現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

私の中でミサゴは猛禽の中でも身近な存在で特に主食の魚を自ら川にダイブして捕獲するという珍しい習性を持ち合わせている猛禽の一種です、ここ相模川は自宅からもそう遠くない所に位置しており、例年9月中旬頃からちらほらとミサゴの話題が聞かれ初め、今年も時期を同じくして一気にムードが高まって来ました、ただ今年はミサゴ撮影のCマンの数も相当多く、広い河原も連日賑わっていました、この時期の相模川は遡上した鮎が川から海に戻る、いわゆる落ちアユの時期にあたりそれを目当てに勇敢にダイブするミサゴが撮影の対象です
ただこればかりは撮影といってもミサゴが思惑通りにアユやボラを捕獲するために川に飛び込んでくれる訳にはいかず、一日カラぶることも多々あります、また仮に出現したとしても我々の目の前に飛び込んでくれるとは限らず世の中、そうは上手く行きません(笑)
私が出かけた初日は一度だけ近くでダイブしてくれましたが撮影位置がズレていて飛び込んだ所を後方から見る位置で後ろ姿だけでタイミングを逸しました、その後何度かダイブしたようですが悔しくも我々からかなり距離をおいた下流で見事振られてしまいました、こんな事は日常茶飯事です(笑)
その数日後、再度リベンジに出かけ、その日は少し早めの河原に6:30着で今日はあの辺りにダイブしてくれたらなぁとイメージしながら機材等をセットして待ちました、およそ一時間ほど待った頃、下流側から上空にミサゴが現れ、川の瀬の辺りを見ていたかと思ったらフェイント無しで一気にダイブして時間にしてホンの僅かな時間で大きなボラをGETしました、この撮影は何度か経験していているのですが空抜けからダイブして水面に浮いてから飛び立つまでのシーン全てを確実に物にするのは無理なことは重々承知しているのですがついつい、頭で分かっていても欲張ってしまい露出やシャッターを切るPointを誤り、全体が疎かになってしまうのが私の陥るパターンです、このことが頭と身体と整理出来た時が満足の行く状態に近づくのではないでしょうか・・・・・
この日は幸いなことに午前中で5回ダイブしてくれましたが私の技量では全てが物になるとは限らないことをお察し下さい、精進あるのみです
今回UPする写真もご多分に漏れずピン甘の写真で課題が残りますが私の場合、あまり厳しくするとBlogにUPする写真が無くなるのでその分差し引いてがご覧下さいm(__)m

和名:【ミサゴ】    タカ目 タカ科         全長(翼開長) 雄54cm 雌64(155-175cm)      属名 Pandion haliaetus     亜種名 haliaetus       英語名 Osprey     
     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

osprey 1
      魚の存在を確認すべく、Point上空をゆっくりと旋回しているシーンです。

osprey 2
      上空でホバリングしながら獲物を見つけ、一気に水面に向かって行くシーンです。

osprey 3
      このシーンは溺れている訳ではなく、水面下では獲物をしっかりと掴み治して居るのでしょう      

osprey 4
      このシーンはバッチリ、大きな獲物(ボラ)をしっかり掴んで水面から飛び立ったシーンです。 

osprey 5
      これは獲物を捕らえられずカラぶったシーンです。

osprey 6
      これは大きなボラをGETした時で運良く、正面を通過していきました。

osprey 7
      大きなアユを鷲づかみにしてゆっくりと見せびらかすように千回しました。 

osprey 8
      珍しくピンが来てくれて正面から捉えた今回一番のお気に入りカットです。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/



fieldwind さん、お早う御座います
  コメントいつも有り難う御座います

いやぁ、お褒めのお言葉を頂き怖いです(^_-)

たまたまフォーカスが追いついただけですよ
いつもオタオタしちゃってゴミの山なんですが一枚でも写っていれば
OKです

やはり数行っている方には叶いません。

>おおお!!ラストは凄い迫力ですねー。
>私も群馬方面のミサゴを狙っているんですがこれでバーがえら>く高くなっちゃいました!
>といってもとてもここまでの写真は撮れそうにないです。(;´д`)
>露出が難しいんですがやはり青空抜けが一番だと思います。
>いや良い物を見せていただきました^^

【2011/11/12 10:44】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
おおお!!ラストは凄い迫力ですねー。
私も群馬方面のミサゴを狙っているんですがこれでバーがえらく高くなっちゃいました!
といってもとてもここまでの写真は撮れそうにないです。(;´д`)
露出が難しいんですがやはり青空抜けが一番だと思います。
いや良い物を見せていただきました^^
【2011/11/10 22:50】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
cora さん、お早う御座います
 コメントいつも有り難う御座います

いやぁ、cora さんに誉められて嬉しい限りです(^_^)
ミサゴの習性ってホント面白いですよね
他の猛禽と比べても結構、人の前でパフォーマンスを見せてくれるし
とても貴重です

他場所でもミサゴのPointはあるかと思いますがやはり、その土地の
餌場となる場所の特定が重要ですよね
また、季節、季節によっても変わるしね

この所、我が地のミサゴPointはチョット下火でこれからは河口側に
狩り場が移っていきます。

>何回も挑戦されただけあって、見事な成果ですね。
>目の前でこんなシーンが見られたら、感動でシャッター押す
>指が震えてしまいそう・・・

>私は水面を見つめてホバし、飛びこむ寸前で止めてしまったのと、
>魚を掴んで飛ぶミサゴ、その獲物を木で食べる所しか見たこと>がありません。
>こちらでは、ミサゴの狩りのポイントが分からないので
>こういうシーンが撮れる確率の高いポイントは貴重ですね。

>ラストは圧巻ですね、こちらに向かって迫って来るミサゴの形相、
>獲物の魚の尾がピンと跳ね上がり、力強く、生き生きと躍動的>で、見惚れます。
>ミサゴの狩りの写真を他でも見る中で、これが一番です。

【2011/11/09 07:45】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
よっちゃん3 さん、お早う御座います
 コメントいつも有り難う御座います

先輩からのお褒めのお言葉、有り難う御座います(^_^)

ミサゴの撮影、やはり自然が相手でその日のコンディションや
ミサゴの気分?、後はCマンの撮影の事前のイメージトレーニング?
も大切かと思います

やはり全てを撮ろうとすると必ず、そのしわ寄せが来ます
頭では分かっているのですがなかなか、イザ本番となると難しいですね

>私も先週(4日)行って来ました。久しぶりのミサゴ撮りです。
>昨年に比べ、カメラマンの数が倍以上に増えている
>のに驚きました。早朝、午前5時30分から待機しましたが、
>全くミサゴは来てくれません。漸くお昼過ぎに登場して
>くれたのですが、私が食事をしていたため、飛び込みシーン
>の撮影には間に合わず、悔しい思い・・・。しかし、すぐに
>別の個体が飛んで来て、またまたダイブを見せてくれまし
>た。秒10コマで連写・連写。何と、このシーンだけで150枚
>を量産。ところが・・・。足を出して飛び込み体勢に入るまで
>はピントが合っていたのですが、その後は酷いピンボケ。
>水から出てきてからはずっとピントが合っていたので、
>またまた悔しい思いをしました。リンクの撮影写真をご笑覧
>下さると幸いです。次回は、20日に友人とリベンジに行き
ます。

>今回の写真を拝見して、パピリオさんの撮影技術が向上
>していることを実感しました。やはり、ミサゴ撮影は面白い
>し楽しいですね。

【2011/11/09 07:36】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/11/08 20:53】 | #[ 編集]
何回も挑戦されただけあって、見事な成果ですね。
目の前でこんなシーンが見られたら、感動でシャッター押す指が震えてしまいそう・・・

私は水面を見つめてホバし、飛びこむ寸前で止めてしまったのと、
魚を掴んで飛ぶミサゴ、
その獲物を木で食べる所しか見たことがありません。
こちらでは、ミサゴの狩りのポイントが分からないので
こういうシーンが撮れる確率の高いポイントは貴重ですね。

ラストは圧巻ですね、こちらに向かって迫って来るミサゴの形相、
獲物の魚の尾がピンと跳ね上がり、
力強く、生き生きと躍動的で、見惚れます。
ミサゴの狩りの写真を他でも見る中で、
これが一番です。
【2011/11/08 09:21】 URL | coraltree #RAa2TALo[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

私も先週(4日)行って来ました。久しぶりのミサゴ撮りです。
昨年に比べ、カメラマンの数が倍以上に増えている
のに驚きました。早朝、午前5時30分から待機しましたが、
全くミサゴは来てくれません。漸くお昼過ぎに登場して
くれたのですが、私が食事をしていたため、飛び込みシーン
の撮影には間に合わず、悔しい思い・・・。しかし、すぐに
別の個体が飛んで来て、またまたダイブを見せてくれまし
た。秒10コマで連写・連写。何と、このシーンだけで150枚
を量産。ところが・・・。足を出して飛び込み体勢に入るまで
はピントが合っていたのですが、その後は酷いピンボケ。
水から出てきてからはずっとピントが合っていたので、
またまた悔しい思いをしました。リンクの撮影写真をご笑覧
下さると幸いです。次回は、20日に友人とリベンジに行き
ます。

今回の写真を拝見して、パピリオさんの撮影技術が向上
していることを実感しました。やはり、ミサゴ撮影は面白い
し楽しいですね。

では、また。
【2011/11/07 07:58】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ