現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回で出水平野のツルの紹介は最後になりますが総数13,138羽の中から本のごく少数グループのツル達をご紹介します。

【和名:クロヅル】     ツル目 ツル科     全長(翼開長) 110-125cm(180-200cm)      属名 Grus     種小名 grus     亜種名 lilfordi      英語名 Common Crane
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


kurozuru 001
   クロヅルは他のツルと比べて滋味ですがシックで品があります。

kurozuru 002
   これは一応、親子と思われますが俗に言う後方はナベクロと云われているクロヅルとナベズルの
   ハイブリットです。

kurozuru 003
   何か2羽の目線が親子の愛情を感じます、一番奥に見える褐色のは多分、ソデグロヅルだと思います。

                Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
               パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3さん、こんばんは
  何時もコメント有難うございます

ご指摘?のように隙をぬってUPした訳ではないのですが週末は
予定もなかったことと花粉症が酷くて「自宅待機」と相成った次第で
時間があったのとツルの区切りを着けようかと思った次第です(笑)

話は変わりますがよっちゃん3さんが云われたように「クロヅル」の
名前の由来とは・・・ですが明解な答えは見当たりませんでした・・が
「ツル」は簡単に言えば「連なる」からきているようです

余談ですが大昔はツルは食用でもあったようで中でも「マナヅル」が
美味しいと書いてありました
え~と思った次第です。
【2013/03/12 20:18】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ちょっとご無沙汰している間に、連投で投稿されていた
のですね。レスが遅れて申し訳ありません。
本日は、まずクルヅルの記事だけにコメントさせていた
だきます。悪しからず。
さてクルヅルですが、私は見たことも聞いたこともない
鶴の名前でしたので、てっきりツルシギのような感じかな
などと勝手な思い込みで写真を拝見しました。
感想は、どこが黒いの?というものでした。ハイブリッドの
個体は、クロヅルと呼んでも良いと思いますが、普通の成鳥
の方は名前負けしているのではないでしょうか?
などと思ってしまいましたが、クロヅルに罪がある訳でも
ありません。命名は難しいな、名前の由来を探るのも
面白いかも、と思った次第です。

ところで、昨日は渡良瀬方面へ遠征したのですが、午前中
のハイチュウの出は良くなく、わずか1回だけでした。午後
の塒入りを撮影しようと早めに現地へ行ったのですが、例の
「煙霧」現象で視界が30m、しかも立っているのも辛いよう
な強風という自然条件で、早々に撤収してしまいました。
やはり一人の遠征は、粘りがないですね。

では、また。
【2013/03/11 07:32】 URL | よっちゃん39 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ