現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回、取り上げた「アビ」は私が通常活用している図鑑で桐原政志/解説 『日本の鳥550 水辺の鳥』のINDEXの次ページにトップを飾っているのが今回、取り上げた「アビ」である、関東では太平洋側の銚子~房総~三浦半島の沖合で見られ、低気圧等の影響で海がシケたときなど近くの港に一時的に避難している時が唯一、近くで観察出来るチャンスだが概してそういったときは油による汚染か健康上に何らかの問題があるときが多いように思う。
【分布】
北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季になると越冬のため北大西洋、北太平洋の沿岸部に南下する。
また日本では冬季に越冬のため九州以北に冬鳥として飛来する]。また、北海道では渡りの途中に旅鳥として飛来する
【形態】
上面は灰黒褐色の羽毛で覆われる。
虹彩は赤い。嘴はやや上方へ反る。
夏羽は頭部が灰褐色、前頸部が赤褐色の羽毛で覆われる。冬羽は額から後頸にかけて黒褐色、喉から腹部にかけて白い羽毛で覆われる 【Wikipediaより】

【和名:アビ】       アビ目 アビ科       全長(翼開長) 53~69cm(106-116cm )        
属名 Gavia      種小名stellata          英名 Red-throated Loon,Red-throated Diver
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

アビ 01
     アビの夏羽の特徴はいわゆる喉元に見られるワインレッド色の模様がとても印象的だ

アビ 02
     静かな漁港内をゆっくりと移動していた。     

外川漁港
     アビが見られた漁港内にはシギチの渡り途中と思われるキョウジョシギの小群が飛び交っていた。

アビ 03
     1回だけ港の端から中央付近まで飛んでくれた時のワンショットだ・・・ただ足が・・・・。

アビ 04
    喉元のワインレッドともう一つの特徴の後頭部~襟足までの黒い筋状の模様も綺麗だ。

アビ 05
     無防備な姿勢で羽繕い中だ、腹部は真っ白で眩うばかりだ。

アビ 06
     時に勢いよく羽ばたきながら立ち上がる

アビ 07
     当日出会ったアビは、一見どことなく精細が無く時に餌取りで潜ったりはするが元気がない感じで見ると左脚が常に
     後に伸びた感じで一見骨折している風にも見れた、仮にそうであれば一生を全う出来ないかも知れない。

アビ 08
      成鳥 夏羽                            撮影日;2013.May.12    撮影地:千葉県外川漁港

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                   ピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3さん、こんばんは(こちらは)
 何時もコメント有難うございます
よっちゃん、お仕事の方もお忙しそうですね

アビの時は遅くに行かれたのでしょうか・・・
旅立つ前から最初の場所を離れて隣接した港?に居たという話を聞きました
もしかしたらその時だったのかも知れませんね

仰るようにアビの夏羽はなかなかチャンスはないかと思います
アカエリは私が行ったときにも1羽居て港内をウロウロしていました
アビが居なければ皆さんカメラを向けるかと思いますがあまり関心が
ないように映りました(勿体ないことです)(笑)
アビはまたの機会ですね

>そうそう、これがアビなのですよね。私が行った時には、
>どこかへ行っていて、似たようなアカエリカイツブリ(良く
>見ると似てませんが・・・・・)を必死で撮影してきたこと
>を恥ずかしく思い出します(てっきりアビだと思っていたのです)。
>夏羽のアビはなかなか見られないそうなので、ちょっと
>残念に思ってます。

>では、また。(@シカゴ・オヘア空港)
【2013/10/29 20:06】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
MONKさん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

>こんばんわー MONKです。

私自身、関東でアビの夏羽が見れるとも思っても見ませんでした
時たまシロエリオオハム等の夏羽も目撃されているようですが
そうそう見れる物ではないと思います

ただ残念なのは足が不自由だったのは今一、両手を挙げて良かったと云え
なかったことです

それと今回、アビが目撃されたのは銚子の外川漁港です
夷隅の太東漁港のは同じ仲間でも依り珍しいとされているハシジロアビですね

アビ類に限らず冬羽は可なり地味ですが夏羽は綺麗な羽衣になるので是非とも
チャンスがあれば見たいと思っています。

>鮮やかな色合いですね。
>「アビ」は今年の三月に千葉県いすみ市の港に入った時に見ま>したが、全く印象が違いますね。
>あの時は・・夏羽を見て見たいなー・・と思っていたのですが、こ>んな感じだったんですね。
>やはり、夏羽・冬羽の両方を見ないと、その鳥の全容を知ること>は出来ないですね、有難う御座いました。

>あの時も足に怪我をしていたようですが、同じ個体なのでしょうか?

【2013/10/29 17:16】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: こんばんは、よっちゃん3 です。

そうそう、これがアビなのですよね。私が行った時には、
どこかへ行っていて、似たようなアカエリカイツブリ(良く
見ると似てませんが・・・・・)を必死で撮影してきたこと
を恥ずかしく思い出します(てっきりアビだと思っていたのです)。
夏羽のアビはなかなか見られないそうなので、ちょっと
残念に思ってます。

では、また。(@シカゴ・オヘア空港)
【2013/10/29 00:22】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
こんばんわー MONKです。

鮮やかな色合いですね。
「アビ」は今年の三月に千葉県いすみ市の港に入った時に見ましたが、全く印象が違いますね。
あの時は・・夏羽を見て見たいなー・・と思っていたのですが、こんな感じだったんですね。
やはり、夏羽・冬羽の両方を見ないと、その鳥の全容を知ることは出来ないですね、有難う御座いました。

あの時も足に怪我をしていたようですが、同じ個体なのでしょうか?
【2013/10/28 19:31】 URL | #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ