現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

先日、足を伸ばしてプチ遠征した際に目的地に行く前に立ち寄った葦原です、初夏の頃は大空をヒッヒッとセッカが飛び回り、葦原ではコジュリンやギョギョのオオヨシキリが彼方此方で囀り、とても賑やかでしたがこの時期は打って変わって囀りも聞こえずとても静かで落ち着いた雰囲気です、参考までに一枚貼っておきましたが一面、褐色の葦原の世界が広がっています、ただ葦原の中に冬の季節を代表する鳥達が生活しており、静かに葦原の中に入り、耳をすませていると何やらバリバリと不思議な音が耳に入ってきます、これはオオジュリンが葦の茎の中にいる虫の幼虫を茎を割って取り出し採餌している音です、最近ようやく分かってきたのですが♂は間違えることはなく喉部の黒班があるので分かります、同じホオジロ科のホオジロの♀とオオジュリンの♀は一見よく似ていますがもう一つのPointはオオジュリンは足が黒褐色なので区別がつきます。

【和名;オオジュリン】  スズメ目 ホオジロ科     学名: Emberiza schoeniclus   全長(翼開長) 16.0cm
オオジュリンa    葦原の中なので中々抜けたところには出てきません

オオジュリンb     ♂ 喉元の黒班が目立ちます

オオジュリンc    ♀ 全体に眉班を含めて柔らかな褐色です

覗き窓    覗き窓から見た葦原です

船着き場    葦原の北部の船着き場で対岸側には筑波山が見えます(正面の杭でミサゴがボラを・・・・・)

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4

   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/



闘将・N さん、お早う御座います
 いつもコメント有り難う御座います

>広い葦原ですね。papilioさんの説明でオオジュリンの特徴
よく分かりました。

自己流でお恥ずかしいですm(__)m
あの辺りで皆さんとオフでもして一緒に撮りたいですね
そんな時、色々教えて下さい

楽しみにしていま~す。
【2008/12/02 07:50】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
likebirds 奥様、お早う御座います
 いつもコメント有り難う御座います

>窓から見ると本当に広い広い葦原ですね。
>小さな小さな、オオジュリン。
>葦にそっくりな模様で、とても愛らしい姿ですね。
>小さなくちばしで、葦の茎を破くなんて本当にすごいですね。

そうですねぇ・・・・特に雲一つない日の朝焼けのシ~ンと静かな時などは思いに
耽ってしまいますね
でも、芦原の中に一人で居ると変な気持ちになります・・・・

>はるかに筑波山を望む清々しい景色!
そう、ここにハイチューでも来ればね、云うこと無し!(^。=)
【2008/12/02 07:45】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
coraltree さん、お早う御座います
  いつもコメント有り難う御座います

>知っているところが出ると、嬉しいです!
そうでしょう (^。^)

>あの広い中で、オオジュリンを撮るのは大変だったと思います。
>私は、ちょこっと顔を見ただけで、とてもカメラを向けることもできませんでした。
>オオジュリンの優しげな顔、私も撮って来たくなりました。

>ミサゴが杭にいたのですか、ここのミサゴはよくボラを獲るようですが、私は飛んでいる
 ミサゴにしか会ってないです。
>ボラを持ったミサゴも撮りたいです。

 オオジュリンの個体数はそこそこ居るのですが如何せん、鳥さんの縄張り内です
 私みたいな小柄な者でも向こうからすれば危険物扱いでしょう
 それに見張りが居て直ぐに通報されてしまい撮影許可がなかなか下りません ハイ!

 ミサゴは一応撮ってありますが遠くて桟橋がフワフワしてブレ過ぎです(笑)
【2008/12/02 07:37】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
neontetran さん、お早う御座います
 いつもコメント有り難う御座います

>しかし、喉元の黒い紋がはっきりと見えますね。
 そうですね、何とか撮ったカットの中から特徴が出ているものをUPしてみました

 ホオジロの仲間は皆、良く似ており、特に♀タイプや若は識別が難しいときが
 ありますね、 私なんか一目見て思いこんだらそれっきりが多いかも~(^。^)
【2008/12/02 07:28】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
papilioさん、おはようございます。
広い葦原ですね。papilioさんの説明でオオジュリンの特徴
よく分かりました。そして雄と雌の違いも、素敵な出会いでし
たね。目立たない葦原の中も、野鳥達は生活しているのです
ね。v-222
【2008/12/02 06:03】 URL | 闘将・N #lEPD.dko[ 編集]
こんばんは。
窓から見ると本当に広い広い葦原ですね。
小さな小さな、オオジュリン。
葦にそっくりな模様で、とても愛らしい姿ですね。
小さなくちばしで、葦の茎を破くなんて本当にすごいですね。

はるかに筑波山を望む清々しい景色!
良いですね~~!
【2008/12/01 21:26】 URL | likebirds(妻) #6QcO2dcI[ 編集]
こんばんは~
知っているところが出ると、嬉しいです!

そうですね、夏にはセッカのヒッヒッ…とコジュリンのピーチュピーチュで賑やかだったのに、今は深閑として、音もなくチュウヒが飛び交っていますね。
あの広い中で、オオジュリンを撮るのは大変だったと思います。
私は、ちょこっと顔を見ただけで、とてもカメラを向けることもできませんでした。
オオジュリンの優しげな顔、私も撮って来たくなりました。

ミサゴが杭にいたのですか、ここのミサゴはよくボラを獲るようですが、私は飛んでいるミサゴにしか会ってないです。
ボラを持ったミサゴも撮りたいです。
【2008/12/01 19:06】 URL | coraltree-37-11 #RAa2TALo[ 編集]
パキパキという音と共に現れるオオジュリンですね!
冬羽はみているんですが黒い頭の夏羽もみたいです。

しかし、喉元の黒い紋がはっきりと見えますね。
【2008/12/01 18:59】 URL | neontetran #oZwc76Mg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ