現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

早いもので暦は3月(弥生)となり昨日は啓蟄、ここ横浜でも寒さはまだまだの感があるものの日に日に雨の日が多く
なってきて緩やかに季節も春めいてきました
ここ暫くblogの更新がいつもより増して?長いブランクが空いてしまい大変にご迷惑をお掛けしました
実は昨年秋口より計画していた道東へ2/23~26(三泊四日)まで鳥見に出かけていましたが最終日(2/26)、知床
玄関口の斜里町に着いたとき、家人から訃報が入り、その日遅くに帰宅してから先週1週間慌ただしい日々を送って
いたという次第です
道東に出かけた際の写真も未だ手付かずですが何とか色褪せない内に道東レポートをUPしたいと思っていますので
今暫くお時間を下さい。
======================================================================================================
     2012“「道東-極寒の鳥見旅レポート」 2/23~2/26   【準備 編】

まずは極寒の道東に絞った防寒対策について体験談から今後、行かれる方の少しでもお役に立てればと思い準備編
として書いてみました (不明な点はメールでお問い合せ下さい)

【日程決定 編】
日程を決めるポイント;
今回、初めて極寒の道東を訪れるにあたり、主目的は海鳥と流氷の上でオオワシ、オジロワシを是非、一度は間近で
見たいと思っていました、
まずは過去(一、二年)の記録から「海氷情報センター/第一管区海上保安庁」の流氷接岸状況を見始めました、要は
オホーツク海側ではなく知床半島の太平洋側に流氷が接岸して安定する頃が大凡、2月中旬となります、ただ流氷は
天候・風向き次第で一日で大移動することもあります、因みに流氷が岸寄りに接岸しないと羅臼のクルーズ船は出航
しませんのでデータを見ながら考慮して下さい

2.26 流氷図
     (2/26 羅臼港よりクルージング船乗船時の流氷図)

今回、シマフクロウ撮影は大勢の海外ツアーの予約があって残念ながら取れませんでした

【防寒対策 編】 私の場合、気温が-15~20℃という寒さがどんなものなのか想像がつかず、当初、防寒具を準備
するにサイトやblogを探し廻りましたが殆どの所で明確な記述が無く、手探り状態で準備しました
   (これが一番疲れたかな (^_^))

1.下着(上・下);通常、身に着けている物で十分ですがあらためて購入するのであれば発汗性の優れたヒートテックが
  良いでしょう(厚手で無くてもOK)
2.顔・首・手等
* 防寒帽?・・・極力、肌の露出を覆うことで毛糸が楽でお奨めでバラクラバ(目出し帽)を被った上で毛糸の帽子を被る
  のがベターです
  個人的には上記の組み合わせがお奨めですが極寒の中で所謂、戦闘帽?タイプの耳宛が着いている帽子も人気が
  あります、私的には撮影時に帽子のつばが当たるのが気になりますがあくまでも好みで選ぶと良いでしょう

* 手袋・・・寒さの中で主に撮影を考えた場合、一時的に指先が出せて鳥待ちの場合など手全体が覆えるミトンタイプが
  お奨めです、指先が出ない所謂、手袋はシャッターを切る等、細かな動作を都度、行うことを考えた場合、使ってみると
  分かりますが感覚がNGです
  実際にミトンタイプ(750円)を使った場合、少なくとも右手の指先は露出し、寒さで悴みますが撮影の合間にミトンで
  カバーすれば暖かいので何ら問題なく外で終始撮影しても問題はありませんでした
  寒い中、絶対に避けなければならないのは水っけで水分を含んでしまう手袋や軍手等は全くNGですので止めた方が
  良いです。

3.靴下;2枚重ね・・・・下に特に発汗性の良いもの+上にウール80%程度の物を着用
    ※ 綿類は汗をかくと冷たくなるのでNGです

4.防寒長靴;季節物なので11月後半頃から各メーカーで販売が始まるので早めにチェクしながら購入品を決めます
  物が決まったら必ず幾つかのサイトで価格を比較しないと高い買い物をしてしまいますので要チェックです、Pointは
  以下です
・必ず中にウレタンインナーが入っている物を選ぶこと(5~6mm厚)
・靴裏にスパイクの有無は好みですが用途からすればあった方が良いかも(私のは有る)
  
● 選ぶ際、短靴(カリブー他)か長靴かで迷いますが用途から雪の中に足を踏み入れることやぬかるみや水たまりを気に
  しなくて良いこと、また脱いだり履いたりを考えると長靴に軍配が上がります、短靴は専門の物が結構ありますが紐という
  ことや長靴のメリットを考え、使用頻度が1シーズン2回として最終的にコストや価格を検討すると長靴に落ち着きます。
 お勧めの防寒靴

* 防寒ジャケット;ジャケットは一般的なものでpointはまず風を通さないことが目的で内部は防寒構造になっていれば
  あとはお好みで特に高価な物は必要ないでしょう
  一番良いのは一度だけ投資して近くの釣具屋でシーズンオフに上下タイプを購入しておくことです(デザイン的にも格好
  良いしね)
  私は以前、購入したジャケットを持っていたので下は別途サロペットタイプを購入し、持参したのですが結果的には一度も
  使う機会はありませんでした。
======================================================================================================
【今回の冬の道南行き スタイル】 参考

* 頭部・・・バラクラバ(薄手の目出し帽?)を被った上に毛糸の帽子を着用
* 上半身・・・ヒートテック(上)+ハイネックシャツ+ネルシャツ+フリース+ジャケット(両側ポケットにホッカイロで暖を取る)
* 下半身・・・ヒートテック(下)+ユニクロで購入した防寒タイプのズボンのみ

* 足部・・・2枚重ね・・・・下には特に発汗性の良いもの+上にウール80%ソックス

* 防寒長靴・・・内部にはウレタン生地(5~6mm厚)インナー付属 Type
       軽量スパイク付き
【荷物】
* 小型スーツケース(着替え等)宅急便で一泊目のホテルへ送り
* 出発日 カメラバック+三脚ケース+細長バック(防寒具中心+雲台ほか) 計3個
 ● 機内持ち込み・・・カメラバックのみ(機内持ち込みサイズについてはルールがあり、厳守)
   手荷物預け・・・三脚ケース+細長バック(防寒具中心+雲台ほか)

※ くれぐれも手荷物検査はスマートに行きましょう。。。。ね

                   次回からツアーのレポートを何回かに分けてUPしていきます。




coraさん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

来シーズン?行きますか? すごい!!

そういえば根室の「民宿たかの」にお世話になった時に女性の
バーダーさんと一緒になり、夕食をご一緒しましたが仙台からの
お一人旅でレンタカーで廻って来たと伺いました

その時、羅臼漁港のコオリガモ情報を頂きました(^.^)

現地では生きた情報交換が大切だと思います

ですから観察した場所の地名は必ずMemoすると良いです

荷物は宅急便を旨く利用すれば良いかと・・・・・
レンタカー店に相談して送っちゃうとかね(^_-)

>お疲れのところ、ご親切なアドバイスありがとうございます。
>来冬は道東を予定していますので、参考になります。
>近づきましたら、質問させていただくこともあるかと、
>どうぞよろしくお願いします。
>普段は車の移動ばかりで楽しているから、
>カート引いて、カメラとレンズのリック背負って、三脚担ぎ、
>貴重品入りのバック持って、これが一番大変でした。

>北海道の撮影画像、楽しみにしています。

【2012/03/09 19:03】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
お疲れのところ、ご親切なアドバイスありがとうございます。
来冬は道東を予定していますので、参考になります。
近づきましたら、質問させていただくこともあるかと、
どうぞよろしくお願いします。
普段は車の移動ばかりで楽しているから、
カート引いて、カメラとレンズのリック背負って、三脚担ぎ、
貴重品入りのバック持って、これが一番大変でした。

北海道の撮影画像、楽しみにしています。
【2012/03/08 23:50】 URL | coraltree #RAa2TALo[ 編集]
Furoさん、どうも
 いつもコメント有り難うございます
誰かとな~と思いました(^.^)

天候も一時心配しましたがまずまずの陽気で道東と云われる場所は
一通り、見て来ましたので行かれる時は少しはお役に立てるかと思います。

>やっぱり冬の北海道となると準備が大事なんですね。
>現地での収穫も半分くらいは準備に左右されそうです。

>沖縄の時の手荷物検査では苦労しました(;^_^A

【2012/03/08 18:41】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
やっぱり冬の北海道となると準備が大事なんですね。
現地での収穫も半分くらいは準備に左右されそうです。

沖縄の時の手荷物検査では苦労しました(;^_^A
【2012/03/07 22:36】 URL | Furo #oZwc76Mg[ 編集]
よっちゃん3さん、こんばんは
 何時もコメント有難うございます

何とかレポート書き始めました(^.^)

よっちゃん、ご質問の件ですが今回、出かけた道東のみの範囲とさせて頂きますが856は
出番はなかったと思います
全コース内をカバーするのであれば54と100-400があれば
OKですが実際の運用で画質を重視するのであれば54の出番があると思いますがそうで
なければ100-400が1本あればカバー出来ます

私達のグループは3人ともサンニッパ+テレコンの組み合わせで全く問題はなく、取り回しを
考えたらgoodでした
私もスペアとして100-400を持って行きましたが出番は無く、時に車の中からの撮影も
あったりするので主レンズ1本にしないとチャンスを逃すと思います

流氷クルーズ船からのオオワシやオジロワシ等は70-200で十分です、私はサンニッパ
のみで逆に少し遠目を撮っていたほどです、そんなことから個人的にはサンニッパ+テレコンが
総体的にベターです

サロベツとかで小鳥たちを撮るのであればやっぱり856でしょうね

次回、チャンスがあったら是非、ご一緒しましょう。

>今回、私は仕事の関係でご一緒できませんでしたが、
>次回、もしこのような企画がありましたら、早めにお知らせ
下さいね。
>さて、飛行機での遠征の場合、いつも私が気にしている
>のが、超望遠レンズの扱いです。私の場合、普段使って
>いるレンズが856ですので、できればこれを持って行き
>たいのですが、機内持ち込みできるかどうか不安が残る
>ので、いつも控えめに54と100-400を持って行きます。
>実際、856まで必要なシーンはそれほどないのですが、
>何故か普段なじんでいるレンズで撮影しないと落ち着かない
>ような気がします。と言う訳で、皆様が持参された装備に
>ついて、差し付けない範囲でご教示いただければ幸いです。
>856のようなレンズは必要ない、と結論付けていただける
>と次回の遠征を考えるときに、気が楽になります。

【2012/03/07 19:15】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

いよいよ、北海道遠征報告が始まるのですね。
ご報告、大変楽しみに致しておりますよ。

今回、私は仕事の関係でご一緒できませんでしたが、
次回、もしこのような企画がありましたら、早めにお知らせ
下さいね。
さて、飛行機での遠征の場合、いつも私が気にしている
のが、超望遠レンズの扱いです。私の場合、普段使って
いるレンズが856ですので、できればこれを持って行き
たいのですが、機内持ち込みできるかどうか不安が残る
ので、いつも控えめに54と100-400を持って行きます。
実際、856まで必要なシーンはそれほどないのですが、
何故か普段なじんでいるレンズで撮影しないと落ち着かない
ような気がします。と言う訳で、皆様が持参された装備に
ついて、差し付けない範囲でご教示いただければ幸いです。
856のようなレンズは必要ない、と結論付けていただける
と次回の遠征を考えるときに、気が楽になります。

宜しくお願い致します。

では、また。
【2012/03/07 08:11】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ