現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

平成25年 2月7~10日、3泊4日で九州(長崎~鹿児島)へ遠征してきました。

今回の遠征は出発の前日から気を揉み関東地方は気象庁から予防線を張って大雪の予報がガンガン流され翌朝は交通が全般にマヒ?とか・・・・
それじゃぁ前夜泊をと朝からネットで羽田周辺のホテルを必死に当たっても全て満室、世間は仕事優先でした。
強運か普段の行いが良かったのか?実際はミゾレ&雨となり内心ホッとした次第。
出発当日は天候も回復して定刻通り、機上の人となれた時点で・・・(^.^)

今回のターゲットはナベコウ、オオズグロカモメ、カツオドリと絞った中で出水平野のツルは安全パイ?ということともう一つ出発ギリギリまで明解な情報が掴めず、スケジュールの関係で九州へ入ってから現地とコンタクトを取りその状況次第で足を延ばそうかと考えていたのが珍鳥がワキアカツグミでした、早速現地入りしてからTELを掛けてみるとこれが嬉しい知らせで「前日は居たよ」との事で気分は一気に上昇気分 \(^o^)/

ちなみに今回の移動地は時系列で表すと以下の通りです
 2/7 羽田空港(6:50発)~長崎空港~諫早干拓~島原フェリー~熊本 泊
 2/8 熊本~八代市(球磨川)~出水 泊
 2/9 出水~さつま町~川内市高江~市来 泊
 2/10 市来~大浦~片浦~野間池~枕崎~鹿児島空港(17:10発)

長崎空港(9:00)着でレンタカーを受け取り9:30スタート、イザ諫早干拓地を目差して走り出しましたが今回の遠征で終始振り回されたのが車載のCarNaviでそれが大変お粗末で苛つきながら持参した資料を併用しながら走り諫早干拓には10:15に到着、まずは予習をしてきた中央干拓地へ、想像はしていたが前方は遮るものがなく広大な広さに圧倒されました。

【和名:ナベコウ】     コウノトリ目 コウノトリ科      全長(翼開長)   95-100cm(165-180cm)     属名  Ciconia        種小名   nigra       英語名   Black Stork
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

isahayakanntaku 001
   広大な諫早干拓地の中にこのような水路が幾つもあってこの水路の溝にナベコウが降りてしまうと
   なかなか見つかりません、写真をよく見ると休耕田と水路の淵に親子?2羽が見られます(クリック)

isahayakanntaku 002
   休耕田の中に小さく2羽が見られます(小さな点です)

isahayakanntaku 003
   こちらにも2羽が見られます(上と同個体)

nabekou 003
   渋い色合いの中にGreenのメタリックに輝く羽色が魅力的です。

nabekou 001
   グリーンの背景にナベコウが映えます。

nabekou 002
   大きなアクビをした時にパチリ・・・

nabekou 004
   距離は結構取っているのですが警戒されスタコラと移動中です。

nabekou 005
   車中から比較的近くで2ショットが撮れました(右が幼鳥です)

nabekou 006
   幼鳥は成長に比べて警戒心が薄く、思わぬ距離まで寄ってきてフレーム一杯です。

nabekou 007
 水路の中に幼鳥が降りて採餌していますが鉄材等の人工物が多くてそれらを避けて撮るとチャンスを逃します。

nabekou 008
   遠目ですがナベコウ成鳥の飛び物が撮れましたがこれじゃねぇ・・・・・

nabekou 009
   幼鳥ですが特に笑っている訳ではありません・・・・・

nabekou 010
   2羽が道路を挟んで左右にいて成鳥を撮っていた時、幼鳥が飛び出した瞬間です。

nabekou 011
   曇っていた時、薄日が射してきて綺麗なグリーンメタリックが綺麗です、全般に薄曇りで撮りやすかった
   のですがこれが晴れていると状況が異なり、広い場所で逆光等撮影に苦労するのかと思った次第です
   20分ほど走り廻っただけで難なく見つかったことは非常にラッキーでした メデタシメデタシ~。   

                     Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & / IS USM         
              パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/



fieldwind さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

以前から出水平野のツルは見たい見たいと思っていたので良い機会だったので
その他の鳥も廻って見れたら良いなと出かけた次第です

それぞれみんな時期ものだしね

九州エリアは鳥のスケールが全て違いますよ
一度、お出かけ下さい。

>相変わらず体力気力とも充実してますねー(^^)ナベコウはと>でも美しい鳥で驚きです。今回はガイドは付けなかったのかな?
>良く見つけることが出来ますね。事前準備が綿密だということ改めて感じます。
【2013/02/21 22:04】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
相変わらず体力気力とも充実してますねー(^^)ナベコウはとでも美しい鳥で驚きです。今回はガイドは付けなかったのかな?良く見つけることが出来ますね。事前準備が綿密だということ改めて感じます。
【2013/02/21 07:58】 URL | Fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

ハイ、大分前から出水のツルは一度は自身の目で見てみたいと思っていました
同じ国内でも紹介されているものはほんのごく一部でやはり自身の目で見たり
直に触れたりすることが一番だと大切だとあらためて感じた次第です

何と言ってもなかなかレアな情報がこちらまで伝わってきませんね

やはり思い切って出かけないと・・・・・(笑)

楽しかったですよ

>九州へ行かれてたのですね。
>今回は、ナベコウですか?
>私は初めて聞く鳥の名前でした。
>ひょっとして日本の鳥ではないのかな?
>初めて写真で拝見しましたが、かなり
>印象的な色彩ですね。広い干拓地で
>良く見つけられましたね。お見事です。

>これから、いろいろと珍しい鳥がご紹介
>されると思うと、ワクワクして来ます。

>次回のブログアップが今から楽しみです。

>では、また。
【2013/02/17 22:02】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
MONK さん、こんばんは
 早々にres有り難う御座います

今回の九州の旅は私の中でもとても印象深い旅でした
帰宅してからあらためて振り返るととても思い出深いことだらけです

何か夢中で廻って来たようでいつしか再び訪れてみたいと思っています。

>いよいよブログアップですね。

>広大な諫早の干拓地には、まさに圧倒されますね。
>緑に映える「ナベコウ」は美しく、あのメタリックな色合いが何と>も云えません。

>日頃の行い・・でしょうか、雪の関東地方から→寒いとはいえ薄>日の射す長崎・諫早へ、本当にラッキィですね。
【2013/02/17 21:55】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

九州へ行かれてたのですね。
今回は、ナベコウですか?
私は初めて聞く鳥の名前でした。
ひょっとして日本の鳥ではないのかな?
初めて写真で拝見しましたが、かなり
印象的な色彩ですね。広い干拓地で
良く見つけられましたね。お見事です。

これから、いろいろと珍しい鳥がご紹介
されると思うと、ワクワクして来ます。

次回のブログアップが今から楽しみです。

では、また。
【2013/02/17 05:56】 URL | よっちゃん39 #YGz6v9qQ[ 編集]
こんばんわー

いよいよブログアップですね。

広大な諫早の干拓地には、まさに圧倒されますね。
緑に映える「ナベコウ」は美しく、あのメタリックな色合いが何とも云えません。

日頃の行い・・でしょうか、雪の関東地方から→寒いとはいえ薄日の射す長崎・諫早へ、本当にラッキィですね。
【2013/02/16 21:22】 URL | MONK #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ