現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

オバシギは小型のトウネンなどと比較すると大きめのシギで、トウネンの倍くらいの大きさがある中型のシギです、特徴はまさに地味で冬羽や幼鳥は一見コオバシギとよく似ていますがそれよりも目が慣れてくると一回り大きめの身体に長く大きめなクチバシで見分けがつくようになります
オバシギの分布を調べてみるとシベリア東北部・北極圏のコマリからアナジルにかけての限られた山岳のツンドラ地域で繁殖するいわば地域限定の鳥と記されており、冬季はアジアを中心にオーストラリア大陸に渡って越冬するようです。
日本では秋と春の渡りの時期に見られますが、私的にここ数年、渡って来るオバシギの数が激減しているように感じています。
オバシギは二枚貝等が好物で三番瀬でもよく貝を咥えているシーンが見られます、是非来年の春(4月中旬~)には夏羽のオバシギに出会えることを楽しみにしたいと思います。

【和名:オバシギ】       チドリ目 シギ科       全長(翼開長)26-28cm(62-66cm)      属名  Calidris     種小名  tenuirostris     英語名   Great Knot
   
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

オバシギ 01
      幼羽~第一回冬羽に移行中

オバシギ 02
    juvenile     

オバシギ 03

オバシギ 04
                  Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM
                             
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/



satti さん、おはよう御座います
    コメント有り難うございました

先日はこちらこそお世話になりました
僅かな時間のアヤでしたが残念でしたね
でも最終的には何とか帳尻はあったのかな?・・・・・

私も一日、炎天下、我慢比べだったせいか最後はボォッとしていました(笑)

まぁ、たまたま私たちが良かっただけでああいったことは日常茶飯事ですよね

今後はホント、お近くなので宜しくお願いします
やり取りが出来るようになれば連絡も出来ますしね(^_-)

また、何処かでお会いしましょう。

>ホオジロカンムリヅルの撮影『5分前』に移動してしまい大失敗した者です。
>13日は本当に暑い一日でしたね(^.^)
>あの日の教訓、『じっと、我慢 移動するべからず』です

>写真拝見させていただきました、すごいですねぇ~~。
>私は、まだまだ・・・・。本当に難しいです、どうしたらいいのか・・・。 
>ただ。シャッターきるのみですね(^_^)
>また、拝見させていただきますね
>これからもよろしくお願いしますm(__)m
【2012/10/15 09:55】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
MONKさん、おはよう御座います
 いつもコメント有り難うございます

昨日は楽しみにされていたのにあいにくの鳥見日和りとなってしまいましたね
お疲れ様でした

おっしゃるようにシギチ観察は第1に当日の潮時の把握と第2に天候、第3に
目的とするシギチの動静を把握することから始まります、これは鉄則でこれを
基に計画を立てます

最近の傾向は貝取りが多いので干潟が出始めるのを近場で待っていて俄に
降りてきて採餌し始めて短時間で移動する傾向が見られます(鳥による)ので
その時間は外せません

極端な言い方をすれば時間を外して干潟に行っても鳥はもぬけのカラ状態です

それとこれからはハマシギやミユビシギが近くでじっくり観察出来る時期なので
まずは図鑑写真をしっかり撮って羽の部位など勉強されたら如何でしょうか・・・
私もやっていま~す(^.^)

>やはり若鳥だったのですね。
>実は私も同じカットを撮って、その時は「オバシギ」だと思ったの>ですが、少し色みが薄いような気がして図鑑を幾つか見比べて>見ていました・・自信のなさですね・・こんなことで悩んじゃうんです。
>やはり、ちょっと幼い感じはしますよね。

>鳥の場合もjuvenileという云い方をすることは初めて知りました。
>英話辞典を見直しちゃいました (*^_^*)

>シギチ自習の第一回に行って来ましたが、見事フラレました。
>あと30分は早く行くべきでした・・・
>通えばイイって訳じゃなくて、時期や時間も考えて・・・
>というのが今回の貴重な教訓です。
>「ハマシギ」はじっくり見て来ました。
【2012/10/15 09:45】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんは、パビリオさん
ホオジロカンムリヅルの撮影『5分前』に移動してしまい大失敗した者です。
13日は本当に暑い一日でしたね(^.^)
あの日の教訓、『じっと、我慢 移動するべからず』です

写真拝見させていただきました、すごいですねぇ~~。
私は、まだまだ・・・・。本当に難しいです、どうしたらいいのか・・・。 
ただ。シャッターきるのみですね(^_^)
また、拝見させていただきますね
これからもよろしくお願いしますm(__)m
【2012/10/14 22:33】 URL | satti #-[ 編集]
こんばんわー

やはり若鳥だったのですね。
実は私も同じカットを撮って、その時は「オバシギ」だと思ったのですが、少し色みが薄いような気がして図鑑を幾つか見比べて見ていました・・自信のなさですね・・こんなことで悩んじゃうんです。
やはり、ちょっと幼い感じはしますよね。

鳥の場合もjuvenileという云い方をすることは初めて知りました。
英話辞典を見直しちゃいました (*^_^*)

シギチ自習の第一回に行って来ましたが、見事フラレました。あと30分は早く行くべきでした・・・
通えばイイって訳じゃなくて、時期や時間も考えて・・・というのが今回の貴重な教訓です。
「ハマシギ」はじっくり見て来ました。
【2012/10/14 20:01】 URL | MONK #-[ 編集]
よっちゃん3さん、こんにちは
 何時もコメント有難うございます

写真数は結構撮ってあるのですがなかなか上手く撮れません
距離があったりすると解像が悪いし・・・・
今年は残念ながらオバシギの夏羽が撮れなかったのが残念です
特に珍しい種ではないのですが取り損ないました

でも日本では皆さん地味だから粗末にしていますが欧米では超珍鳥だそうです

そんな訳で一旦挫折?していたシギチの識別を再度勉強しようと思っています。

>オバシギ、私も撮りましたよ。地味ですが、良いですね。
>これからご紹介されるのかもしれませんが、
>コオバシギも居ましたね。

>沢山のシギ・チの中から数少ない種類を探すのは
>なかなか大変ですよね。そんな中、オバシギは
>比較的単独で行動することが多いので、意外と
>見つけ易いですね。
>そろそろシギ・チの渡りは終わりですが、冬の鳥たち
>がやって来ますので、近いうちにまた三番瀬へ行って
>みたいと思います。
【2012/10/14 16:35】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

オバシギ、私も撮りましたよ。地味ですが、良いですね。
これからご紹介されるのかもしれませんが、
コオバシギも居ましたね。

沢山のシギ・チの中から数少ない種類を探すのは
なかなか大変ですよね。そんな中、オバシギは
比較的単独で行動することが多いので、意外と
見つけ易いですね。
そろそろシギ・チの渡りは終わりですが、冬の鳥たち
がやって来ますので、近いうちにまた三番瀬へ行って
みたいと思います。
その前に、北関東方面へクマタカの撮影に行ってみよう
と思っております。

では、また。
【2012/10/13 06:45】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ