現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

先日、10月4日付け当Blogの案内ポスターにてご案内した通り、10/16、17の2日間、神奈川県川崎市にて「KCJ 卵生メダカ倶楽部」関東 秋のコンベンションが盛況下に開催され無事、終了しました
会場にはFieldで大変お世話になっている鳥友やそのご家族、また当Blogを日頃から我慢強く?見ていただいている方で4名の方々がお忙しい中、わざわざ足を運んでいただきあらためてご挨拶する事が出来ました、この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます・・・・・・
これからも宜しくお願いいたします m(__)m

さて今回の展示会はこの夏の酷暑に害され、会員宅で手塩に掛けて育てていた貴重なメダカのコンディションが高水温→水質悪化で著しく悪く、落としたケースが際だって目立ちました、当然エントリー数も激減でコンテストにおける展示数が2009”秋展示会時の1/3の展示数と激減で淋しい限りでした、ただブリーディング部門(若魚or稚魚)や卵の出展数がそこそこ揃ったのが救いで一般からの参加者も含めて2日間にわたり行われたオークションも盛況でした、今回準備段階で一番大変だったのは私が1つ担当している「メダカの写真展」におけるエントリー数が極端に低く、本来なら生態とは異なり余裕を持ってPrintしたものが手元に届く筈でしたが蓋を開けたら開催日の4日前までに予定数の1/3しか集まらず、その後「Jpgファイル」で纏まって届いたことで構図の見直しや一部、止む終えず修正せねばならずと言ったこともあり、Printまで深夜から早朝までバタバタでした、正直もう来年は絶対にやらないぞ~と思うのですがどうなる事やらで・・・・終わってみればまずはメデタシ、メデタシのKCJ関東・秋の展示会が終了いたしました(おしまい!)

2010 コンベンション 01
      入口より内部を見ると展示用のラックが並んでいます(今年はチョット淋しいです)

2010 コンベンション 02
      ラックの上にはコンテスト用の賞品等が整然と並んでいますが何故か私には縁がありません

2010 コンベンション 03
   今回のグランプリを獲得した四国のYさん所有「Terranatus dolichopterus 通称=スワローキリー」です

2010 コンベンション 04
     写真コンテストの優勝作品は岡山、Tさん出品の「Austrolebias elongatus DOMASA2004」でこれでもメダカです?
     このメダカは会員が2004に南米へ採集旅行に出かけ採集したもので彼の愛称 DOMASA がつけられています

2010 コンベンション 05
     写真コンテストの作品展示で一部、会員のプロの方の作品も参考作品として展示しています     

2010 コンベンション 06
     どれも甲乙付けがたい作品の出来映えです(鳥さん同様、メダカの水槽内写真も難しいのです)



鍵コメさん、こんばんは
 コメント有り難うございます

ご興味を持って頂いて正直、嬉しいです
来年は是非、お出かけ下さい。
【2010/10/24 22:00】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
自分 さん、コメント有り難うございます
多分・・・・・心当たりはあるのですがチョッと自身がありません

宜しくお願いしますm(__)m

今回の主催は関東支部の主催でしたので正直、準備等で疲れました、やっと残務処理も
済んで週末は久しぶりに鳥見に行ってきました

メダカと云っても種によっては大きさも様々で愛好家の中にも綺麗な種、渋い色合いの種
小型美種や迫力のある大型種が好みだと楽しみ方も様々です

こんな感じで普段見る事の出来ないものを公の場所で見て頂く事も必要だと感じています

また、来年の秋になりますが展示会を開催出来ればと思っておりますのでその節はまたお出で下さい。

> めだかコンベお疲れさまでした。
>今年はとうとう行けませんでしたが昨年の様子を思い出します。
>去年よりずっと出展が少なくなってしまったのですか。

>夏の暑さの影響というのは良くわかります。
>淡水の水溜りに棲むイメージのめだかですが度を越えた水質の>悪化、温度上昇には耐えられないんですね。

>優勝写真はめだかというより大型の肉食魚・・・マスみたいのかと思いましたよ!

【2010/10/24 21:55】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/10/24 20:54】 | #[ 編集]
めだかコンベお疲れさまでした。
今年はとうとう行けませんでしたが昨年の様子を思い出します。
去年よりずっと出展が少なくなってしまったのですか。

夏の暑さの影響というのは良くわかります。
淡水の水溜りに棲むイメージのめだかですが度を越えた水質の悪化、温度上昇には耐えられないんですね。

優勝写真はめだかというより大型の肉食魚・・・マスみたいのかと思いましたよ!
【2010/10/23 07:27】 URL | 自分 #oZwc76Mg[ 編集]
よっちゃん3 さん、お早う御座います
 コメントいつも有り難う御座います

先日はお出で頂き有り難う御座いました
何か慌ただしくて毎回、ゆっくりお相手が出来なくて申し訳有りませんでした

ご質問の件ですが細かく云えば一部、種名は「CITESサイテス」に記載されている物もあります
ただ我々が飼育している物は永年の累代繁殖された個体ですので全く法には触れておりません
また当の生息地のfieldが内戦等で既に消滅してしまっており、逆に我々愛好家の手元で大事に
累代飼育されていて「保護」に一役をかっている面もあります、また海外の愛好家は積極的に
長いバケーションを利用してアフリカや南米各地へ調査に出かけ、正式なルートを介して持ち
帰ったメダカはキチンと同定管理及び登録を済ませた物が生態ではなくEggで各国の愛好家や
倶楽部に配布され飼育、維持されて居ます

最近では2008アフリカ採集の種(ノソブランチウス属)が当倶楽部内でも飼育されております
私が飼育を始めた頃はネットもなく海外とは超スローのFAXが唯一の情報手段で
今のようにEggでのやり取りではなく、生態の個人輸入でしたので海外から送って貰うときは
成田の税関まで受け取りに行き、半日~1日待たされる時も結構ありました、今は宅配で届き
現地採集の様子がネットで早々と届く時代です(^.^)

注:「CITESサイテス」とは海外で呼ばれている言い方で日本での正式名称は「ワシントン条約」
と呼ばれています、この条約は、無制限な商業取引を防ぐ目的で「絶滅のおそれのある野生動植物の
種の国際取引に関する条約」です、細かくは付属書Ⅰ、ⅡⅢにてランク付けされ大切に保護されています。

最後にご質問の現地で採集されたメダカの国外への持ち出しは当然サイテスに記載されている
物はご法度でそれ以外は事前に税関を問い合わせてOKが出てから出国すれば何ら問題はありません

※卵生メダカの飼育にご興味のある方はメールを頂ければご案内致します。
【2010/10/22 10:36】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
パピリオ さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

先日は、お忙しいところお声をお掛けしてしまい、申し訳
ありませんでした。昨年は、会場まで行ったのですが、
私の時間がなくて、オークション終了まで待てなかったので、
今回はイベントが終了するまで待とうと思い、17時ギリギリ
に会場入りした次第です。実は、それまでフィールドで撮影
していたため、致し方なくこの時間になってしまったのです
が・・・。

今回、たまたま最後の方の旅行記を伺っていて気が付いた
のですが、海外のメダカを採集して日本に持ち込んでいると
いうことを言われてました。各国とも生物の取引にはうるさい
と思っていたのですが、メダカの世界は別なのでしょうね。
まあ、そう沢山のメダカを採集する訳でもなく、自宅で飼って
いるだけなら自然への影響も全くないのですから・・・。あま
り気にする必要もなさそうですね。でも、通関は大丈夫なの
かな?

では、また。
【2010/10/22 07:59】 URL | よっちゃん3 #YGz6v9qQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ