現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

南の島レポートとしてご紹介しているアジサシ類もこれで第4弾目となります、今回ご紹介する「ヒメクロアジサシ」は当初第一弾目でご紹介した「クロアジサシ」の近似種であり、国内では超珍鳥と云っても過言ではないアジサシです、出掛ける前から頭の片隅にもしかしたらと淡い期待もありましたが正直、先達の方々も見る機会に恵まれなかったということも聞いていたのでそう強い思い入れはありませんでした、やっとの事で現地に着きクロアジサシのコロニーを目の辺りにした時、希に見る多数のクロアジサシで思考が一瞬消えたかのようでした、心の中で落ち着けと言い聞かせながら、観察した方が良いのか写真に納めた方が良いのか一瞬戸惑っている自分がいました.

【和名:ヒメクロアジサシ】      チドリ目 カモメ科      全長(翼開長)33-35cm(65cm)        属名 Anous     種小名 minutus             英語名 Black-Noddy

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

himekuroajisasi 01
自身で時に一瞬、不可解な行動をすることがあります、その時何を思ったのか徐に双眼鏡を覗き込んでわざわざ離れている鳥たちを見始めました、暫しフト目を近場に向けると中にクロアジサシより一回り小さく体型もシャープで体色はこげ茶色というより黒に近く、額から頭部が白く目立ち、嘴が細く長いアジサシが目に飛び込んできてこれがヒメクロだと直感で分かりました、

himekuroajisasi 02
見つけた時は素直に喜ぶ前に何とか記録に納めようとするのですが沢山のアジサシ達が飛び交う中で比較的距離も近かく逆にじっくり納める事が出来ず気は焦るばかりでした、一番悩まされたのは炎天下地表に反射する光でモニターの確認が間々ならず露出が掴めなかったことで結果ボツの山でしたがもしもの為にと設定をズラしたりと何とか見れるものが少数残ったので良しとしました

himekuroajisasi 03
少しずつ目が慣れあちこちを隈無く観察してみると複数の個体が確認出来ました、ただカウントしていると一気に飛び交ったりしカウントに自信はありませんが9羽としました、ご存じのようにこの種のアジサシは南方の外洋性と云うこともあり、陸側では殆ど目にする機会も無く、今回の出逢いは非常にラッキーだったと思っています (さて、この中に何羽のヒメクロアジサシがいるでしょうか・・・)

himekuroajisasi 04
帰りの時間を気にしながら他に目を向けると前に紹介したアジサシ類の他にベニアジサシ等も見られましたが暑さで頭がクラクラするのと満足感もあって集中力は落ちるばかりで撮った写真は証拠写真レベルでした。

                     Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
   
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                           http://vmc.blog43.fc2.com/



fieldwind さん、おはよう御座います
   いつもコメント有り難うございます。

怒濤?・・・・私にしてはね(^_-)
ドンドン頑張っていかないと後が使えていますので頑張ります(^.^)
アジサシだけでも一度にこれだけ見られるのだからそれだけ貴重な場所と
云うことですのでこれで一度に人が押し寄せて行ったらセーブが利かなくなり
一気に破壊されてしまいます

それと液晶シェードですが持っていたのですが車に置き忘れました
いつものドジです(笑)

これは私にとって必需品です
皆さん、余り使っていないようですが人ごとながら心配です
ヒストグラムを見ているのかなぁ・・・

>おお!怒涛の更新ですね。
>名前もしらないアジサシ達、こういうのが混在しながら乱舞して>いるということですね。
>そもそもスマートなアジサシですが黒と頭の白いこの子は痩せ>すぎくらいスマートに見えます。

>モニターの見えずらいのには閉口しますよね。
>よっちゃん3の言われている液晶シェード試して見たいです。

【2012/07/25 07:58】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
おお!怒涛の更新ですね。
名前もしらないアジサシ達、こういうのが混在しながら乱舞しているということですね。
そもそもスマートなアジサシですが黒と頭の白いこの子は痩せすぎくらいスマートに見えます。

モニターの見えずらいのには閉口しますよね。
よっちゃん3の言われている液晶シェード試して見たいです。
【2012/07/24 22:42】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
MONK さん、こんばんは
いつもコメント有り難うございます

偉そうな事は云えませんが事前準備って本当に大事だと思います

特に初めての場所や初めて出会えるであろう鳥たちの情報は持っていると
無いとでは大違いだと思います
やはり撮りっぱなしでは何のために出かけて行ったのか目的が半減して
しまうと思います
私自身、いつも反省しきりなのは鳥の識別点ですがもう実際に目の辺りに
すると思い出すのは1/2です(笑)

また自分の描くイメージは撮って人様に見て貰うのが目的ではないのですが
東平安名崎なんかは帰る日に予定を変更して再び訪れたのですが天候なども
変化があってより良いイメージは描けませんでした

それとMONK さんのノゴマ、早く見てみたいですね
私は恥ずかしながら未だノゴマは撮ったことがありませんので次の目標です
これも出来たら道東で見てみたいという思いがあるんです。

>こうやって-「クロアジサシ」-「マミジロアジサシ」-「エリ>グロアジサシ」-
>「ヒメクロアジサシ」-と比較しながら見ると、それぞれの特徴がよく判りますね。

>いざ現地へ行って沢山の鳥を眼の前にしてしまうと、私なんてどれが何だか
>判らなくなってしまいます。
>その為にも事前に、よく目的の鳥の特徴と自分の撮りたいイメージを作っておく
>ことが大切なことがよく理解出来ました。
>道東ツアーの時に『事前のイメージ作りが大事だ』といっておられたことが
>少しずつ判って来ました。

>それから、目的の鳥を見付けた時の緊張感と胸がドキドキするような気持ちは
>本当に判りますよ。
>鳥撮りの難易度は数倍も違いますが・・今回根室ツアーで「ノゴマ」を撮る
>ことも私の目的の一つだったんですが、見>付けた時は嬉しかったし”絶対に
>失敗しないように撮ろ>う!”と思ってものすごく緊張してしまいました !(^^)!
【2012/07/24 20:08】 URL | Papilio #P.3V4vFE[ 編集]
こうやって-「クロアジサシ」-「マミジロアジサシ」-「エリグロアジサシ」-「ヒメクロアジサシ」-と比較しながら見ると、それぞれの特徴がよく判りますね。

いざ現地へ行って沢山の鳥を眼の前にしてしまうと、私なんてどれが何だか判らなくなってしまいます。
その為にも事前に、よく目的の鳥の特徴と自分の撮りたいイメージを作っておくことが大切なことがよく理解出来ました。
道東ツアーの時に『事前のイメージ作りが大事だ』といっておられたことが少しずつ判って来ました。

それから、目的の鳥を見付けた時の緊張感と胸がドキドキするような気持ちは本当に判りますよ。
鳥撮りの難易度は数倍も違いますが・・今回根室ツアーで「ノゴマ」を撮ることも私の目的の一つだったんですが、見付けた時は嬉しかったし”絶対に失敗しないように撮ろう!”と思ってものすごく緊張してしまいました !(^^)!
【2012/07/24 14:47】 URL | MONK #-[ 編集]
よっちゃん3、こんにちは
 いつもコメント有り難うございます。

ヒメクロアジサシ、是非ネットで検索をしてみて下さい(^.^)
ご紹介した分、この機会知っていただけると幸いです
私も出掛ける前から見られそうなアジサシの識別にとスクラップを
作って持参しました、なかなか頭では分かっているのですが良い
機会だったので実際にFieldで識別が何処まで出来るかと
思っていました
それと先輩達には飛んでいる時にでもしっかり識別をされている方が
いるので凄いなぁ・・・といつも思っています

やはり何か一つでも自身で物にしていきたいと思います。

>ヒメクロアジサシ、名前すら聞いたことがないような
>アジサシですね。ご提示いただいた写真でも、どれが
>そうなのか、矢印でも付けていただかなければ分から
>ないなと思いました。識別もそうですが、カウントも
>難しいですよね。シギ・チの観察に行くと、野鳥の会の
>方がカウントしている姿を目にしますが、止まっている
>個体は何とか数えられますが、飛んでいる個体はとても
>無理だと思います。しかも混群ともなるとその難易度は
>格段に上がってしまうでしょう。パピリオさんのご苦労が
>偲ばれますね。

>さて炎天下でのモニターの確認には、私が使っている
>ような液晶シェードを試していただけると良いかと存じます。
>周りからの光を少しさえぎってくれるので、かなり見え方が
【2012/07/24 11:52】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ヒメクロアジサシ、名前すら聞いたことがないような
アジサシですね。ご提示いただいた写真でも、どれが
そうなのか、矢印でも付けていただかなければ分から
ないなと思いました。識別もそうですが、カウントも
難しいですよね。シギ・チの観察に行くと、野鳥の会の
方がカウントしている姿を目にしますが、止まっている
個体は何とか数えられますが、飛んでいる個体はとても
無理だと思います。しかも混群ともなるとその難易度は
格段に上がってしまうでしょう。パピリオさんのご苦労が
偲ばれますね。

さて炎天下でのモニターの確認には、私が使っている
ような液晶シェードを試していただけると良いかと存じます。
周りからの光を少しさえぎってくれるので、かなり見え方が
改善されると思います(http://www.amazon.co.jp/Delkin-EOS-7D-%E7%94%A8%E6%B6%B2%E6%99%B6%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%89PRO-DDPSHP-C7D/dp/B0041UKPKA)[今、在庫切れです]。

では、また。
【2012/07/24 07:58】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ