現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

このオグロシギは私にとって大好きなシギの一つです、思えば最初の出会いは私が鳥見を始めた年の初秋に三番瀬で出会ったのが初めての出会いで当時を思い出すと干潟周りは当然、バーダーの方々もいらっしゃいましたがオグロシギを初めとする様々なシギチが集結して「シギチだらけ」と云った感がピッタリの状況でした、ここ数年はそれも残念な事に年々飛来するシギチの絶対数が減少傾向で例年、渡りの頃に出迎えの意味で足を運びますが当時のような事は望め無い状況になりつつあります、そんな当時に出逢ったオグロシギの好印象が私の中には残っているので他場所でも出会うと特別な思いがあります、大袈裟かも知れませんがある意味、それは私の財産です。

【和名:オグロシギ】    チドリ目 シギ科   全長(翼開長) 36-44cm(70-82cm)  属名 Limosa limosa 亜種名 melanuroides   英語名 Black-tailed Godwit

    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


ogurosigi 1
     背の羽が浮き上がるのはエリマキシギでも見られます

ogurosigi 2
     関東ではこのように纏まって居るのも渡りの時期の特徴でしょうか

ogurosigi 3
     凛としています

ogurosigi 4
     このようにコントラストがとても綺麗で飛翔シーンは見応えがあります

ogurosigi 6
     一斉に降り立ってきました

ogurosigi 5
     オグロシギと言われる由縁の尾羽の黒色が特徴です

ogurosigi 7
     2010.sep.18  撮影

   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/



coraさん、ご無沙汰です
復帰早々、寄っていただき嬉しいです

まずは鳥見が出来るくらいに元気になられてホッとしています
時期的にはこれから益々、寒くなるのでくれぐれも無理しないように
少しずつ体力を戻されて下さい

何をするにしても健康が一番です!!

また、何処かでお逢いしましょう。
【2010/12/03 19:19】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
papilioさん、こんにちは。
長いご無沙汰でした。思わぬ病で今年は秋がなかった感、
夏の高原での撮影以後、fieldに戻ってみれば冬鳥さんで賑わっていました。
オグロシギは私も初めて三番瀬に行った時出会った(教えてもらったのですが)シギですから、感慨深いです。
その時は夏羽で胸の辺が赤茶色かった印象があります。
これは冬羽のオグロシギ、海とは違った静かな佇まいの中で
とてもいい雰囲気ですね。
飛翔の羽模様の綺麗なコントラスト、圧巻ですね。

私も在庫の中にあったかも…捜してみたいです。シギさんは撮ってそのままっていうのが沢山あります。
教えてくれる方がいると整理が進むのでしょうね。
【2010/12/03 12:00】 URL | coraltree #-[ 編集]
fieldwind さん、こんばんは
 いつもコメント有り難うございます

オグロシギの特徴を掴んで頂けたでしょうか
普段観察していてもこちらの希望通りにはなかなか羽を広げてくれないのが
たまにキズです(笑)

このオグロのパターンと逆なのがエリマキシギです。

>ほんに(´∀`*)
>白とこげ茶色のコントラスト見事です。
>最初の頃オグロかオオソリハシか迷った私・・・いまも進歩なしです(;^_^A

>反った羽は寝ぐせみたいで可愛らしいもんです。
【2010/12/01 22:17】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
ほんに(´∀`*)
白とこげ茶色のコントラスト見事です。
最初の頃オグロかオオソリハシか迷った私・・・いまも進歩なしです(;^_^A

反った羽は寝ぐせみたいで可愛らしいもんです。
【2010/11/30 22:36】 URL | fieldwind #oZwc76Mg[ 編集]
よっちゃん3 さん、お早う御座います
 コメントいつも有り難う御座います

仙台ですか・・・・時期的にも海産物が美味しくなる頃ですね(^.^)

それとシギチですねぇ (^.^)
以前このblogでも書いたかもしれませんが私がシギチを中心に見始めたキッカケは
何処か不純?で単に綺麗とかではなく何か識別等奥が深そうだなぁ・・・といった
感じでした、思った通り奥が深くてめげています(笑)

それと渡りの時、夏羽、冬羽がそれぞれ異なる魅力があります

識別自体はまず数を見ないことに尽きると思います
これは眼が養えませんので数多く見られる場所へ足を運ぶことに
尽きると思います

それとある程度の知識も頭に入れないといけませんね
これは私が特に苦手とすることで実際に見ると頭が真っ白になります(^.^)

またシギチの換羽の時期は我々が考えているよりもサイクルは2月近く
早いですのでそれを見越して観察に行きます

例えば大型の部類に入るオオソリハシシギ、エリマキシギ、オグロシギを例に
とってもオオソリは見た目、大きな嘴が反っているという特徴がありますが
後者の2種は遠目には慣れた人だと直ぐ分かるのですがそうでないと悩む方も
多いようです

こんな時普段から数多く見ていると不思議に眼が養われて直ぐに分かるようになります

これは例えが悪いですが楽器のドラムと同じで手と足のリズムが全く別々なので
幾ら練習しても最初は別々にリズムを刻めませんがある時、全く別々に
動くようになります(これ実感)

こんな処でしょうか・・・・・・

>めっきり寒くなって来ましたね。私は今週、仕事で仙台へ
>行って来ました。おいしい地元の地酒や海の幸を堪能し
>て帰って来ました(仕事はどうした?)。

>さてオグロシギですが、どうも私はこのシギが苦手です。
>別に嫌いという訳ではないのですが、上手く識別ができ
>ません。オオソリハシと間違ってしまうのです。今回ご紹介
>下さった飛翔シーンを拝見して、識別ポイントが明確に分かり
>ましたが、飛ばないときにはどうしたら良いのでしょうか?
>何か分かりやすい識別点はないのでしょうか?

>ご教示いただけると幸いです。

【2010/11/29 07:54】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

めっきり寒くなって来ましたね。私は今週、仕事で仙台へ
行って来ました。おいしい地元の地酒や海の幸を堪能し
て帰って来ました(仕事はどうした?)。

さてオグロシギですが、どうも私はこのシギが苦手です。
別に嫌いという訳ではないのですが、上手く識別ができ
ません。オオソリハシと間違ってしまうのです。今回ご紹介
下さった飛翔シーンを拝見して、識別ポイントが明確に分かり
ましたが、飛ばないときにはどうしたら良いのでしょうか?
何か分かりやすい識別点はないのでしょうか?

ご教示いただけると幸いです。

では、また。
【2010/11/28 08:39】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ