現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回で道東、鳥見レポートも3回目となりますが中身はまだ2日目です(^.^)
そのくらいこのツアーは私にとってはレポートする内容の濃いツアーでした、今回は2日目/午後のレポートですが見て頂きたい
写真が沢山あって2回に分けてUPします
私のblogは鳥の写真はさておき、道東fieldの様子が少しでも伝わればと今回も撮影場所の様子を幾つか載せてありますので
ご覧になって下さい。

2/24 午後に根室入りし、当日の宿泊先「民宿 たかの」の前に着くとニコニコと玄関先にご主人が待って居てくれ、ご挨拶を
済ませて早速、お願いしてあった根室半島のガイド用の1BOXに乗り込みました、まだ風はそこそこありますが納沙布岬を目指して
待望の半島鳥見ツアーはスタートです。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
       画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

根室半島
   根室市内を出て流氷にビッシリと閉ざされた根室湾を左手に見ながら走ります

001 3.24
   納沙布灯台が見え始め、納沙布最先端はもう目と鼻の先です

002 3.24
   トーサムポロ沼に差し掛かった所で左手にホオジロガモやコオリガモが見えました(写真:コオリガモ♀)
   
003 3.24
   写真:トーサムポロ沼:ホオジロガモ♀

004 3.24
   納沙布最先端から見た外洋(オホーツク海)には一部、シャーベット状な氷で埋め尽くされています。

005 3.24
   途中に寄った歯舞港でオジロワシが飛んでいました。

008 3.24
   係留してあった船の陰からビロキンが見えました、10mほどの至近距離です(参ったなぁ)

009 3.24
   向こうからドンドン近づいてきてテレコンを外すのが間に合いません(ノートリ)

010 3.24
   この場所で出会ったビロキンは衝撃の7羽の群れでとても近くてリラックスしていましたが日没に掛かり始めていたので
   ブレブレの量産でした(花咲港にて)

007 3.24
   オジロ君も普通?に飛んで居ました

006 3.24
   ここが最後に寄った花咲港で地域的に根室湾側が前日、大荒れだったのが幸いしてか結果的に水面が出て
   いて鳥が一番集まっていました、この画像の中にはアイサ類と各種カモメがウジャウジャと居ました。

               Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 or 2.0 / IS USM                                     
                パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



fieldwind さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

>やっぱりいつか行ってみたい憧れのフィールドです!

是非、お出かけになって下さい
年々、様子が少しずつ変わってきています
あの極寒のFieldは一度は見ておかなくては・・・・・

一人かせいぜい二人が良いかな・・・・・。
【2012/03/25 20:29】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

仰るように鳥は居る所にいるものだと変に感心してきた今回の
ツアーでした(笑)

ビロキンについては私が好きなこともありますがやはり海の様子や
氷の状態でガラッと様子が変わるのだと思います

時には一日違いで様子が変わることも大いにあると思います

ただこれまではとても恵まれた状態には違いはありません

あと撮影の条件等は殆ど車の中からなので自由が利きませんし、慌てて
しまうので頭が回りませんでした(反省です)

やはりこの時期は海が荒れるとサプライズが大いに期待出来ます。

>今回のレポートを拝見し、まず一言、「いやー、参りました」。
>やはり、居る所には居るものなのですね。
>本当に驚きました。宮城県の伊豆沼に行ったときに、
>2万羽を超えるマガンの群れに圧倒されましたが、
>花咲港の鳥の群れは、それに匹敵するのでしょうね。

>次にビロキン、何でそんなに近くで撮れるのと思いたく
>なるような写真ですね。ISOを上げて、もう少し高速で
>シャッターを切りたかったですね。ちょっと、残念!
>こちらでは、ビロキンは最低でも50mくらいの距離は
>覚悟しなければならないと勝手に思っておりました。
>リラックスしている表情を含め、これにも驚きました。

>今後のご掲載がますます楽しみになって来ました。

【2012/03/25 20:25】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
おおー!!ビロキンがビロキンが・・こんなに近く!

やっぱりいつか行ってみたい憧れのフィールドです!
【2012/03/25 17:34】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

今回のレポートを拝見し、まず一言、「いやー、参りました」。
やはり、居る所には居るものなのですね。
本当に驚きました。宮城県の伊豆沼に行ったときに、
2万羽を超えるマガンの群れに圧倒されましたが、
花咲港の鳥の群れは、それに匹敵するのでしょうね。

次にビロキン、何でそんなに近くで撮れるのと思いたく
なるような写真ですね。ISOを上げて、もう少し高速で
シャッターを切りたかったですね。ちょっと、残念!
こちらでは、ビロキンは最低でも50mくらいの距離は
覚悟しなければならないと勝手に思っておりました。
リラックスしている表情を含め、これにも驚きました。

今後のご掲載がますます楽しみになって来ました。

宜しくお願い致します。

では、また。
【2012/03/25 06:41】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ