現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

私的に今回の道東ツアーのメインであった落石ネイチャークルーズで出会った海鳥を順次紹介していますがご多分に漏れず大きく揺れる漁船からの手持ち撮影と云うことで当初からシャッターは出来るだけ数多く切ろうとの思いでしたがやはりブレには泣かされこれはと云ったものが殆ど無く何時になく気が重いです、まぁその辺りは差し引いてご覧になって下さいm(__)m
海鳥については出かける前から一応予備知識はサラッと見ていき識別的に悩むことはなかったのですがそれは裏を返せば殆どの種が初見・初撮りです!(笑)

国内では天売島での紹介記事などがよく見られますが知床半島のオホーツク側や青森県の一部などで繁殖が確認されており世界的にも数が減少しています。知床半島ではウトロ周辺にのみ少数の繁殖が確認されており、繁殖期は毎年5月から8月に切り立った断崖の隙間に巣を作り子育てを行っています。

【和名:ケイマフリ】     チドリ目  ウミスズメ科     全長(翼開長) 37-38cm   65.5-69cm   属名 Cepphus         種小名 carbo        英語名 Spectacles Guillemot
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

keimafuri 01
    このケイマフリ決して派手な鳥ではありませんが夏羽は目の周りの白いリングが特に目立ち見栄えがします、和名の由来の
    「ケイマ」とはアイヌ語の「ケマフレ(赤い足の意味)」から来ており、絶滅危惧2類(VU)に指定されています。

keimafuri 02
  結局この日は見られた個体数も少なく出来ればもう少し近くで何処となくトボけた顔つきのケイマフリをじっくりと見たかったです。

keimafuri 03
     天売島などでもよく見られるケイマフリは絶滅危惧種に指定されている希少種で世界的に見れば、オロロン鳥とも
     云われるウミガラスよりもケイマフリの方が希少なのだそうです。、

                  Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

鳥の名前一つとっても楽しいですよね
話の話題に事欠きません

やはり船上での撮影は幾つかの事柄をチェックしないと依りリスクの
少ない撮影は難しいです

一つはまさに天候次第ですね
二つ目は目的の鳥の、どの時期が撮りたいのか?です
三つ目は機材の選定です
これは地上での足が地に着いた撮影と全く異なりますので
よくよくいろいろな方の撮影システムをチェックして決められて下さい
以前は100-400がスタンダードのようでしたがここ最近は変わって
きています(天候次第)
大きいセットは振り回しが利かないので今一で大勢乗ったら動けませんので
要検討です。

>ケイマフリの意味が良く分かりました。アイヌ語から
>来ていたのですね。今回の写真でも確認できました。
>揺れる船上での撮影となると、SSを1000分の1秒以上
>で撮影したいですよね。1DXならISO6400でも撮影で
>きますので、何とかブレずに撮れるかな、と思いました。
>ケイマフリやエトピリカのような北海道へ行かなければ
>撮れない鳥は、私の憧れですね。何とか、近いうちに
>撮影に行きたいなと思います。
【2013/08/22 20:28】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
MONK さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます
いつまでも暑いですねぇ

今回のクルージングは初めてだったのでまずは月謝代わりです
また次のチャンスを狙ってみます

霧が無くスッキリとした青空の中、沖に出られたら最高なんですが
こればかりは運次第ですね

すべて撮り直しです。

>赤い足、アイリング、ちょっと驚いたような顔つき・・・
>「ケイマフリ」の特徴を良く捉えられていますね。
>やはりこの時期、根室へ足を運んだら会ってみたい鳥ですよね。
>「ツノメドリ」や「エトピリカ」ほど目立つ色や姿はしていませんが、私の好きな鳥の一つです。
【2013/08/22 20:15】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ケイマフリの意味が良く分かりました。アイヌ語から
来ていたのですね。今回の写真でも確認できました。
揺れる船上での撮影となると、SSを1000分の1秒以上
で撮影したいですよね。1DXならISO6400でも撮影で
きますので、何とかブレずに撮れるかな、と思いました。
ケイマフリやエトピリカのような北海道へ行かなければ
撮れない鳥は、私の憧れですね。何とか、近いうちに
撮影に行きたいなと思います。

では、また。
【2013/08/22 08:11】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
こんばんわー

赤い足、アイリング、ちょっと驚いたような顔つき・・・「ケイマフリ」の特徴を良く捉えられていますね。
やはりこの時期、根室へ足を運んだら会ってみたい鳥ですよね。
「ツノメドリ」や「エトピリカ」ほど目立つ色や姿はしていませんが、私の好きな鳥の一つです。
【2013/08/21 20:36】 URL | MONK #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ