現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回取り上げたエリマキシギは中型のシギでどこか人の表情に通ずるような柔らかな雰囲気が感じられその辺りが私の好きな由縁です。
今まで出逢った場所は主に水田や湿地帯がメインで図鑑等には「干潟」と書いてあるものの基本的には淡水域を好みます、また襟巻き(Ruff)と呼ばれる謂われは繁殖地において♂の首回りに襟巻き状の華麗な繁殖羽が出来、それを広げて♀に対してディスプレイを行うと云われています、ただ繁殖地に向かう春先には日本の各中継地を通過して行きますがこの時点で繁殖羽はまだ必要なく逆に飛行するには邪魔になるので「華麗な襟巻き」は国内では見ることが出来ないのです、関東では8月のお盆の前後を境に繁殖地からの戻りとなり先に成鳥が戻り、その際エリマキは当然落として来ますが一部、その後が見られることがあります、その後今度は幼鳥グループが戻ってきてその際の引率は一部居残った♀の成鳥が当たるようですがまだまだその辺りの状況はハッキリとは解明されていないようです。
【和名:エリマキシギ】     チドリ目 シギ科    全長(翼開長)    雄 26-32cm(54-58cm)雌 20-25cm(48-52cm)          属名   Philomachus                  種小名  pugnax               英語名  Ruff
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

erimakisigi 01

erimakisigi 02

erimakisigi 03

erimakisigi 04

erimakisigi 05
                Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM         
               パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/



MONK さん、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます

そうですね、一見色彩的には地味なシギチですがその鳥独自のその時々の美しさがありますよね
特に繁殖時に見られる繁殖羽はそのシギチ属がが一番美しい時でもあります
シギチは大凡80種あまりですがその中でもエリマキシギは唯一繁殖時のみにエリマキ状の飾り羽を
備える独特の種でもあります
残念ながら日本国内ではそのエリマキは見ることが出来ません、こればかりはどう転んでも見ることは
不可能で繁殖地へ出向くことしかありません(笑)

唯一、国内で見られるのはエリマキシギが居る動物園では見れるかもしれません(^.^)

>毎回毎回鳥の美しさや、変化の驚きや面白さを実感していま
>す、有難う御座います。

>「エリマキシギ」・・私の頭の中には昨年上野動物園で見た繁
>殖期の♂の印象が強烈で、襟巻を逆立てた猛々しい動きの
>鳥・・とばかり思っていました。
>本来(?)は柔和で可愛い顔をしているんですね・・自分が知ら>ないだけで、どちらも本来の姿なのでしょうが・・。
>国内ではあのような姿は見られないとしても、この次に会う時は>夏鳥の姿を是非見てみたいと思います。

>いろいろな姿を見ることで、その鳥らしさが判るようなるのでしょうね。
>超初心者の私としては楽しみなことです。
【2012/11/11 17:20】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
よっちゃん3さん、お早うございます
   何時もコメント有難うございます

出張ご苦労様です
例の地震でどうされたのかこちらでも気になっておりました
多少距離はあるとはいえ影響が危惧していましたよ

まずはコメントを頂いたので一安心です(^.^)

それと現地の鳥さんも見られているのですね
仕事となると機材を持って行くのは邪魔になるので無理かと思いますが
300f4くらいなら何とかなるかな?

もう少し滞在されるのでしょうか、何れにしても気をつけてお帰りになって下さい。
【2012/11/11 08:04】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんわー

毎回毎回鳥の美しさや、変化の驚きや面白さを実感しています、有難う御座います。

「エリマキシギ」・・私の頭の中には昨年上野動物園で見た繁殖期の♂の印象が強烈で、襟巻を逆立てた猛々しい動きの鳥・・とばかり思っていました。
本来(?)は柔和で可愛い顔をしているんですね・・自分が知らないだけで、どちらも本来の姿なのでしょうが・・。
国内ではあのような姿は見られないとしても、この次に会う時は夏鳥の姿を是非見てみたいと思います。

いろいろな姿を見ることで、その鳥らしさが判るようなるのでしょうね。超初心者の私としては楽しみなことです。
【2012/11/10 20:38】 URL | MONK #-[ 編集]
パピリオ さん: こんにちは、よっちゃん3 です。

今、仕事でメキシコへ来ています。
初日の午前中に時間があったので、ホテルの前の
公園を散歩しました。名前は分からないのですが、
全身が赤い鳥やアオゲラに似ている鳥など多数の
鳥を見ることが出来ました。撮影用機材を持参しな
かったのが、後悔されました。

さて今回詳細にご紹介いただいたエリマキシギです
が、私も千葉県の休耕田で遭遇した記憶があるだけ
です。雌雄の違いも良く分からない感じでしたので、
恐らく幼鳥であったのか、と思われます。いつか雄の
夏羽を見てみたいと思います。沖縄辺りで見ることは
可能でしょうか?

では、また。
【2012/11/10 16:34】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ