現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

コウライアイサはアジア大陸東部の限られた区域で繁殖すると云われ、世界的にも希に見る個体数が少ないと云うこともあって昨年暮れ、降って湧いたように神奈川県厚木に♀タイプが出現した以来、今年も冬の訪れ前の10月末に今度は♂の飛来が確認されて一気にバーダー間で大きく盛り上がりを見せています
アイサ類は特に警戒心が強く、河原等の見通しの利く場所では特に距離を詰めて観察さえ難しく撮影にいたってはとても難易度が高い種の一つです

昨年♀タイプもまともな記録が残せず、今回は特に♂と云うことで何としてでも撮りたいという気持ちが強かったように思います、またコウライアイサは頭部が濃緑色で光線の加減や角度によっては目のキャッチが全く入らず、撮影に関しても光の具合によって大きく左右され、やはり光が全体に廻る晴天時が必須の条件と云えます・・・・・と云っても私は未だこの時点では実際に出会っていないのですが・・・・・(笑)

当初、振って湧いたように「コウライアイサ♂成鳥 出現!」のNEWSが舞い込み、場所も良く通っている神奈川県東部S川ということで大凡の状況は掴めました
発見されて間もない頃、コウライアイサはかなり好条件下で見られたようですがその後、見られたり数日確認が出来なかったりとストレスからか大きくムラが出てくるようになってきました、今回いちばん悔やまれることは連絡を貰ったその週末に野暮用があってどうしても出かけられず、当日駆けつけた多くのバーダーは距離も近く、良い条件下で観察されたようでやはりこの辺りが週末バーダーの弱みといったところでしょうか

その翌日、前日の好情報から早朝に現地入りしたもののコウライアイサは前日のストレスが祟ったのか全く姿を見せず、個々で探すよりもと現地で会った鳥友達と別々に探してみたものの発見するには至りませんでした
その後に休暇を取り、一人で下流域から上流域までじっくりと歩いて見たものの噂はその時抜けたとの事のせいかCマンともほとんど出合わず、現金なもんだなぁ・・・と思った次第です
その数日後、半分諦め掛けていたところ鳥友から別の支流に居るとの情報を貰い、再度リベンジに出かけました、当日まずは支流側を散策するも多くは他のカモ類でアイサは全く気配すらありませんでした、しばらく待っていると鳥友から連絡があり、届いた様子を頼りにあらためて本命のS川へ向かいました
土手に上がると5,6名のCマンが見え、それを見てあっ!コウライアイサが近くに居るとピーンと来ました、双眼鏡でじっくりその方向を探すとついに「発見!!」です、♀タイプを2羽従えて♂はのんびりとうたた寝を決め込んでいるのが見えました、その時出会いとはこんな呆気ないものかと思った次第です、その日は昼過ぎまで餌を獲ったり寝ていたりとのんびり過ごしていましたがその後、一気に上流方向に飛び出しましたがずっと行ってしまうのかと目で追ってみるとH橋手前で河原に着水しました、一緒にいた多くのCマン等は此処で区切りと三々五々帰られ、私も帰りがけ対岸側から様子を見に行きましたがアイサまであまりにも距離があるのでその日は撤収しました、数日前の最新情報によるとカワアイサの♂も合流したようなのでこのまま越冬してくれれば良いかと願っています。

和名:【コウライアイサ】    カモ目 カモ科         全長(翼開長) 52-62cm(70-86cm)      属名 Mergus squamatus     英語名 Scaly-sided Merganser
    
     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


kouraiaisa 1
      スッキリ青空とは云えずパンダになってしまいました、でも私には目が見えるのですが・・・・・

kouraiaisa 2
      何故か別種のカワアイサの女子と気があっていつも一緒です(^_-)

kouraiaisa 3
      カワアイサの女子達です   
    
kouraiaisa 4
       目が見えないって、ウソ~見えるでしょう よく見て下さい!
 
kouraiaisa 5
       この辺りの撮影は気を入れていないと一気に飛ばれてジタンダを踏みます(経験者は語ル)

kouraiaisa 6
        最後の最後にも距離を詰めたら飛ばれました

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



cora さん、お早う御座います
 お疲れさまです(^_^)

ここに来てやっとコウライ騒ぎ落ち着いてきたのではないでしょうか
私的にはやはり、後発で到着したカワアイサ軍団? と合流したことによって
一層繋がりが出来たことによりある程度のエリア内で観察出来るようになって
きたのではないでしょうか

そちらからビュッと走ってくればそう遠くはないかと思います
こちらにお出での節は連絡下さい。

>カワアイサは良く目にするので、去年の雌の出現時は
>まぁ似たようなものかななんて思っていました。
>でも、今季雄のコウライアイサを目にして(写真ですけれど)
>う~ん、一味も二味も違いますね~ 一目惚れしちゃいました!
>たなびく冠羽と脇腹の黒い鱗状の斑模様、一段と美しいですね。
>撮影はご苦労だったとのこと、でもご覧になった時はさぞや
>感動されたことでしょうね。
>私もチャンスがあればと思っているのですが・・・
【2011/11/28 07:32】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
カワアイサは良く目にするので、去年の雌の出現時は
まぁ似たようなものかななんて思っていました。
でも、今季雄のコウライアイサを目にして(写真ですけれど)
う~ん、一味も二味も違いますね~ 一目惚れしちゃいました!
たなびく冠羽と脇腹の黒い鱗状の斑模様、一段と美しいですね。
撮影はご苦労だったとのこと、でもご覧になった時はさぞや
感動されたことでしょうね。
私もチャンスがあればと思っているのですが・・・
【2011/11/27 22:29】 URL | coraltree #RAa2TALo[ 編集]
fieldwind さん、お早う御座います
  コメントいつも有り難う御座います

このまま、越冬してくれると良いのですが・・・・・・
何と行っても相手は空を飛べるのでその時の状況であっちへ
行ったりこっちへ行ったりと神出鬼没です

状況を把握して是非、出かけられて下さい。

>なんとか私もこの見事な冠羽を撮りに行きたいと思います。

>何度も空振りしてやっと撮ったカメラマンが多いようです。
>パピさんも苦労されたんですねー。

>この冬ずっと居てくれるのではないでしょうか?

【2011/11/21 07:42】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
なんとか私もこの見事な冠羽を撮りに行きたいと思います。

何度も空振りしてやっと撮ったカメラマンが多いようです。
パピさんも苦労されたんですねー。

この冬ずっと居てくれるのではないでしょうか?

【2011/11/20 17:11】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
よっちゃん3さん、こんにちは
 何時もコメント有難うございます
あまり自慢が出来る写真がありませんが一応、旬のものと云うことで載せました
よっちゃん3さんはカモ類はダメですか私はシギチ、カモ、猛禽類は外せないので
ついつい見に行ってしまいます(^.^)

特に今回は特に外せませんでしたよ

少しこのまま落ち着いてくれれば良いのですがまた行ってみようかと思っています
これまで珍しいからと行っている方々は少しずつフェードアウトしますから
ジックリ行きましょう。
【2011/11/19 14:07】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: こんにちは、よっちゃん3 です。

念願のコウライアイサ雄に出会われたようで、
おめでとうございました。
私は、まだ見たこともありませんので、羨ましく思います。
このまま居ついてくれると良いのですが、カメラマンの数
が多いと、またどこかへ行ってしまうかもしれませんし、
撮影に行ったものかどうか、悩ましいところです。
機会があれば、近くへ出かけた時に覗いてみようと
思います。

では、また。
【2011/11/19 12:11】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ