現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

【和名:ソデグロヅル】     ツル目 ツル科     全長(翼開長) 125-137cm(230-260cm)       属名 Grus       種小名  leucogeranus     英語名  Siberian Crane

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】

        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

sodegurozuru 01
   遠くに見える褐色の個体がソデグロヅルの幼鳥です、今期は1羽のみの訪れでした。

これまで出水平野で出逢ったツルたちをご紹介してきましたが距離が遠すぎたり、なかなか思うようなショットは撮れませんでしたがそれでも沢山のツルたちの中から「ウォーリーを探せ」のようにお目当てのツルを探し出す面白さも経験出来ました、今回は全体に時間が十分取れず少々心残りもありますが沢山の素晴らしいシーンを見ることも出来、結果的には出水平野に訪れている5種類のツル全ても見ることが出来ました、ただソデグロヅルだけはなかなか近くで見ることが出来ず出水を離れる朝方、探しに行き見つけた途端、目の前を近距離で飛んでいき撮影は出来ずに残念でした(^.^)

   クロヅルのリアルな飛翔をご覧下さい。


今回は素晴らしい物を見つけましたので是非、当blogを見て頂いている方々もご覧になって下さい。

これはイギリスBBCが制作したドキュメンタリー番組です
「BBC Earthflight - Common Cranes Fly Over Venice」 (Narrated by David Tennant):

先にblogでUPしたクロヅルが水の都ベネチアの上空を飛ぶ様子を空撮した映像で羽ばたく様を見ているとまるで
自分が鳥になったかのような錯覚さえも覚える素晴らしい映像です

現在の空撮技術には目を見張るものがあります。

映像はクロヅルの視線から眼下に見えるオレンジ色の美しいベネチアの町並みが感動的な美しさで写っています

鳥が力強く羽ばたき、飛ぶ姿の美しさにはあらためて感動し、心が洗われる様な思いと人間が空を飛んでみたい

という憧れがますます募ってくるような素晴らしい映像です。

             Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
            パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                         http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3、お早うございます 
 いつもコメントを有難うございます。
千葉で見られたカナダヅルの幼鳥は生後1年を超えていてほぼ成長に
近い固体だったと思います
今回UPした固体はさらに若い一年前後の固体ではないでしょうか

ツルは現地で見ても独特で雰囲気が好きです
機会を見つけて是非、一度見られることをお勧めします
よっちゃん3には被写体としても楽しめると思いますよ

それとBBCの動画は私も感動しました
なかなかあのようなシーンは見れないと思います。

>漸く、私が見たことがある鶴をご紹介下さいましたね。
>ソデグロヅル、昨年、千葉県で出た時に撮影しました。
>その時の個体は、幼鳥とのことでしたが、今回ご紹介
>いただいたような褐色ではありませんでした。成長と
>共に、色が変わって行くのですね。今回の写真を見て、
>改めて沢山の鶴が居ることを実感できました。ただ、
>お目当ての鶴を探すことができる自信はますますなくなって
しまいました。

>さて、BBCの動画ですが、本当に素晴らしい映像ですね。
>空撮ならではの映像だと思いました。どの場面を取っても、
>それぞれが1枚1枚の写真になりそうな気がしました。
>感動的な動画をご紹介くださり、ありがとうございました。

【2013/03/13 16:52】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

漸く、私が見たことがある鶴をご紹介下さいましたね。
ソデグロヅル、昨年、千葉県で出た時に撮影しました。
その時の個体は、幼鳥とのことでしたが、今回ご紹介
いただいたような褐色ではありませんでした。成長と
共に、色が変わって行くのですね。今回の写真を見て、
改めて沢山の鶴が居ることを実感できました。ただ、
お目当ての鶴を探すことができる自信はますますなくなって
しまいました。

さて、BBCの動画ですが、本当に素晴らしい映像ですね。
空撮ならではの映像だと思いました。どの場面を取っても、
それぞれが1枚1枚の写真になりそうな気がしました。
感動的な動画をご紹介くださり、ありがとうございました。

では、また。
【2013/03/13 07:31】 URL | よっちゃん39 #YGz6v9qQ[ 編集]
fieldwind さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

このBBCの動画は初めてだったのでもうビックリしました
何れにしてもCGややらせでは無く素晴らしいチャレンジだったと思います

ハヤブサの仮の様子もありますよあのスピードをどうやってカメラに納めたのか素朴な疑問です。

>確か見たことがある気がします。雛から育てて慣らした鶴をハン>ググライダーから撮影するというものでした。ハンググライダーに>慣れた鳥を間近から撮っていました。多分同じ絵なのだと思います。
>素晴らしいですよねー。
【2013/03/12 21:12】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
確か見たことがある気がします。雛から育てて慣らした鶴をハンググライダーから撮影するというものでした。ハンググライダーに慣れた鳥を間近から撮っていました。多分同じ絵なのだと思います。素晴らしいですよねー。
【2013/03/12 17:50】 URL | Fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
MONK さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

今日は最近でも砂塵は舞うわ花粉は舞うはの最悪の日でした
MONK さんは大丈夫ですか?

出水のツルは俄勉強ではやはり目が追いつかず出水を離れる当日に
なって余裕が出て来ました(笑)

出水では広いFieldでも各種、棲み分けているんですね
もう少し早く理解していればPointを絞って探すことが出来たかと
反省しています

blogにも書きましたがあと、あの目つきの良くない?
ソデグロヅルを早く見つけていれば何とかなったと後悔しきりです(遅いって)

クロヅルとマナヅルはゆっくり撮れば良かったかな・・・(^.^)

それとBBCの動画、面白いですよね
是非、皆さんい見ていただこうと思いました。

>出水で見られる全ての種類のツルを見ることが出来て良かったですね。

>私などは「クロヅル」はなんとか識別出来ますが、「カナダヅル」>「ソデグロヅル」となるとまったく見分けられません。こんなふう >にブログで一つ一つ見せて頂いて、ようやく「あ、そうかぁー」っ>て感じです。その上、ハイブリッドとなると全くお手上げです。
>鳥音痴というか、いつも如何に漫然と見ているか・・、普段から>その鳥の特徴を頭に叩き込んでおかないと、いけないんでしょうね。

>「クロヅル」の映像、素晴らしいですね。
>ただただ感嘆するばかりです、その上「どうやって撮影したのか>なぁ?」・・と、そんなことばかりを考えてしまいます。
>素晴らしい映像を紹介して頂き有難う御座いました。
【2013/03/10 18:34】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんわー

出水で見られる全ての種類のツルを見ることが出来て良かったですね。

私などは「クロヅル」はなんとか識別出来ますが、「カナダヅル」「ソデグロヅル」となるとまったく見分けられません。こんなふうにブログで一つ一つ見せて頂いて、ようやく「あ、そうかぁー」って感じです。その上、ハイブリッドとなると全くお手上げです。
鳥音痴というか、いつも如何に漫然と見ているか・・、普段からその鳥の特徴を頭に叩き込んでおかないと、いけないんでしょうね。

「クロヅル」の映像、素晴らしいですね。
ただただ感嘆するばかりです、その上「どうやって撮影したのかなぁ?」・・と、そんなことばかりを考えてしまいます。
素晴らしい映像を紹介して頂き有難う御座いました。
【2013/03/09 22:30】 URL | MONK #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ