現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

私がこの鳥を初めて見たのは暫く前の事で、その時は葦の中でかすかに見え隠れする程度だった・・・というのも
ハッキリと姿を確認するまでに至らなかったという方が正しいかも知れない

【和名:オオジュリン】   学名: Emberiza schoeniclus     スズメ目ホオジロ科     TL: 16.0cm
オオジュリン1
彼らと事前に落ち合う場所を決めて居るわけではないが水辺で葦が茂っている場所の周りをよく探すこと
と云うのがおおよそセオリーである、見れない時はどうあがいてもダメなのだ、この辺りが「野鳥」といわれる
所以でもある


オオジュリン4
そんなオオジュリンとの再会はあっけなく訪れた、彼らから何処からともなく8羽ほどの群れでやってきておもむろに
葦の茎に留まり、嘴で茎を器用に裂き始め中に潜んでいる幼虫を補食し始めた、見ていると慌ただしく上下に
移動しながら、自らも体制を傾けて捕食している、7~8mの距離をおいても茎を裂くバシバシという響きが手に
取るようである、そんな姿をスコープごしに見ているとこの小柄な鳥に逞しささえ感ずる

オオジュリン3

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50



greenshankさん、お早う御座います
この仲間はチラっと見ただけでは間違えやすいですよね
まだ、近縁にコジュリンもいますしね
確実に識別するのに何かハッキリとした部分があるのでしょうか
【2007/03/19 07:06】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
カワセミ日記さん、お早う御座います
コメントありがとう御座います
昨日はご用で”早退”ということで見えなかったのですね
何人かいらっしゃいましたが皆さん、知らない方ばかりでした
昨日は風が冷たかったですね
また、遊びに行きます
【2007/03/19 07:02】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
だいぶ色が濃くなってきたような気がします。
スッキリ全身のオオジュリン、可愛いです~
【2007/03/18 21:24】 URL | greenshank #wyPnW/yE[ 編集]
こんばんは。今朝は失礼しました。
用事で早退しました。
画像開いて直ぐホオジロだと思ってたら、やはりホウジロででした。実はこの鳥さんも今年姿を覚えたばかりです。
もう、忘れなさそうです。(^^♪
凄い力持ちなんですね、この顔から想像できません。
【2007/03/18 21:19】 URL | カワセミ日記 #-[ 編集]
闘将・N さん、こんばんは!
コメント有難う御座います
ホント、この時はアッチでバチバチ、コッチでバチバチでした
>もうすぐ雄は頭が黒くなるのかな~
そうですね、私はまだ1シーズン通して経験していないので順序としてはもうすぐ見れる夏羽に出逢うのが楽しみになりました。
【2007/03/18 20:56】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
likebirdsさん、こんばんは!
いつもコメント有難う御座います
このOh!ジュリンで憑きは使い果たしました(ご安心下さい)
ホントこの時はたまたまです、実際は他のモノを先に撮ってから次ぎに撮れればと思って
いたのですが先に来てしまいました
良い意味の「想定外」です・・・・・えへへ
【2007/03/18 20:50】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
papilioさん、今晩は。
素晴らしいオオジュリンとの出会い良いですね。葦原は要注意ですね、野鳥が潜んでいるのでゆっくり観察することにします。もうすぐ雄は頭が黒くなるのかな~
【2007/03/18 20:08】 URL | 闘将・N #lEPD.dko[ 編集]
おお!
オオジュリン!
こんなに綺麗に撮られて!
うらやまし~です。

オオジュリンは葦の茎をむいて中の虫を食べるとのことです。
まさにそのシーンですよね。

鳥さんとの出会いは、本当にいつも突然やってきますよね。
そんな、わくわくがたまりませんね。
【2007/03/18 18:30】 URL | likebirds妻 #DvI991tw[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ