現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

ホントウアカヒゲと出会いは初めて地、ヤンバルの森で極々わずかな偶然が待っていてくれました

現地の森に入ったその時、気温と湿度で噎せ返るような森の匂いというか何か懐かしさを感じました、機材を担ぎながら沢沿いの狭い林道を歩いていると辺りには丁度この時期発生した傷みのない多くの新鮮なイシガケチョウが飛び交っているのが目に入ります、その時足元から何かが動きました、よく見ると小さなエンジ色の小鳥です
これがまさにホウトウアカヒゲかと・・・それはチョコマカと左右に移動しながら地面を突いていたかと思うと目の高さの小枝まで上がり、そこであらためて美しい容姿を目の辺りにしました、鳥までの距離は3m、気持ちは時間がそこで留まって欲しいと願うのみでした、ただ鳥までの距離が至近距離で動きが取れずブラ下げていたサブ機のコンデジで数枚、納めたことで自身も落ち着きを取り戻しそこから目を離さぬようゆっくりと10m近く離れた場所まで後退しました
鳥は私の意に反して飛び去らず?視野の中にいました、よく見るとその動きが変則的でその場から去ろうとしないのです、これで近くに営巣場所があるのだと悟り、双眼鏡で観察していると今度は崖側の窪んだ所に♂の姿が消えたのです、この時それと前後するようにもう一羽のアカヒゲが現れそれがすぐに♀だと判りました、ここで間違いなく営巣しているのが確認出来ました。

【和名:ホントウアカヒゲ】  スズメ目   ツグミ科      全長(翼開長) 14cm         属名 Erithacus  komadori    種小名 namiyei (Stejneger, 1887)       英語名 Ryukyu Robin

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
       画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

yannbaru
      営巣していたと思われる場所は大人の腰の高さ辺りで他の人に見つかればその後は大凡、見当がつきます
      私がいた間、数名の方が通過していきました。      

akahige 001
      足元を何か横切ったような気がしてフト、その先を追うと何とアカヒゲ♂がそこにいてトレードマークの尾羽を
      ピンと上下している所でした。

akahige 002
      やはり尾羽をピンと上げたこのポーズが一番絵になります。


     南の島特有の「イシガケチョウ」です、なかなか留まってくれず何とか撮せました、羽全体が綺麗で羽化して間もない
     個体でしょう、イシガケチョウはバナナやパイナップルに泡盛を掛けて発酵させたトラップを掛けて集めるやり方が有名です。

akahige 004
     ♂は給餌に大忙しでせっせと餌を集めて巣に運んできます。

akahige 005
     エイヤッと飛んできて留まった瞬間です。

akahige 006
     距離は10mほど離れているのですが睨まれました。 


      途中の河原には関東でもよく見るアオスジアゲハの吸水場面が見られました、ここには全てが写ってはいませんが
      全部で24頭降りていました(蝶は1頭、2頭とカウントします)

akahige 007
     これぞいかにも日本の固有種って感じがしませんか・・・
    
akahige 008
 ♀も給餌に参加して約10分おきくらいに餌を運んでくる。餌を見てみると蝶の幼虫やミミズや小さなバッタの幼虫も見られた。

akahige 009
  これはカワゲラの幼虫の様に見えます。

akahige 010
     これはトンボの幼虫かな・・・・♀の表情はやはりどことなく優しい感じがします。

akahige 011
   ホントウアカヒゲ 成鳥♂     撮影地:沖縄国頭郡にて 2013/05/28

  ps : 翌日、どうしても気になって宿泊している所から40分ほど走って見に行った所、周囲に親の姿は見えず
      躊躇したのですが気になり巣を覗いて見たところそこには雛の姿はありませんでした、その時直感的に
      蛇にやられたのかと思いました。

           Canon EOS 7D / 300mm  f 2.8 / IS USM         
     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                 http://vmc.blog43.fc2.com/



Fieldwind さん、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます

今回の出会いはホント、ラッキーでした
改めてこの出会いが無いと後のアカヒゲはカラぶったかもしれません

また仰るように一見、コマドリ風?ですが出会ってみると微妙に雰囲気が違います

それと雛はヘビに襲われたと思われますが親も大変です
繁殖的には留鳥でもあるし、まだまだ繁殖に必要な条件は満たされているので
可能性はあると思われます

今回見たのでもたぶん2番子ではないかと思います。

>素晴らしい出会いでした
>美しい鳥と美しい映像に感動です。
>コマドリにどことなく似ていると思いませんでしたか?
>天敵はヘビだけでなく、いろいろいるでしょうから、ざんねな事で>すがまたすぐ新たなえを始めるでしょうね。イシガケもまた見て>見たい。アオスジの集団吸水もここ数年見ていないです。
【2013/06/18 16:59】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
素晴らしい出会いでした
美しい鳥と美しい映像に感動です。
コマドリにどことなく似ていると思いませんでしたか?
天敵はヘビだけでなく、いろいろいるでしょうから、ざんねな事ですがまたすぐ新たなえを始めるでしょうね。イシガケもまた見て見たい。アオスジの集団吸水もここ数年見ていないです。
【2013/06/18 08:32】 URL | Fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
MONK さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

これは個人的な感想ですがコマドリと比べて全体の身体のバランスと良い
色彩のパターンと良い、私はホントウアカヒゲの方に1票です

尾羽を上げる仕草や動き方の印象はコマドリと一緒です

英名の「Ryukyu Robin」リュウキュウも何か日本固有種という
感じが出ていて良いですね(^.^)

この出会いがなかったらまた様子が大きく変わっていたかも知れません。 

>初めて見ます、綺麗ですねぇ。
>スッキリと凛々しい感じがします。

>パッと見た時に『コマドリに似ているなっ』と思ったのですが類似>種なんですね。尾をピンと上げた姿も似ています。
>英名でも「コマドリ」はJapanese Robin、「アカヒゲ」は>Ryukyu Robinということも図鑑を調べて知りました。

>一日違いでこんな鳥が見られるなんてラッキィでしたね。
【2013/06/15 21:07】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

私が初めてこのアカヒゲを見た印象は本土のコマドリの方が色彩のパターンは
別にしてチョッとショートボディーでズングリしている感じに見えました
また囀り方も違ってコマドリは俗に言うスズを転がしたようなと云った感じで
続きますがアカヒゲは短く澄んだ声で鳴く印象でした
時には長く囀りが続くこともありますが総じて短いように感じました
今回は本当にラッキーだったと思います

正直、ヤンバルに入った初日に出会えたのでホッとしました。

>これがアカヒゲなのですね。コマドリに良く似ているな
>というのが私の第一印象です。ポーズの取り方も同じ
>ようですね。鳴き声は分かりませんが、どんな感じなの
>でしょうか?それにしても、蛇にやられてしまって残念な
>結果となってしまいましたね。自然界の厳しさを感じま
<したが、パピリオさんが前日に撮影できたのは、何かの
>縁かもしれませんね。
【2013/06/15 20:58】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんにちわー

初めて見ます、綺麗ですねぇ。
スッキリと凛々しい感じがします。

パッと見た時に『コマドリに似ているなっ』と思ったのですが類似種なんですね。尾をピンと上げた姿も似ています。
英名でも「コマドリ」はJapanese Robin、「アカヒゲ」はRyukyu Robinということも図鑑を調べて知りました。

一日違いでこんな鳥が見られるなんてラッキィでしたね。
【2013/06/15 10:52】 URL | MONK #-[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

これがアカヒゲなのですね。コマドリに良く似ているな
というのが私の第一印象です。ポーズの取り方も同じ
ようですね。鳴き声は分かりませんが、どんな感じなの
でしょうか?それにしても、蛇にやられてしまって残念な
結果となってしまいましたね。自然界の厳しさを感じま
したが、パピリオさんが前日に撮影できたのは、何かの
縁かもしれませんね。

では、また。
【2013/06/15 04:23】 URL | よっちゃん39 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ