現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

この日は9月も下旬というのに気温はまだまだ高かったが空の雲からはチョッピリ秋空を感じさせるものだった

近隣の田圃には数日前からアメリカウズラシギが入っているということで気になっていたが出かけられず、週末予定が入っていたが早朝ならと雨の中出かけてみたが結果、散々探したが見つからずフラれてしまった

その後、数日経ってから当初行った場所と少し離れた場所に居るというので再度、田圃へ出かけました

現地は水の少なくなった休耕田の一角で背の低い草がたくさん生えている中に見え隠れする場所に当初ジッとしていた、アメリカウズラシギは近似種のウズラシギと比べても渡来数は少なく数少ない旅鳥である、繁殖は北極圏エリアととユーラシア北東部といわれ、多くは南米で越冬し、一部はオーストラリア・ニュージーランドでも越冬するので日本で見られるのはその個体群の一部と思われ、渡りのルートは春の渡りと秋とは別ルートといわれています。
特に日本の秋には幼鳥の記録が多くご多分に漏れず今回観察された個体も幼鳥です。
なかなか複数まとめて同時に観察する機会がなく個体比較できないが換羽においては個体差がありこの個体は肩羽の多くは上列を除き部分的に冬羽に換羽しているが、その他の部分はまだ幼羽が殆どを占めています。

【和名:アメリカウズラシギ】       チドリ目 シギ科       全長(翼開長)   22cm       属名     Calidris      種小名   melanotos    英語名   Pectoral Sandpiper    
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ameuzu 01

ameuzu 02

ameuzu 03

ameuzu 04

ameuzu 05

ameuzu 06
    Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                           
             パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                          http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3、こんにちは
  いつもコメント有り難うございます

どうも~
アメウズは珍しいと云えばそうかも知れませんがチョッといつも
気にしていればそう難種ではありませんよ
たしか同じ頃、よっちゃんの所からそう遠くない場所にも1週間ほど
いたように聞いていました
シギチの識別は見るPointさえ整理出来ていれば大袈裟ではなく
誰でも可能だと思います

生意気なようですが皆さん、漠然と見ているような気がします
それだと頭が混乱します(笑)

私も毎回勉強中ですので一緒に楽しみましょう。

それとクマタカ、今度見せて下さい。

>またまた珍鳥ですね。アメリカウズラシギ、聞いたことも
>見たことも私はありません。フィールドで出会ったとしても
>ウズラシギということで撮影してしまうでしょう。
>このような珍鳥は、そこに居ることが分からないと撮影す
>ることは不可能だなどと私は思ってしまいます。シギ・チの
>識別、本当に難しいなと思います。パピリオさんの識別能
>にはいつも脱帽ですよ。

>さて、先週末に北関東へクマタカ撮影に行って来ました。
>初めて樹上に止まってくれたので、少しゆっくり撮影でき
>ました。秋晴れの空の下、悠然と飛ぶクマタカは最高で
>した。でも、朝だけでしたが・・・。

【2012/10/23 13:40】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

またまた珍鳥ですね。アメリカウズラシギ、聞いたことも
見たことも私はありません。フィールドで出会ったとしても
ウズラシギということで撮影してしまうでしょう。
このような珍鳥は、そこに居ることが分からないと撮影す
ることは不可能だなどと私は思ってしまいます。シギ・チの
識別、本当に難しいなと思います。パピリオさんの識別能
にはいつも脱帽ですよ。

さて、先週末に北関東へクマタカ撮影に行って来ました。
初めて樹上に止まってくれたので、少しゆっくり撮影でき
ました。秋晴れの空の下、悠然と飛ぶクマタカは最高で
した。でも、朝だけでしたが・・・。

では、また。
【2012/10/23 08:12】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
MONK さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございますm(__)m

勉強していますね
私も負けないようにじっくりと勉強します
本来、シギチに入るのはそれぞれ特徴の出ている夏羽から見始めるのが
一番理想なのですがタイミング的になかなか難しいですね

あとは羽の部位を丸暗記するのが良いかと思います。

>まず図鑑で特徴と「ウズラシギ」との違いを確認。『胸と腹の境>がはっきりしている』ことが判定のポイントのようですね。
>幼鳥であることの特徴としてのサブターミナルバンドも写真を拡>大してみると、それらしきものが見られます。

>こうやって、じっくり見ると判りますが、全く予備知識なしに「この>鳥はなんだ?」といわれたら・・・多分???でしょうね。
>お陰様で勉強になります。『シギチ』シリーズ助かってます(^v^)  有難う御座いました。
【2012/10/22 21:33】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんわー

まず図鑑で特徴と「ウズラシギ」との違いを確認。『胸と腹の境がはっきりしている』ことが判定のポイントのようですね。
幼鳥であることの特徴としてのサブターミナルバンドも写真を拡大してみると、それらしきものが見られます。

こうやって、じっくり見ると判りますが、全く予備知識なしに「この鳥はなんだ?」といわれたら・・・多分???でしょうね。
お陰様で勉強になります。『シギチ』シリーズ助かってます(^v^)  有難う御座いました。
【2012/10/21 21:36】 URL | MONK #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ