現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

北印旛沼の土手にてサンカノゴイがよく観察出来るようになるのはその年によっても変わりますが、6月初旬~が良いようです。
特に繁殖のこの時期は広い葦原から飛び出し土手を越えて田んぼを行き来する飛ぶ姿が見られるようになり、その頻度は私なりに繁殖と大きくリンクしていてその頻度からも繁殖が順調に進んでいるかどうかが朧気ながら推測がつきます
それともう一つ気になることがあります
それは同じ葦原を生活のエリアとしているヨシゴイと競合しないのかといった疑問です、身体の大きさ的には当然サンカノゴイに軍配が上がりますが自然界では大きさの比較だけでは説得力がありませんね

【和名:サンカノゴイ】       コウノトリ目 サギ科       全長 64~80cm 翼長125-135cm
属名 Botaurus 種小名 stellaris       英語名 Great Reed Bittern
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
       画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

サンカノゴイ 01
    サンカノゴイの特徴であるゆっくりとした羽ばたきは優雅で、特に羽衣?の色合いは赤褐色の金屏風とでも表現したら
    良いのでしょうか迷うところです(チョッと褒め過ぎかなぁ)

サンカノゴイ 02
     餌取りに田んぼに入り、頻繁に警戒のため首を伸ばすと遠目からも結構目立ちます。

サンカノゴイ 03
     葦原を飛び出して餌取りに田んぼへ向かいます。

サンカノゴイ 04
  この時はチョッと変則で葦原から土手にすぐに出ず、水際を飛び、かなり遠方から田んぼへ向かいました
  この辺の「飛行経路」の推測(読み)が如何に当たるかでしょう

サンカノゴイ 05
  この時は1.5時間ほどで田んぼから一番北側のコース?を飛んで芦原に戻ってきました(読みが外れました)

サンカノゴイ 06
  一気に高度?を下げながら葦原に着陸体制で両輪もしっかり出ていますね(^.^)

サンカノゴイ 07
  失速気味に葦原へ・・・・・

サンカノゴイ 08
  一気に胴体着陸です・・・羽など痛めないのでしょうか・・・気になる所です。  絶滅危惧ⅠB類(EN)

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 &EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

よっちゃん3さんが云うようにペアが成り立つ時期のショットは
なかなか出かけるタイミングが会わず未だに撮れていません

以前は田んぼに車で入り込んで撮っている者も居ましたが農家の方の逆鱗に
触れたようでその後撮りずらくなってしまいました色々あったようですね

土手からだと私のレンズでは距離がありすぎてとても無理で諦めています(^.^)

>サンカノゴイ、確かに飛翔写真を撮るのであれば、6月
>に入ってからが良いでしょうね。今年私は、初めてGWに
>出かけて見ました。サンカノゴイが2羽居て、ウロウロと
>葦原を歩いて移動しておりました。まだ葦の背丈が短い
>時期でしたので、何とかそれらの行動を見ることができ
>ました(勿論、枝被りですが・・・)。
>今回の写真では、田んぼの中のサンカノゴイの写真が
>特に気にいりました。結構目立つことが良く分かりました。

【2013/07/25 19:01】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

サンカノゴイ、確かに飛翔写真を撮るのであれば、6月
に入ってからが良いでしょうね。今年私は、初めてGWに
出かけて見ました。サンカノゴイが2羽居て、ウロウロと
葦原を歩いて移動しておりました。まだ葦の背丈が短い
時期でしたので、何とかそれらの行動を見ることができ
ました(勿論、枝被りですが・・・)。
今回の写真では、田んぼの中のサンカノゴイの写真が
特に気にいりました。結構目立つことが良く分かりました。

では、また。
【2013/07/24 06:51】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ