現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

2/24の2日目後半レポートもすでに終盤に差し掛かって来ました、今回はやや控えめ?に大好きなコオリガモ、シノリガモと
最後に再びビロードキンクロとご紹介していきます

ただこのカモたちに出会った頃はすでに陽が傾き始めていて皮肉なことにその頃を境に様々な出会いがありました、今回、道東に
来る前からこのカモだけは外せないと思っていたのがコオリガモであのイヌのぬいぐるみを彷彿させるような愛くるしい雰囲気は誰しも
同じ思いを寄せていることでしょう

また、ある意味珍鳥?と云っても良い、とてもラッキーなことに普段見る機会のないビロードキンクロの♀タイプにも出会いがあり
嬉しい限りです。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
       画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

011 3.24
     学名:Clangula hyemalis ♂ コオリガモ(氷鴨) 嘴の先部がピンクなので成鳥と識別出来ます

012 3.24
     この写真では♂の特徴の一つの中央尾羽が伸びているのが確認出来ます

013 3.24
     ペアーなのでしょう氷の上でランデブーとは羨ましい~(^.^)  でも冷たそう・・・

0183.24
     学名:Histrionicus histrionicus ♂ シノリガモ(晨鴨) 目が出ないですねぇ

0193.24
     左手、先頭が♀で後続に3羽♂が仲良く続いています

014 3.24
     学名:Melanitta fusca srejnegeri ♂ ビロードキンクロ Asiatic white-winged scoter

015 3.24
     ビロキンが丘に上がってお休み中とは!ヒドリガモならいざ知らず (ヒドリさんゴメンなさいm(__)m)

016 3.24
     Melanitta fusca srejnegeri ♀ ビロードキンクロ Asiatic white-winged scoter

017 3.24
     私自身、ビロキン自体の観察例が乏しい中、♀タイプが2羽も見れたのには正直、ビックリしました
     当初は別種かとも・・・・・ウソですよ(笑) 以前アラナミキンクロ♀の識別記事を読んでいたので直ぐに
     ピ~ンと来ました、ピ-----ンぐらいかな(笑)

     7枚目の陸に上がっているビロキンの画像をよく見ておいて下さい、次回にヒントが隠されています

       引っ張るなぁ~~ホント!です・・・ここからドラマが・・・・・始まります。

               Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 or 2.0 / IS USM                                     
                パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/




よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

コオリガモ、可愛いでしょう(^.^)
やはり厳寒地、道東の鳥見では外せませんね
タイミング的に流氷が無い時期だと多分、距離がありそうですし
流氷がビッシリだとカモさんは何処かへ行ってしまうし、これは
難しいですね
運、不運もあるでしょうね

>流氷にコオリガモとは、見事な撮り合わせですね。
>以前にも書きましたが、私は海での撮影を殆どした
>ことがなく、当然、コオリガモもシノリガモも図鑑で
>知っているだけでした。北海道へ行くとこうしたカモ
>にも会えるのですね。益々行きたくなってしまいました。
>それにしても、ミステリー仕立てのブログとは、大変
>凝った構成になって来ましたね。次回の記事が今から
>楽しみです。

【2012/03/29 23:01】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
fieldwind さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

尾羽の件が繁殖羽かどうかは??です
ただ幼鳥では短いですのでその意味合いがあるのかも知れません

またビロキンの♀は余り他の方のblogでも紹介されていない様なので
珍しいと思います。

謎解き?の件ですが悪戯に引っ張るつもりではないのですが全体に枚数が
多いのでそのような構成にしました
まぁ、お楽しみに・・・・・

>コオリガモもちろん未見のカモです。
>この長く伸びた尾羽はもちろん繁殖羽なんでしょうね。

>ビロキンのメスのタイプ!
>初めて聞きました。
>もちろんこちらでは遠い遠いところのがチラッと見えるだけです
>からタイプまではとても分かりませんから・・・
>謎解きが楽しみです(⌒-⌒)


【2012/03/29 22:55】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

流氷にコオリガモとは、見事な撮り合わせですね。
以前にも書きましたが、私は海での撮影を殆どした
ことがなく、当然、コオリガモもシノリガモも図鑑で
知っているだけでした。北海道へ行くとこうしたカモ
にも会えるのですね。益々行きたくなってしまいました。
それにしても、ミステリー仕立てのブログとは、大変
凝った構成になって来ましたね。次回の記事が今から
楽しみです。

では、また。
【2012/03/29 07:49】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
コオリガモもちろん未見のカモです。
この長く伸びた尾羽はもちろん繁殖羽なんでしょうね。

ビロキンのメスのタイプ!
初めて聞きました。
もちろんこちらでは遠い遠いところのがチラッと見えるだけですからタイプまではとても分かりませんから・・・
謎解きが楽しみです(⌒-⌒)
【2012/03/28 22:14】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ