現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

7月上旬、宮古島の日の出は横浜より1時間半近くも遅い6時前に夜明けを迎えます、まず朝食前に一仕事?近場のサトウキビ畑に出掛けます、宿から車で5分も走れば広大なサトウキビ畑が広がり当日の朝、現場には日の出前に着いていました、ミフウズラは朝、夕がチャンスで今回は初めての場所と云うこともあり早朝の6:00~にチャレンジしてみました、早朝は人の気配が少ないことから警戒心も薄くサトウキビ畑沿いの道路をミフウズラが歩いていることも多く時に道路の真ん中にいることもありました、日の出の頃はまだまだ全体に光量が足りず道路に出てきても私は殆ど撮りません、何故ならば場所がらすぐに畑に潜り込まれる事が多く撮影効率が悪いことと個人的にイメージしている絵にならず積極的に撮る事はありませんでした。

【和名:ミフウズラ】  ツル目  ミフウズラ科   全長(翼開長) 14cm~18cm     属名 Turnix     種小名 suscitator           英語名 Barred Buttonquail
         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

mifuuzura 01
  昨年の石垣島でも何とかミフウズラを撮りたいと探しましたが土地勘もなくおまけに鳥の習性や活動する時間等全く考えずに
  現地に出かけた為、ただウロウロしているだけで今から考えると無知な様子がよく分かります、そんな反省点も踏まえて今回は
  リベンジの意味でさらに無い知恵を絞りTRYしてきました(笑)

mifuuzura 02
   <今回、個人的にはミフウズラを探す際、以下の3点は捨てることにしました>
  1.車道沿いは強いて探さない。
  2.広い場所を意味なく車で流すことはしない。
  3.サトウキビ畑の隙間を覗いても効率が悪いので探さない・・・・でした

   無謀とも云えるかも知れませんがサトウキビ畑の中は彼らにとって単なる塒だと割り切り、結果バッチリでした(^_-)

mifuuzura 03
      <まずは警戒されないよう基本は車内からの撮影に徹します>

   1.まず事前にサトウキビ畑に隣接する静かな空き地や休耕地を探しておく
   2.サトウキビ畑の境目に当たる場所の小道や特にその道路の突き当たり等を探しておく
   3.前日の明るい時間にロケハンを済ませてPointをNAVIにインプットしておく
   4.出来るだけ順光で撮れるよう事前に車を止めておき、けっして外に出ず車内で待つこと
      ※この時間(日の出)は眩しい陽がドンドン上がるので逆光は致命的になります。

mifuuzura 04
  以上のように当日の朝は事前に下見した場所に直行することで短かな時間、効率的に撮影が出来ると思いました、先日も
  現地で鳥を探しながら車でグルグル回っていたバーダーさんとお会いましたが限られた時間であまりにも効率が悪いように思い
  ました、このような形がミフウズラを撮るにかぎり最も有効な方法だと私は思います (晴天時に限ります(^.^)

mifuuzura 05
  知らずしてミフウズラをご覧になると勘違いしそうですが一見変わった鳥でタマシギのそれに良く似ています、一般に鳥の仲間は
  ♂の方が♀よりも綺麗で派手なのですがこの種は反対で♀が派手です。また繁殖期は一妻多夫で♀はボーボーボーと低い
  声で♂を誘い産卵すると抱卵~育児は♂の役目となり♀は他の♂を求めて移動するそうです。

mifuuzura 06
  ミフウズラは留鳥ですが活性が上がる時期は梅雨入りから真夏の暑い時期と云われています、これには理由があり春と秋の
  渡りの時期はミフウズラの天敵?のサシバの渡りの時期ともラップすることでその時期は姿が見えなくなります、そのような理由
  から繁殖時期は4月~8月とされています、ただ残念なことに今回は楽しみにしていた親子の微笑ましいシーンを期待してい
  たのですが見れませんでした、次回に期待です。

mifuuzura 07  
         こんな場所がサトウキビ畑の淵です、幼鳥でしたがこの後、素早く畑の中へ消えていきました。

                 Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

                パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



fieldwind さん、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます

えっ、何だろう・・・・・
う~ん、アマサギがたくさん居た場所かなぁ・・・
判った!ガードレールの所に出て来たヤツかな?

あれはまさしく「ツルクイナ」だと思っています
石垣でもそうそう見られない鳥なので珍鳥の部類です?
これから潰していく見たい鳥の一つでもし成鳥♂夏羽を撮ったら
それは自慢出来ますよ(^.^)
昨年、我孫子に出たらしく地元の人でも難しい。

私クイナ好きですから・・・ハハハ

それと場所の選定?ですが今までの先達の方々のblogから
参考になる地名が出て来ますのでそれを便りに現地では自身の
感でしょうか、まだまだ面白い話が沢山ありますよ フフ
今度お会いした時にでも聞いて下さい。

>石垣の時にパピさんが見たような気がすると言っていたウズラ。
>見事にリベンジしましたねー(^▽^)/
>しかも作戦を周到に考え、準備して・・お見事でした。
>それにしても上の条件に当てはまる場所は無数にあると思いま>すがどのように場所を絞ったのですか?
【2012/08/12 15:14】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
石垣の時にパピさんが見たような気がすると言っていたウズラ。
見事にリベンジしましたねー(^▽^)/
しかも作戦を周到に考え、準備して・・お見事でした。
それにしても上の条件に当てはまる場所は無数にあると思いますがどのように場所を絞ったのですか?
【2012/08/11 22:14】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
よっちゃん3、おはよう御座います
 いつもコメント有り難うございます。

アドバイスというほどの大袈裟なことではないのですが
一応体験談として見て頂けたら幸いです

いやぁ、サトウキビ畑、広いですよ
故に」何処にいるのか皆目見当がつきません(^.^)
何人かの方でもこのblogを見てくれて参考になればと思います。

>ミフウズラ早朝撮影作戦、大成功でしたね。
>やはり、鳥の習性を良く知って、その上で的確な
>場所で待つということが大切なのですね。
>自分が普段、如何にいい加減に撮影しているか、
>改めて思い知らされました。運を頼りに出かけても
>なかなかうまく行きませんよね。特に初めての場所
>は、無駄な待ち時間ばかりが過ぎることになりそう
>ですものね。良いアドバイスとして今回の解説を読ま
>せていただきました。ありがとうございました。

【2012/08/09 07:25】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: こんにちは、よっちゃん3 です。

ミフウズラ早朝撮影作戦、大成功でしたね。
やはり、鳥の習性を良く知って、その上で的確な
場所で待つということが大切なのですね。
自分が普段、如何にいい加減に撮影しているか、
改めて思い知らされました。運を頼りに出かけても
なかなかうまく行きませんよね。特に初めての場所
は、無駄な待ち時間ばかりが過ぎることになりそう
ですものね。良いアドバイスとして今回の解説を読ま
せていただきました。ありがとうございました。

では、また。
【2012/08/08 14:11】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
MONKさん、おはよう御座います
 いつもコメント有り難うございます。

ミフウズラは特に珍しい鳥ではないのですが撮ろうと思うと
なかなか思うようには撮らせてくれません

行ってみると分かりますが見渡す限りサトウキビ畑です(笑)
チラッと見たところで近寄れば逃げます
そんなところから苦し紛れでの対応です

何とかなるもんですよ(^_-)
近い時はフレームアウトしました
でも正直、車の中からと云えども思うようにはいきません。

>「ミフウズラ」・初めて見ました。可愛い鳥ですね。
>三斑鶉と書くこと、鹿児島県のレッドデータに登録されているこ>とも初めて知りました。
>貴重な鳥の写真だけでなく、生態、♂♀の特徴なども良く判ります。
>有難う御座いました。

>貴重な写真だけでなく、野鳥を撮影する時の注意事項や初め>ての場所で鳥を探す時の要領・考え方なども参考になりました。

>これだけの知識や事前調査をした上で出掛けなければ鳥撮り
>の成果は得られないのだ・・ということも良く判りました。
>そうすれば、その鳥に対する興味や愛着も一層湧きますよね。
>それに較べて私は・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 反省!

【2012/08/08 07:46】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こんばんわー

「ミフウズラ」・初めて見ました。可愛い鳥ですね。
三斑鶉と書くこと、鹿児島県のレッドデータに登録されていることも初めて知りました。
貴重な鳥の写真だけでなく、生態、♂♀の特徴なども良く判ります。
有難う御座いました。

貴重な写真だけでなく、野鳥を撮影する時の注意事項や初めての場所で鳥を探す時の要領・考え方なども参考になりました。

これだけの知識や事前調査をした上で出掛けなければ鳥撮りの成果は得られないのだ・・ということも良く判りました。
そうすれば、その鳥に対する興味や愛着も一層湧きますよね。
それに較べて私は・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 反省!

【2012/08/07 21:51】 URL | MONK #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ