現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回の九州ツアーで個人的に一番楽しみにしていたのはこの球磨川のオオズグロカモメとの出会いだったかも知れません、何故かズッと出逢いたいと思っていた鳥で変なもので思えば思うほど会いたいものなんです、そのためにというかこのツアーは球磨川の潮時を調べることから始めたと云っても過言ではなくそこから逆算して移動時間を割り出しスケジュールを決めています、何故かというと興味のある方はすぐにピ~ンと来たかと思いますがこの地区は干満の高低差が驚くほど大きくその分、干潟が出始めると時間と共に沖へ沖へと一気に干潟が広がりそれと共に鳥が沖へ移動してしまい見づらくなるからなのです、そのような理由からも現地着は必ず干潟の出る前にと言うのがセオリーで逆のパターンはと云うと潮が上げてくるから必ずしも鳥が岸に近くまで寄るかというとそんな保証は何処にもありません、今回のように余裕を持って来てもダメな時はダメなんですが結果に対して諦めはあっさりつきます、チャンスがあったらまた来たいなと思います、オオズグロカモメは国内ではこの球磨川でしか見れないからです。

【和名:ツクシガモ】     カモ目 カモ科     全長(翼開長)  58-67cm(110-133cm)      属名   Tadorna     種小名  tadorna     英語名  Common Shelduck
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

kumagawa 001
   熊本県八代市球磨川河口(大鼠蔵オオソゾウ)地区     白いライン辺りにツクシガモの大群が見えた
 
kumagawa 002
  球磨川河口を臨む 土手沿いに大鼠蔵地区へ進んで行く (河口を挟んで対岸が小鼠蔵地区)川幅600m

kumagawa 003
   堤防の反対側(背側)には休耕田が広がりニュウナイスズメの群れを始めアトリ、カワラヒワ、ヒバリ
   カシラダカ等の群れが飛び回っていて当然、猛禽も徘徊していてハイチュウ♂、♀も遠くに見れた。

kumagawa 004
   現地ではニュウナイスズメはごく普通に見られた。

kumagawa 005
   当日の満潮は7:50で我々の現地入りは8:45で実際に潮が引き始めて最初に干潟が出始めたのは
   9:20でカモメもそれを待って次々と降りて来た・・・ホントはオオズグロカモメが1羽降りてくる
   筈でしたが等々確認出来ずに終わった、話を聞くと10回足を運んでやっと見れた方も居るとか・・・

kumagawa 006
   お馴染みの越冬中のダイシャクシギが6羽居ました。

kumagawa 007
   ここには2羽のダイシャクシギが採餌中・・・・

kumagawa 008
   オオズグロは見れませんでしたがズグロカモメ冬羽が8羽飛び交っていました。

kumagawa 009
   ズグロカモメは時に防波堤の近くまで来てくれます   

kumagawa 010
   何処を探してもオオズグロカモメは見られず防波堤を移動しながら沖目の干潟を見て行くとそこには
   ザッと数えただけでも170羽のツクシガモの大きな?群れが見られました(最初のカットの白い位置)

kumagawa 011
   昨年、関東にツクシガモが7羽、訪れて大騒ぎになりましたが居る所にはこれだけ居て当然ですが
   フレーム内には収まりません。
                     Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & / IS USM         
              パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/



satti さん、こんばんは~
 お久しぶりです
先日、噂をしていたのですが・・・・(^.^)

出水はそれはそれは素晴らしい所でした
時間が少なくて慌ただしかったのが心残りでした
もっとジックリ観察したかったです

それと出水に入る前に寄った球磨川では私の好きなズグロもいて
もう半月もすると頭だけ真っ黒になるんですよ

カメラワークの方も色々楽しまれているようですし、何処か良い
サイトに投稿もされている件OKです

見せて下さ~い(^.^)

>こんにちは(*^。^*)
>お久しぶりです
>一枚目の風景、素敵ですね!!
>鳥は大好きですが、風景も良いですね(^_-)-☆

>『ズグロカモメ』勿論はじめて(@_@)
>特に、9枚目の写真、綺麗・そして可愛いですね!

>ニュウナイスズメ・ツクシガモ 凄い数(@_@;)
>カメラに収まらない数・・・、アングルに悩みそうですね

>貴重な写真ありがとうございますm(__)m

>私も、のんびりですが写真撮っていますよ
>MF2を教えてもらって、行ってきました(^o^)丿
>とてもいい所ですね、色々な野鳥が居て
>これから、ちょくちょく行きたいと思います

>すこーしですが、投稿サイトに写真をupして
>楽しんでいます(*^。^*)
>同じ趣味の方々と語り合うのは楽しいですね!
>最近。2倍のテレコン付けて、MFにも挑戦しています
>難し~~~~い(>_<)

【2013/03/04 22:12】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんにちは(*^。^*)
お久しぶりです
一枚目の風景、素敵ですね!!
鳥は大好きですが、風景も良いですね(^_-)-☆

『ズグロカモメ』勿論はじめて(@_@)
特に、9枚目の写真、綺麗・そして可愛いですね!

ニュウナイスズメ・ツクシガモ 凄い数(@_@;)
カメラに収まらない数・・・、アングルに悩みそうですね

貴重な写真ありがとうございますm(__)m

私も、のんびりですが写真撮っていますよ
MF2を教えてもらって、行ってきました(^o^)丿
とてもいい所ですね、色々な野鳥が居て
これから、ちょくちょく行きたいと思います

すこーしですが、投稿サイトに写真をupして
楽しんでいます(*^。^*)
同じ趣味の方々と語り合うのは楽しいですね!
最近。2倍のテレコン付けて、MFにも挑戦しています
難し~~~~い(>_<)

また、寄らせて頂きますね(*^。^*)

【2013/03/04 12:08】 URL | satti #-[ 編集]
MONK さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

今回初めての九州への鳥見旅と云うことでこれと云ったイメージは
持ち合わせていなかったのですが実際に自身の目で見て
おっしゃっるようにスケールの大きさを肌で感じました

こちら関東では1羽でも大騒ぎになる鳥が50,100羽の単位で
居ると云うことは正直、ビックリしました
やはり色々見ると云うことは大事だと実感してきました。

>「ニュウナイスズメ」といい「ツクシガモ」といい物凄い数ですね。
>まったく居るところにはいるもんだ・・スケールが違いますね。
>球磨川河口の大きな干潟も広々として九州らしい大らかさを感じます。

【2013/02/21 22:21】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
  何時もコメント有難うございます

何か変わったものばかりお見せしているようで恐縮です(笑)
オオズグロカモメは今年は1羽しか来ていないようなので
なかなか出逢うのは難しいですね
ただ2月中旬ですのですでに頭部は黒くなり始めていると思われますので
現地では近くに居ればまず見落とすことはないと思っていたのですが
居ませんでした、まだ帰るには早すぎるしね

それと今回は欲張ってかなりのスピードで廻って来たので次回行けたら
今度はじっくりと見てきたいですね
鳥相が濃いいですよ
数も半端ではないし、自然が一杯です。

>オオズグロカモメというカモメが居るのですね。
>初めて聞く名前でした。国内で球磨川でしか
>見られないとは、かなりの珍鳥ですね。
>私は、ズグロカモメなら三番瀬で一度出会った
>ことがあります。ツクシガモやニュウナイスズメなども
>こちらではかなりの珍鳥ですが、居るところには
>居るものですね、驚きました。

>次回はどんな鳥さんをご紹介いただけるのでしょうか?
>今から楽しみです。


【2013/02/21 22:15】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんわー

「ニュウナイスズメ」といい「ツクシガモ」といい物凄い数ですね。まったく居るところにはいるもんだ・・スケールが違いますね。
球磨川河口の大きな干潟も広々として九州らしい大らかさを感じます。
【2013/02/21 21:57】 URL | MONK #-[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

オオズグロカモメというカモメが居るのですね。
初めて聞く名前でした。国内で球磨川でしか
見られないとは、かなりの珍鳥ですね。
私は、ズグロカモメなら三番瀬で一度出会った
ことがあります。ツクシガモやニュウナイスズメなども
こちらではかなりの珍鳥ですが、居るところには
居るものですね、驚きました。

次回はどんな鳥さんをご紹介いただけるのでしょうか?
今から楽しみです。

では、また。
【2013/02/21 07:22】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ