現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

このところシギチが続きますが今回は滋味~な、オジロトウネンをUPします
通称;ジロネンという愛称で呼ばれていますがどこでも普通に見られると云ったポピュラーな種ではなく、いつも単独か時には他のシギチ類と一緒のところを見る機会が多い様に思います
私の印象はいつも泥の様な所で見る機会多いことと羽色も灰褐色で滋味滋味な奴と云った感じです、ジロネンはほぼ内陸性のシギで今まで海水のあるところでは見たことはありません
体型の印象は小さいながら胴長短足の体型で足は緑がかった黄色でやや短めなことからスタイルが良いとは云えません、もう一つ大きな特徴は初列風切がスッと伸びて、さらに尾羽先端が初列風切先端よりも大きく突きだした様に見えるのが識別のpointです
この個体は幼鳥でその特徴でもある肩羽や雨覆にサブターミナルバンドが明確に見えます、Fieldでは田の湿地の泥をつつきながら少し夏羽の残ったトウネンたちと歩き回っていました。

【和名:オジロトウネン】       チドリ目 シギ科       全長(翼開長)   13-15cm(34-37cm)       属名     Calidris      種小名    temminckii     英語名    Temminck's Stint
   
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ojirotounenn 001

ojirotounenn 002
     1w  サブターミナルバンドのラインが見える

ojirotounenn 003
                 Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                           
                パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます。

よくField撮っていてう~ん、チョットな・・・
と言う個体がいますがやはり数カット色々な角度から
撮って帰ってからチェックしてみると良いと思います

見れる見れないは別にしてシギチは約80種ですから一度
リストから今まで撮った物をチェックしてみると良いかと思います

次回に目標?と言うか意欲がわきますよ (^.^)

>私も「ジロネン」らしき個体は撮影したことがあるのですが、
>なかなか自信を持って、そうです、とは言えません。
>シギ・チの世界は本当に奥深いですね。
>休耕田へは、あまり出かけていないので、淡水生のシギ・チ
>の種類が増えません。そんな中でツバメチドリは、その名前
>の通り、ツバメっぽい姿で比較的楽に識別できますね。
>顔つきも個性的で私は好きです。その点、「ジロネン」は
>どうも地味な印象です。早く、自信を持って識別できるよう
>になりたいものです。

>では、また。

<追伸>今週末は、クマタカを求めて北関東へ遠征します。
【2012/10/18 14:11】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
MONKさん、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます。

いやぁ、MONKさんは自身でよく勉強されているので頭が下がります
そんなことから私もウカウカしていられないと飲み込みの悪さを回数で
カバーしています、やはりこういうことが良い相乗効果になるのですよね
まずはFieldでよく見てとりあえずは余裕があればそれぞれのチェック
出来る角度から撮っておいて自宅でゆっくり見るのが良いのかと思います

それにはまず「羽各部の名称」を覚えるのが先決ですよね

そうすると写真を見るのが楽しくなります
分からないことはドンドン写真を見せ合って云った方が良いです
偉そうに云っていますが私もまだ70%くらいかなぁ・・・えへ

一緒に覚えましょう♪

>私が同じ所で見た時は「オジロトウネン」と「トウネン」計3羽が
>いて、「ジロネン」は足が緑色をしているという知識しかないの
>に、どれも脚が泥で黒くなっていたため識別が出来ませんでした。
>とにかく、一羽ずつ写真を撮っておいて、後からためつすがめつ>見比べながら比較してみました。
>羽先がスッと伸びていることで、「ジロネン」と判断しました。
>あらためて「鳥の各部名称」を調べ、詳細に比較し直して、初列>風切の形状を着目して見て納得した次第・・・お恥ずかしい(*^_^*)
>お陰様で勉強になりました。

>ターミナルバンドはこの前判りましたよ。

>ただ、その場でパッと判断するには、いろいろな鳥や数を見な
>いといけないなと思っています。
>シギチ教室も一線を抜けるまで苦労しそうですね・・・ヘッヘツ
>ヘ・70過ぎての手習いですよ。
>あまり人様には云えないことですが<`~´>
【2012/10/18 14:03】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

私も「ジロネン」らしき個体は撮影したことがあるのですが、
なかなか自信を持って、そうです、とは言えません。
シギ・チの世界は本当に奥深いですね。
休耕田へは、あまり出かけていないので、淡水生のシギ・チ
の種類が増えません。そんな中でツバメチドリは、その名前
の通り、ツバメっぽい姿で比較的楽に識別できますね。
顔つきも個性的で私は好きです。その点、「ジロネン」は
どうも地味な印象です。早く、自信を持って識別できるよう
になりたいものです。

では、また。

<追伸>今週末は、クマタカを求めて北関東へ遠征します。
【2012/10/18 08:37】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
こんばんわー

私が同じ所で見た時は「オジロトウネン」と「トウネン」計3羽がいて、「ジロネン」は足が緑色をしているという知識しかないのに、どれも脚が泥で黒くなっていたため識別が出来ませんでした。
とにかく、一羽ずつ写真を撮っておいて、後からためつすがめつ見比べながら比較してみました。
羽先がスッと伸びていることで、「ジロネン」と判断しました。
あらためて「鳥の各部名称」を調べ、詳細に比較し直して、初列風切の形状を着目して見て納得した次第・・・お恥ずかしい(*^_^*)
お陰様で勉強になりました。

ターミナルバンドはこの前判りましたよ。

ただ、その場でパッと判断するには、いろいろな鳥や数を見ないといけないなと思っています。
シギチ教室も一線を抜けるまで苦労しそうですね・・・ヘッヘツヘ・70過ぎての手習いですよ。
あまり人様には云えないことですが<`~´>
【2012/10/17 21:38】 URL | MONK #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ