現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

だいぶ時間が経ってしまいましたが4月中旬に茨城まで出掛けて観察してきたカナダヅルをUPします、聞く所によると現地にはかなり前に飛来して来ていたとのことで居る所には居るんですねぇ・・・と思った次第です
出掛けた当日は朝から低く雲が垂れ込めた陽気で前日の夕方には心ないCマンにて無理矢理飛ばされ、それをビデオに撮っていたとのことでその後、姿を消していたとのことを耳にしていたのでダメ元で現地まで行った次第です
現地に着くと既にCマンが20,30名おり、心配とは裏腹に乾田の最深部にカナダヅルは居ました
ツルまでの距離は7,80mとかなりあり、準備を済ませて観察していると徐々に真ん中ほどまで近づいて来ました、休むことなく餌をついばんで特に人を恐れるといった感じはなく、全体に身体も大きい分、撮影は出来ました、ただその後も終始餌を啄んだ姿勢で特に動きに変化がないこともあり、2時間ほどで撤収しました、初めて見た印象は淡いグレーをベースに独特の微妙な美しい羽色で頭部の所謂、皮膚が露出した部分の赤みは薄く、近くの方の話では若鳥との話でした、今年はソデグロヅルから始まり、タンチョウヅル、カナダヅルと何故かツルづいていました(^.^)

和名:【カナダヅル】   ツル目 ツル科    全長(翼開長) 95-100cm(175-195cm)   属名 Grus  種小名 canadensis        亜種名 canadensis       英語名 Sandhill Crane

         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

canadazuru 01

canadazuru 02

canadazuru 03

canadazuru 04

【NATIONAL GEOGRAPHICより】
カナダヅルは世界中のツルの中で最も数が多く、この大型の鳥は、主に北アメリカにおいて見られ、南はメキシコやキューバへと渡り、西はシベリアまで移動する。なお、数千万年前の中新世の化石が現代のカナダヅルと多くの類似点を持つことが分かった・・・
・・とありました、移動のコースが異なるので希に日本による程度なので国内では珍しい部類なのでしょう。

                Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                    
                パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



MONKさん、おはよう御座います
 いつもコメント有り難うございます。

それぞれの鳥たちの生活パターン一年を通して見ているとホント
その逞しさの中に子孫を残すための身を削る行動力、やはりこれが
様々な思いを込めての鳥に対する「ロマン)を感じます

云って頂いたようにこのBlogをオープンするに辺り一番悩んだのが
blog名でした、今あらためてこの命名で良かったと思っています

それと「NATIONAL GEOGRAPHIC」ですが確か今年のお正月にご紹介したように
記憶していますがアレを見ているとワクワクしてしまいます(笑)

>この「カナダヅル」といい、今年も再会をはたした「メリケンキア
>シシギ」といい、鳥達の行動範囲の広いこと・その逞しさには驚>かされるばかりですね。
>こういう鳥達を見る度につくづく『鳥ロマン』を感じます。

>実は「NATIONAL GEOGRAPHIC」の存在は知っていたので
>すが、パピさんのコメントを見てから今回初めて見てみました。>「カナダヅル」の鳴き声も聞きました。
>また少し世界(?)が広がりました (*_*;
>有難う御座いました。
【2012/05/31 08:08】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
よっちゃん3、おはよう御座います
 いつもコメント有り難うございます。

>私は、このカナダヅルも結局見に行くことはできません
>でしたので、パピリオさんが羨ましく思います。

そうですね、来年というか次は是非、出水に行ければと思っています
やはり今の時期から今期を振り返って情報集めをしなければと思っています

これがまた行くまでの前哨戦で楽しいんですよね(^.^)

あとツル達の飛翔写真ですが私も好きですね
ただ自分なりにイメージがあってバックは山々が良いかなぁ

>ソデグロにタンチョウもゲットされたとのことで、これに
>ナベヅルとマナヅルそれにアネハヅル等を加えれれば、
>日本で見られるツルはすべて制覇できますね。
>と言うことは、次の遠征地は出水の方でしょうか?
>何て、私もまだ行ったことがないので、出水に行って
>みたいと思っているだけなのですが・・・。

>ツルの写真は、やはり飛翔シーンが美しいですね。
>それと、雌雄でじゃれあっていたり、ヒナを連れていたり、
>と言ったシーンが目に浮かびます。しかし単純な飛翔
>シーンを除けば、これらのシーンは日本ではタンチョウ
>しか撮影できませんね。となると、夏の北海道も良い
>かも・・・。草原の小鳥たちを撮影してから、子育て中の
>タンチョウに会いに行く、などと想像を膨らませてしまいます。
>その前に、アカショウビンを何とかしなければ、などとも
>思っております。想像ばかりが先走っておりますね。
>どこかへご一緒できればと思っております。

【2012/05/31 07:51】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
この「カナダヅル」といい、今年も再会をはたした「メリケンキアシシギ」といい、鳥達の行動範囲の広いこと・その逞しさには驚かされるばかりですね。
こういう鳥達を見る度につくづく『鳥ロマン』を感じます。

実は「NATIONAL GEOGRAPHIC」の存在は知っていたのですが、パピさんのコメントを見てから今回初めて見てみました。「カナダヅル」の鳴き声も聞きました。
また少し世界(?)が広がりました (*_*;
有難う御座いました。
【2012/05/30 21:25】 URL | MONK #-[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

私は、このカナダヅルも結局見に行くことはできません
でしたので、パピリオさんが羨ましく思います。

ソデグロにタンチョウもゲットされたとのことで、これに
ナベヅルとマナヅルそれにアネハヅル等を加えれれば、
日本で見られるツルはすべて制覇できますね。
と言うことは、次の遠征地は出水の方でしょうか?
何て、私もまだ行ったことがないので、出水に行って
みたいと思っているだけなのですが・・・。

ツルの写真は、やはり飛翔シーンが美しいですね。
それと、雌雄でじゃれあっていたり、ヒナを連れていたり、
と言ったシーンが目に浮かびます。しかし単純な飛翔
シーンを除けば、これらのシーンは日本ではタンチョウ
しか撮影できませんね。となると、夏の北海道も良い
かも・・・。草原の小鳥たちを撮影してから、子育て中の
タンチョウに会いに行く、などと想像を膨らませてしまいます。
その前に、アカショウビンを何とかしなければ、などとも
思っております。想像ばかりが先走っておりますね。
どこかへご一緒できればと思っております。

では、お元気で。
【2012/05/30 07:37】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ