現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

主にロシア南部から中央アジアにかけての地域で繁殖するが、中国東北部でも局地的に繁殖している。冬季はアフリカ中部から南部、インド、東南アジア、オーストラリア等に渡り越冬する。日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に本州、九州、沖縄において見られるが数は多くない。越冬する個体もいる。 【Wikipediaより】

当初、コアオアシシギを初めて見たときコアオアシシギはとても華奢な印象でした、ただその後もアオアシシギとの区別が良く分からなく時にFieldで聞かれても明確な答えが出せず困った記憶があります(今も遠目だと?・・・)
比較する際には並んでくれれば一目瞭然で判りますがアオアシシギの方が大きくてどちらかというとコアオアシシギに比べてゴツイ印象があります、数値ではアオアシ30cmに対してコアオ22cmで小柄です
また嘴の形状が違っており、とコアオは細く一直線でアオアシシギのくちばしは少し上に反っているので判りますまた足の太さもコアオの方が細くスレンダーです。

【和名:コアオアシシギ】    シギ目    チドリ科       全長(翼開長) 23~25cm(59-64cm )        
属名 Tringa 種小名 flavipes 英名 Lesser Yellowlegs

   【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

koaoasisigi 01
     スリムな夏羽のコアオアシシギです。    

koaoasisigi 02
私が鳥見を始めた7年前にはコアオアシシギはどちらかというと珍鳥グループだったと思います。

koaoasisigi 03
 正直言うとコアオアシシギは夏羽よりも冬羽の方が白が基調で清楚な所が好きです。     

koaoasisigi 04
     トウネンの綺麗な夏羽とのコラボレーションです。

koaoasisigi 05
     立派な成鳥 夏羽です。
                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                   ピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/



fieldwind さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

いろいろな意味でシギチは楽しめますね
自然相手で尚且つ「識別」等云う幅広な要素があるのは鳥の
世界でもシギチしかいません

次はどんな出会いがあるか今から楽しみです。

>並べば分かるのですが単独で見ると自信ないのは一緒ですね(^^)
>嘴がわずか反っているというのも知りませんでした。
>22羽の群れ、綺麗だろーなー。
【2013/10/22 22:00】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
並べば分かるのですが単独で見ると自信ないのは一緒ですね(^^)
嘴がわずか反っているというのも知りませんでした。
22羽の群れ、綺麗だろーなー。
【2013/10/22 10:14】 URL | Fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

よっちゃん3さんもコアオは気になるシギチの一つですか(^.^)
雰囲気ありますよね

昨年は台風後に稲敷でコアオだけの群れで30羽近くを見たときは感動しました
コアオは淡水系のシギチなのでそんな場所を意識して探せば最近は以前に比べると遭遇する機会は比較的あると思います。

それと公私共々にお忙しい件、了解です
時間が取れるようになったら連絡下さい ヨロシク!

>コアオアシシギは、私の場合、年に1回か2回くらい
>しか出会えません。結構、珍鳥の部類に入ると自分
>では思っております。アオアシシギよりも華奢である
>というご指摘が今回ありましたが、私も同感ですね。
>清楚な感じがたまらなく好きです。でも、なかなか
>出会えない。私にとっては、かなりハードルが高い
>鳥さんだと思っています。

>最近私は、私事と仕事で、殆ど休日がありません。
>来月、いや年内はちょっと鳥見は難しいかな、
>と弱気になっている今日この頃です。ちょっとした
>時間を見つけて、近場を散策してみようかと思った
>りもしております。
 
【2013/10/21 20:27】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

コアオアシシギは、私の場合、年に1回か2回くらい
しか出会えません。結構、珍鳥の部類に入ると自分
では思っております。アオアシシギよりも華奢である
というご指摘が今回ありましたが、私も同感ですね。
清楚な感じがたまらなく好きです。でも、なかなか
出会えない。私にとっては、かなりハードルが高い
鳥さんだと思っています。

最近私は、私事と仕事で、殆ど休日がありません。
来月、いや年内はちょっと鳥見は難しいかな、
と弱気になっている今日この頃です。ちょっとした
時間を見つけて、近場を散策してみようかと思った
りもしております。

では、また。
【2013/10/21 07:36】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ