現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今季、コミミズク撮影は2度目の挑戦です,一度目に訪れた日は冬晴れのピーカンで他の場所でミコアイサ等を撮影してから早めにコミミズクのpointへ移動しました、早めに食事を取り、機材準備を済ませているとこの時は思ったよりも早く飛び始め、時計を見ると14時を廻ったところでした、これは楽に撮れると喜んでいたらそうは事は上手運ばず、次第に北よりの季節風が吹き出すとコミミの飛翔はピタッと止まってしまいました、コミミは低空を滑走しながら土手沿いに生息するハタネズミ等を捕食しています、そのようなことから強風が吹き土手沿いの枯れ草が風により擦れることで微妙な動きを超音波を発しながら獲物の動きを感知することに支障が出ることで飛ばなくなるとその道の先輩から話を伺いました、また土手の傾斜地を良く観察すると3cm程の穴が到る所に空いています、それがハタネズミの巣穴の場所でそんな理由からコミミズクは土手沿いを超低空で飛ぶのが頷けます、その日は益々風が強くなり、この日は断念せざるを得ませんでした、その後再度、条件の良い日にと調整していましたが先週、リベンジで出かけてきました、この日は少しモヤってはいましたが心配していた風も殆ど無く、陽気も暖かく土手上で鳥待ちをしていても全く苦になりませんでした、現地に着き徐々に期待が高まる中、ポイントに立ち現地で会った鳥友からすでに13時前には飛び始めたとのことで曇っていたことが早めに飛び始めた要因のようです、さて肝心のコミミズクはというと土手の杭にチョコンと止まっていて得意の首を左右に180°クルクルと回し、辺りを警戒していました、その後飛び立ったコミミは延ばすと大きな翼を弧形にゆっくりと煽りながら低空を徘徊します、いざ獲物を見つけるとホバリングをはじめ、一気に地上に飛び込んで行きます。うまく獲物をGETするとすぐに飛び上がらず、狩りが失敗するとすぐに飛び出してきます、この日は何処からともなく現れたチョウゲンボウとのバトルやもう1羽のコミミとの縄張り争いなのか牽制し合う場面も見られ、時に音も立てずヒラリヒラリとゆっくりと飛びまわり、急に方向をターンしたりと大勢のCマンを楽しませてくれました、ただ残念なのは撮影位置からいずれも遠く、間近で撮影することが叶わなかったことです、でも贅沢を云ったら切りがなく大凡300m程の距離を行き来してくれ何とか撮影することが出来ました、ただ悲しいかな飛び物では此処はという所の肝心のピンが来ず、目まぐるしく変わる露出設定等に技術が追いつかないなどまだまだという場面が多々ありました、気を取り直して次回に挑戦です!!

【和名:コミミズク】      フクロウ目 フクロウ科    全長(翼開長) 38cm(99cm)        属名 Asio flammeus     亜種名 flammeus       英語名 Short-eared Owl

     【この画面をクリックすると1000×690の大きな画面で見れます】 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


渡良瀬遊水池 Field

komimizuku 1

komimizuku 3

komimizuku 4

komimizuku 5

komimizuku 6

komimizuku 7
       Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM
         2011.FAB. 渡良瀬遊水池にて

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/



よっちゃん3 さん、お早う御座います
 コメントいつも有り難う御座います

そういう時ってあるものですね

あそこは横移動で距離があるからそれこそ大変です
遅い時間になると心理的に焦りがでるし、ホント体に悪いです

当たった時はそれは満足なのですが・・・・・・

また頑張りましょう(^.^)

>お昼前に到着して、先月行ったときに出会った場所近辺で
>待つことにしました。しかし、一向に出てくれず、4時近くに
>少し遠くの芦原を左から右へ飛んで行きました。てっきり、
>戻ってきてくれるものと期待していたのですが、その後30分以上
>遠くの土手で飛び回っているのみでした。4時30分に諦めて
>チュウヒの塒入りを狙って見るため、場所を移動したのですが、
>残った友人から5時前に連絡があり、複数のコミミズクの乱舞、
>目の前の止まり木への着地などを撮影できた、とのこと。
>大変悔しい思いをして帰途に着いた次第です。後10分、その
>まま待っていたら、と思うと情けないですね。
>まあ、こういうこともあるか、と自分で自分を慰めました。

【2011/02/15 07:59】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

昨日、下のご返信でご教示いただいたコミミズクを撮影に
行ってまいりました。
お昼前に到着して、先月行ったときに出会った場所近辺で
待つことにしました。しかし、一向に出てくれず、4時近くに
少し遠くの芦原を左から右へ飛んで行きました。てっきり、
戻ってきてくれるものと期待していたのですが、その後30分以上
遠くの土手で飛び回っているのみでした。4時30分に諦めて
チュウヒの塒入りを狙って見るため、場所を移動したのですが、
残った友人から5時前に連絡があり、複数のコミミズクの乱舞、
目の前の止まり木への着地などを撮影できた、とのこと。
大変悔しい思いをして帰途に着いた次第です。後10分、その
まま待っていたら、と思うと情けないですね。
まあ、こういうこともあるか、と自分で自分を慰めました。

では、また(成果はURLの掲示板をご覧下さい)。
【2011/02/14 08:52】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
よっちゃん3さん、お早うございます
  何時もコメント有難うございます

何故かあの場所のコミミは平均、早めに飛び始めるので助かります(笑)

出来れば到着したらコミミが何処にいるのかまずはチェックすると
良いと思います、もしそれが叶わない場合には飛び出したらどんなシーンが
撮りたいのかにもよりますがそこから撮影位置を決めると良いと思います

ただ、闇雲に待っていても期待は半減するのではないでしょうか・・・・・

是非、良いのを撮っていて下さい
また、見せて下さいね(^.^)

風は吹かないことを祈っています(笑)

>コミミズク、私は元旦に行って来ました。午後3時前に現地に
>到着したのですが、初めて行ったため勝手が分からず、あまり
>人が居ないところに陣取って登場を待ちました。風が出てきて
>条件はあまり良くなかったのですが、30分くらいで突然目の
>前の草地に降りました。距離は20mくらいでしょうか?
>800㎜で撮影していたため、ちょっと大きすぎるくらいの距離
>でした。その後、近くや頭上を飛び、ハイイロチュウヒ雌との
>バトルを離れたところでやってくれたりと、30分間くらいでした
>が、面白い経験をさせてもらいました。と言うことで、鳥友を
>誘って明日、改めて出陣してみようと思います。
>最新情報をいただき、ありがとうございました。

【2011/02/12 07:47】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
coraさん、お早うございます
 いつもコメント有り難うございます

この日は地元の鳥友と一緒だったので早めにPointへ行きましょうと
云うことでタイミングはさすがバッチリでした(^.^)

たまにしか行けないので風が吹くともうガッカリですね
近かったら毎日行ってるかも・・・・・(笑)

やはりあの広いFieldでの撮影は出来れば撮りたいイメージを
持って撮らないとなかなか上手くいかないような気がします

大凡、どんな飛び方をするかのイメージは持って撮影位置をきめたら良いと思います
ただくれぐれも待ち受ける際には他のCマンのご迷惑にならないことが前提ですよ

結局、16時まで居たのですが後半はコミミの活動が何故かトーンダウンして
しまってチョッと肩すかしでした
多分、コミミ君が「お前、たまに遠くから来たので帰りが遅くなるから今日は特別に
サービスで早めに飛ぶからな」と云ったとか云わないとか・・・・・かな?(笑)

あの広いFieldで今度、一緒に撮りたいですね(^.^)

>1時頃から飛び始めたら、長時間撮影が楽しめて、いいですね。
>私が行った時は風が強く、飛ばないかもと言われて、がっかりだったのですが、
>3時半頃、登場し、よく飛んでくれ、ビギナーズラックかと感激でしたが、
>撮影時間が1時間ほど、コミミはまだいるのに暗くなってしまい、残念でした。
>広い土手を縦横無尽に飛び回るコミミズク、かっこいいですね。
>ラストの杭に飛びつく所は凄い! 
>このコミミのフィールドは、筑波山に男体山、赤城山、富士山ま>で見えて、それだけでも素晴らしい眺めの所ですね。
>もう一度行きたくなりました。

【2011/02/12 07:39】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
fieldwind さん、お早うございます
 いつもコメント有り難うございます

そうそう、今回は鳥友からコミミのそれぞれのテリトリーを伺っていたので
初回とは別の場所で撮影しました
皆さんよりレンズが小さいので少ないチャンスで確実にと思って居ました
あの杭に止まるところは右から左へ飛んでくるところを待って撮りました

欲を言えば右の羽が開いてくれたら良かったのですが贅沢は言えません(笑)

そんな訳で飛翔は先に撮れていたので飛び出しと飛びつきを狙っていました

タイミングを見てもう1回行こうと思っています。

一枚目の現場写真は随分端っこの方だなーと思ったら、コミミ
>君はしっかり真ん中の方で撮られたんですね。
>私は4回も通ってすっかりこのポイントがなじみになってしまいました(;^_^A

>最後の飛びつきの写真、こういうのが撮りたくて通ったんですが>なんかだめですねー
>やっぱ腕の問題です。
>ピントが合わなかったりぶれていたりで・・

>これは杭に置きピンなんでしょうかね?
【2011/02/12 07:22】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
Chuさん、お早うございます

先日は此方こそ久しぶりにご一緒出来て楽しかったです

それにしてもChuさんのバイタリティーには頭が下がります (^.^)
先に帰られてからはあまりパッとしませんでしたよ

また機会がありましたら宜しくお願いいたします m(__)m
【2011/02/12 07:11】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

コミミズク、私は元旦に行って来ました。午後3時前に現地に
到着したのですが、初めて行ったため勝手が分からず、あまり
人が居ないところに陣取って登場を待ちました。風が出てきて
条件はあまり良くなかったのですが、30分くらいで突然目の
前の草地に降りました。距離は20mくらいでしょうか?
800㎜で撮影していたため、ちょっと大きすぎるくらいの距離
でした。その後、近くや頭上を飛び、ハイイロチュウヒ雌との
バトルを離れたところでやってくれたりと、30分間くらいでした
が、面白い経験をさせてもらいました。と言うことで、鳥友を
誘って明日、改めて出陣してみようと思います。
最新情報をいただき、ありがとうございました。

では、また。
【2011/02/12 06:35】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]
1時頃から飛び始めたら、長時間撮影が楽しめて、いいですね。
私が行った時は風が強く、飛ばないかもと言われて、がっかりだったのですが、
3時半頃、登場し、よく飛んでくれ、ビギナーズラックかと感激でしたが、
撮影時間が1時間ほど、コミミはまだいるのに暗くなってしまい、残念でした。
広い土手を縦横無尽に飛び回るコミミズク、かっこいいですね。
ラストの杭に飛びつく所は凄い! 
このコミミのフィールドは、筑波山に男体山、赤城山、富士山まで見えて、それだけでも素晴らしい眺めの所ですね。
もう一度行きたくなりました。

【2011/02/12 00:27】 URL | coraltree #RAa2TALo[ 編集]
一枚目の現場写真は随分端っこの方だなーと思ったら、コミミ君はしっかり真ん中の方で撮られたんですね。
私は4回も通ってすっかりこのポイントがなじみになってしまいました(;^_^A

最後の飛びつきの写真、こういうのが撮りたくて通ったんですがなんかだめですねー
やっぱ腕の問題です。
ピントが合わなかったりぶれていたりで・・

これは杭に置きピンなんでしょうかね?
【2011/02/11 20:47】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
その節は大変お世話になりました。
お陰様で楽しい鳥撮りが出来ました。
お仲間の方々に呉々も宜しくお伝え下さい。
【2011/02/11 20:08】 URL | chu #vf5HS6cA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ