現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回の道東ツアーで出逢いを期待していたタンチョウだが彼方此方廻ってみたが出会えず諦め掛けていた、それは根室を離れる日の朝、宿を早めに出てもう一度立ち寄ってみたかった海辺に近い長節小沼に寄ってみた、ここは長節湖に隣接する所で太平洋に面し砂丘が広がり辺りにはオオカサモチ(セリ科の白い花)の群生があり、エゾカンゾウやヒオウギアヤメが咲く素晴らしいロケーションの場所だった。
シマセンニュウを撮った後、移動しようと何気なく湿原に目を向けると遠くに小さく白い鳥が降りたのが目に入った、鳥までの距離はかなり遠く当初はコサギかと思ったが双眼鏡を向けるとタンチョウだった、如何せん距離があり寄れる所まで行ってみようと小道を頼りに胸丈に伸びた葦原を三脚を担いで進んだ、何とかここだという位置まで寄ることが出来た、その時の光景は目前には一面の緑と奥まった所にタンチョウと背景には小高い丘が控え、すぐ左手には小沼の湖が見えるというロケーションで辺りには見渡しても誰もいない静かな空間だった、その美しさは今でも鮮明に思い出す。

【和名:タンチョウ】     ツル目  ツル科     全長 138-152cm  (翼開長 220-250cm)    属名 Grus japonensis         種小名 Red-crowned Crane        英語名 Japanese Crane
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

道東ツアー 161a
    遠くに太平洋を臨みその手前に長節小沼を見下ろす素晴らしいロケーションの中で赤い建物(廃屋)の左でタンチョウに
    出会った。
    帰りがけにタンチョウが飛んで行った先で撮った写真がTOPの写真でその下50mほどの影にタンチョウを確認したが脅かさず
    静かにその場を後にした。  2013.7.24


   最後の画像を見て頂けると当初見られた場所の位置が分かると思う。


    暫く採餌していたが不意に飛び立った・・・。


    タンチョウの飛翔はいつ見ても優雅だ、ましてこのようなロケーションだと云うことはない。


     見ているうちにどんどんタンチョウは遠のいて行った。


     下画像の白線の先にあたる民家近くに舞い降りた。

道東ツアー 158a
     このような素晴らしいロケーションの中での出逢いにあらためて感謝したい・・・・。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                   ピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/



fieldwind さん、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます

タンチョウも夏の時期は河口や干潟で見かけることはあるのですが出来たら
湿地帯の緑の中で見たいなぁと思っていたのが通じたので余計嬉しかったです
そんな出逢いに感謝です。

>美しい背景、しかも色彩。濃い緑にタンチョウが白い絵の具をポ>ツンと落としたようで絵画の世界です。一生に何回も出会える
>状況ではありませんね。粘りが幸運を、呼びました!
【2013/09/16 15:18】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
美しい背景、しかも色彩。濃い緑にタンチョウが白い絵の具をポツンと落としたようで絵画の世界です。一生に何回も出会える状況ではありませんね。粘りが幸運を、呼びました!
【2013/09/15 12:55】 URL | Fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
MONK さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

今回、道東に出かけた際の密かな?思いはタンチョウのファミリーに出会うことでした
まぁ、それは叶いませんでしたが思わぬ所での出逢いでとても気を良くする事が出来ました

やはり良く云う「一期一会」ではありませんが特に珍しいものではなくとも遭遇した時の一瞬がバッチリ嵌ると感動があります

こんな事が遠征時のサプライズなのでしょうか・・・・

タイミングがチョッとでもズレれば出逢いはなかったのですからこればかりは思っても出来ません。

>「タンチョウ」に出会えて良かったですね。
>緑の中を翔る「タンチョウ」の優雅な姿、大蕗をバックにした「タ
>ンチョウ」、広大な原野・・・北海道ならではの絵ですよね。

>私も去年根室へ行った時に、長節湖を俯瞰する高台から「タン
>チョウ」の飛び出しを撮ったことがあります。
>素晴らしい所で私も好きな場所です。
>同じ時に海上で二羽の「オジロワシ」が「カモメ」を追い詰めて狩>りをしているところもみることが出来ました・・・遠かったので撮
>影は上手く出来ませんでしたが・・・

>このブログを拝見しながら、いろいろなことを思い出しています。
>有難う御座いました。
【2013/09/12 22:02】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

タンチョウとの初めての出逢いは昨年の冬には鶴居村等で給餌の時間に合わせて訪れた際の出逢いは叶ったのですがこの7月の時期は繁殖を追えたファミリー単位で移動している事も多くので余程情報を持っていないとなかなか出会えず行ってすぐにとはチョッと難しいかも知れません
この時期でも河口の干潟や等でもタンチョウは見るだけは見れますが私の中のイメージで撮りたかったこともあり、河口等ではカメラを向けることはありませんでした
やはり自身のイメージの中での出逢いは思いが募るものです。

>タンチョウの撮影は、やはり冬場の方が楽ですね。
>しかし、なかなか出会えないタンチョウにやっと出会えた
>感動は、何にも代えがたいものがあると思います。
>今回の素敵な出会い、おめでとうございました。

>私は以前、秋口に釧路へ出かけたことがありますが、
>餌場で待っていると数羽が飛んで来ました。湿原の方
>でも親子連れのタンチョウが居て、それなりに撮影を
>楽しむことが出来ました。しかし、雪原に映えるタンチョウ
>には敵わないな、と思って再訪を誓いました。
【2013/09/12 21:51】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんわー

「タンチョウ」に出会えて良かったですね。
緑の中を翔る「タンチョウ」の優雅な姿、大蕗をバックにした「タンチョウ」、広大な原野・・・北海道ならではの絵ですよね。

私も去年根室へ行った時に、長節湖を俯瞰する高台から「タンチョウ」の飛び出しを撮ったことがあります。
素晴らしい所で私も好きな場所です。
同じ時に海上で二羽の「オジロワシ」が「カモメ」を追い詰めて狩りをしているところもみることが出来ました・・・遠かったので撮影は上手く出来ませんでしたが・・・

このブログを拝見しながら、いろいろなことを思い出しています。
有難う御座いました。


【2013/09/12 21:14】 URL | MONK #-[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

タンチョウの撮影は、やはり冬場の方が楽ですね。
しかし、なかなか出会えないタンチョウにやっと出会えた
感動は、何にも代えがたいものがあると思います。
今回の素敵な出会い、おめでとうございました。

私は以前、秋口に釧路へ出かけたことがありますが、
餌場で待っていると数羽が飛んで来ました。湿原の方
でも親子連れのタンチョウが居て、それなりに撮影を
楽しむことが出来ました。しかし、雪原に映えるタンチョウ
には敵わないな、と思って再訪を誓いました。

では、また。
【2013/09/12 07:53】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ