期と場所を選べば、沢山
>見ることもあるのだと思いました。

>アカアシは、この冬に撮影しており、お陰様で
>今回の識別ポイントでおさらいすることができました。
>ありがとうございました。

>では、また。

><3日に米国から帰国しました。>
【2013/11/08 07:33】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

この個体、私は撮影することが出来ませんでした。
例のシベリアオオハシシギの騒ぎの時ですよね。
アオ、キとシベリアは、この時撮影できたのですが、
何故か、この個体は私の前に姿を見せてくれません
でした。残念!

この夏は、ツルシギも沢山見ることが出来ました。
車の中からの撮影で、大変窮屈でしたが、一度に
10羽近く居りました。時期と場所を選べば、沢山
見ることもあるのだと思いました。

アカアシは、この冬に撮影しており、お陰様で
今回の識別ポイントでおさらいすることができました。
ありがとうございました。

では、また。

<3日に米国から帰国しました。>
【2013/11/07 07:33】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
MONKさん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

このアカアシシギ、云われるようにホント、足色の赤が綺麗ですよね
こんな感じで特徴の一つ一つを意識しながら撮影していき後でゆっくりと確認しつつ覚えていけば良いのではないでしょうか・・・・

私は最近、シギチの年齢判断を覚えることによって識別が平行して自然に覚えられるのではと思い、どうせやるのならと思い、やり始めました、私も皆さんが意識している所謂「ライファー」に興味が無い訳ではないのですが「ボケ」防止を兼ねて少しお勉強をと思い回り道をしているだけですが・・・(^.^) 最近物忘れが多いのでどうなることやら・・・・・。
識別は同じ仲間が居れば良い刺激となり格段に覚えるスピードは速くなります
皆さん、ご一緒しましょう(笑)

>この「アカアシシギ」は私も葛西臨海公園で見ました。
>脚の赤い色が印象的でしたが、チョット遠かったので
>あまり鮮>明に撮れませんでした。
>確かに云われてみれば「ツルシギ」に似ていますね。

>識別が簡単と云われても『やはり難しいー (>_<)』
【2013/11/04 22:18】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんわー

この「アカアシシギ」は私も葛西臨海公園で見ました。
脚の赤い色が印象的でしたが、チョット遠かったのであまり鮮明に撮れませんでした。
確かに云われてみれば「ツルシギ」に似ていますね。

識別が簡単と云われても『やはり難しいー (>_<)』

【2013/11/04 21:39】 URL | MONK #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ